冠攣縮性狭心症の症状を見分ける

冠攣縮性狭心症は、一般的な狭心症(動脈硬化を原因とした狭心症)と比べて自覚症状が異なります。ここでは、症状を中心とした冠攣縮性狭心症と一般的な狭心症との違い、発作の発症状況の違い、および冠攣縮性狭心症と急性心筋梗塞との関連性についてご紹介します。

狭心症とは

以下は、「公益財団法人 日本心臓財団」が配信している狭心症に関する説明です。

日本心臓財団:疾患別解説 - 「狭心症とは」より

「狭心症」は心臓の冠動脈が何らかの原因によって狭まることで引き起こされます。

冠動脈が狭まってしまうと心筋に送られるはずの血液が不足し、酸素不足に陥った心筋により胸に痛みが生じます。

原因の多くが冠動脈の動脈硬化によって起こりますが、動脈硬化がさほど進行していない場合でも痙攣による収縮で冠動脈が狭まり、狭心症の発作を起こす場合もあります。

狭心症の種類について、それぞれの特徴と違いを把握しておくことで早期発見へとつなげることができます。

冠攣縮性狭心症
  • 例:眠りにつき、特に明け方になると胸が苦しく、押さえつけられたような感覚がある。

安静にしているときに起こる狭心症の発作は「安静時狭心症」と呼ばれています。

安静にしている際に起こりますが、痛みが起こる場所や強さなどは運動に伴う労作性狭心症の場合とあまり変わりません。

この安静時狭心症は、その多くが動脈硬化が進行する過程で現れる冠動脈の痙攣によって、血管が収縮して発症することから「攣縮性狭心症」とも言われています。

労作性狭心症
  • 例:階段を上っているときに胸が締めつけられるような痛みを感じた。
  • 例:重い荷物を持ち上げたときに胸が苦しくなった。
  • 例:坂道を歩いているときに胸が痛くなった、

こうした運動(労作)に伴う胸の痛みでは、「労作性狭心症」が疑われます。

人間の体の中では、運動をしたときに心臓から血液がたくさん送り出されています。

心筋の動きも活発になるのですが、このときに冠動脈が狭まっていると心筋に充分な血液が送り込まれなくなり、「心筋虚血」の状態を引き起こし、労作性狭心症の発作が起こります。

労作性狭心症は安静にしていると胸が楽になるのが特徴です。

運動中や運動後に胸に痛みを感じたら労作性狭心症を疑い、その場に座るなどまずは安静にして胸の痛みが治まるのを待ちましょう。

不安定狭心症

狭心症の発作は1度きりではなく、症状が悪化すると何度も頻繁に起こるようになってきます。

そうすると労作性狭心症のように運動したときばかりではなく、安静にしていても発作が起こるようになります。

これを「不安定狭心症」と呼び、「急性冠症候群」とも言われることもあります。

不安定狭心症は心筋梗塞の前触れであることが多く、発作が繰り返し起こるようであれば大きな発作が発生する前に心筋梗塞に至ってしまう危険性をはらんでいます。

微小血管狭心症

狭心症の発作は起こっていても冠動脈は狭くなっておらず、冠動脈攣縮も見られない場合は「微小血管狭心症」の疑いがあります。

「微小血管狭心症」とも呼ばれ、冠動脈には異常が見当たらず、心筋の細い血管のほうが狭くなっていて、血流を充分に確保できないことから発症すると考えられています。

細い血管であるためにX線による造影検査にも写ることはありません。

このように、一口に狭心症と言っても発作が起こる過程には大きな違いがあることがわかります。

冠攣縮性狭心症の自覚症状

冠攣縮狭心症の自覚症状としては、他の種類の狭心症と同様に激しい胸の痛みです。ただし、その痛みの度合いは他の狭心症とは異なり、より強いものなると言われています。また一般に狭心症の発作は5分程度で治まることに対し、冠攣縮狭心症の場合は数分~30分程度続く場合があります。加え、痛みとは異なり胸が締め付けられるような感覚や、胸が焼け付くような感覚を持つ人も多いとされます。胸部絞扼感、胸部圧迫感、胸部重圧感などと称される症状です。さらに、心臓における発作だけではなく、吐き気や嘔吐、冷や汗、排便などを併発する場合もあり、中には意識を消失してしまう患者も見られます。

胸部の異変と並行し、他の部位に痛みを併発する場合もあります。併発が見られる主な部位としては、左肩、首、背中、頬、みぞおち、後頭部、歯など。胸部の痛みとともに、これら他の部位の痛みも自覚した場合には、冠攣縮性狭心症が疑われます。

