冠攣縮性狭心症の薬物療法

ここでは、冠攣縮性狭心症の発作に対する主な薬物療法について詳しく解説します。冠攣縮性狭心症とは、冠動脈の緊張や収縮によって血液の流れが悪くなる症状。治療においては、冠動脈を拡張させること、心臓の仕事量を低下させることなどを目指します。

冠攣縮性狭心症に対する主な薬物療法の種類

冠攣縮性狭心症の治療薬として、患者の状態に応じて、主に以下の薬物が使用されています。

硝酸薬

硝酸薬は、冠攣縮性狭心症の発作解消に即効性のある代表的な薬。舌下錠、内服薬、スプレータイプ、テープタイプ、注射剤など、様々な剤型があります。硝酸薬に属する薬には数種類ありますが、それらの中で最も有名な薬はニトログリセリンでしょう。

 

硝酸薬の主な働きは、攣縮した冠動脈の拡張。また冠動脈だけではなく末梢血管の拡張作用もあります。血管全体を緩めることによって、心臓に対する負荷を全体的に軽減する、というイメージの薬です。

 

なお、舌下錠やスプレータイプの硝酸薬は非常に即効性が高く、処置後1~2分程度で効果を確認できます。

 

カルシウム拮抗薬

カルシウム拮抗薬は、硝酸薬と並んで狭心症治療に用いられる代表的な薬。特に冠攣縮性狭心症においては、第一選択の薬とされています。細胞内へのカルシウムイオンの流入を阻止する薬剤の総称です。

カルシウム拮抗薬の効果は、冠動脈の痙攣の抑制。また硝酸薬と同じように冠動脈の拡張作用や動脈の拡張作用もあることから、心臓への負担量も大幅に軽減します。

 

ニコランジル

ニコランジルは、冠動脈のみを拡張させる働きを持つ薬。働きは硝酸薬に似ているものの、硝酸薬とは異なり末梢血管の拡張作用はほとんどないことから、分類上、硝酸類似薬と呼ばれています。硝酸薬の補助的な位置づけと考えて良いでしょう。難治性の冠攣縮性狭心症に用いられることが多い薬です。

 

β遮断薬

β遮断薬は、心臓のβ受容体を遮断して心拍数や心筋収縮を抑制する薬。心臓の仕事量を減らすことで、心臓における酸素消費量の低下を狙います。心拍数が上がったときに起こる狭心症、つまり労作性狭心症の治療薬として積極的に用いられています。

 

なお冠攣縮性狭心症の場合、β遮断薬を投与することで症状が悪化する恐れもあるので、通常は使用されません。ただし病態から見てβ遮断薬が必要と判断される場合には、カルシウム拮抗薬や硝酸薬との併用が推奨されています。

 

その他

主に補助的な位置づけにおいて、他にも様々な薬が検討されることがあります。たとえば、血中における活性酸素を除去するビタミンEやビタミンC。あるいは、特に閉経前の女性の冠攣縮性狭心症に効果的とされる女性ホルモンのエストロゲン。また、ステロイドやファスジルなどの有効性も報告されています。

薬物療法の副作用について

上記の薬物については、冠攣縮に対する効果は認められるものの、それぞれ副作用が生じることも理解しておきましょう。

 

たとえば硝酸薬。冠動脈の拡張作用はあるものの、あわせて抹消血管(動脈・静脈)まで拡張させる働きがあるため、それに伴い頭痛やめまい、動悸などを自覚することがあります。また副作用とは異なりますが、硝酸薬は長期服用すると効果が薄れてくるとも言われています。

 

他にも、カルシウム拮抗薬には徐脈、便秘、吐き気、胃の不快感などの副作用が確認されています。β遮断薬には倦怠感、めまい、徐脈、低血圧などの副作用があるとされています。

 

冠攣縮性狭心症は突然死の原因にもなる重篤な発作なので、発症した場合には速やかに薬を服用することが大前提です。ただし