冠攣縮性狭心症の原因は、心臓の冠動脈が突如として痙攣を起こして収縮すること。血管収縮の影響で心臓への血流量が不足し、心臓の酸欠にともなって痛みや異変を自覚します。

しかし、なぜ冠動脈が痙攣を起こして収縮するのかについては、諸説あるものの確定した医学的結論はまだ出ていないのが現状です。

日本循環器学会による「冠攣縮性狭心症の診断と治療に関するガイドライン」によれば、冠攣縮性狭心症の自覚症状について次のように述べられています。

日本循環器学会:冠攣縮性狭心症の診断と治療に関するガイドライン-「1-1 自覚症状」より

「冠攣縮」とは、冠動脈の痙攣を意味します。

狭心症の60%に冠攣縮が関わっていると言われるものの、この痙攣は瞬間的なもののため心電図で検査してもほとんど見つからないのが難点。

場合によっては患者が急死してしまうこともある危険な病気です。

しかも欧米人と比較すると日本人の「冠攣縮性狭心症」はおよそ3倍多いのです。冠攣縮性狭心症の主な自覚症状は以下の通りです。

  • 前胸部、特に胸骨の下の中央あたりに圧迫感や絞めつけられるような感覚、詰まったような感じを覚える。それは人差し指で示すこともできないような漠然とした痛みであることが特徴。ときとして、こうした痛みや感覚が現れないこともある。
  • 安静にしている際、数分から15分程度の痛みが続く。痛みは首やアゴ、左肩などでも感じられ、左肩から上腕にかけて痺れがあったり、力が抜けたような感覚がある。ただ、こうした症状が続く時間には個人差が。
  • 冠攣縮性狭心症の発作はほかの狭心症の発作に比べて症状が長く続く傾向がある。意識を失ったり、冷や汗をかくといった症状を伴うこともある。

「冠攣縮性狭心症」には早期発見・早期治療が最も有効な手段。自覚症状もしっかりと把握しておきましょう。

他の狭心症とは何が違うのか

一般的な狭心症(動脈硬化を原因とした狭心症)と冠攣縮性狭心症は、自覚症状の違いに加えて、発作の発生状況や発症時間帯、症状のパターン、発作のメカニズムなどが異なります。それぞれの違いを見ていきましょう。

発作の発生状況が違う

一般的な狭心症と冠攣縮性狭心症とでは、発作の発症状況における違いも見られます。 一般的な狭心症は、運動したり興奮したりなど、心臓に負担がかかる状況下において発症します。発生状況に照らし、分類上、これを労作性狭心症と言います。

それに対して冠攣縮性狭心症の場合、体を休めているときや眠っているときなど、安静にしている状況下において発症します。こちらを安静時狭心症と言います。

発作の発症時間帯が違う

一般的な狭心症の場合、ほぼ決まった時間・決まった状況下で発症する発作と、不定期に発症する発作との2種類があります。前者を安定型狭心症と言い、後者を不安定狭心症と言います。不安定狭心症は、心筋梗塞の一歩手前。非常に危険な状態です。 それに対して冠攣縮性狭心症は、ほぼ一定の時間帯で、かつ安静時という一定の状況下において発症します。よって冠攣縮性狭心症は、原則として安定狭心症に分類されます。

発作のメカニズムが異なる

一般的な狭心症であれ冠攣縮性狭心症であれ、その原因は心臓の冠動脈の血流悪化です。しかし、なぜ血流が悪化するのかという点については、それぞれ原因がまったく異なります。 一般的な狭心症における血流悪化の原因は、冠動脈における動脈硬化です。生活習慣病の一種として知られる動脈硬化ですが、この動脈硬化が冠動脈内に発生することにより、円滑な血流を阻害。心臓の筋肉に十分な酸素が送られなくなり、狭心症を発症します。 それに対して冠攣縮性狭心症における血流悪化の原因は、冠動脈の収縮。冠動脈が痙攣を起こして収縮することで心臓への血流が阻害され、心筋が酸欠を起こして狭心症を発症します。

急性心筋梗塞と冠攣縮との高い関連性

突然死のリスクがある急性心筋梗塞において、その発症時の患者の状態を診てみると、実に全体の69%に冠攣縮が見られるとのデータがあります(日本人患者に関するデータ)。心筋梗塞を誘発する主な原因は動脈硬化の悪化、つまり一般的な狭心症です。理論上、冠攣縮狭心症とは無関係のようにも思われます。しかしデータ上では、急性心筋梗塞の患者の約7割が冠攣縮を併発しているということなので、そこには何らかの関連があると考えるのが妥当でしょう。冠攣縮性狭心症の自覚症状がある方は、突然の心筋梗塞に襲われることのないよう、日常的な検査と対策が必要となってきます。

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?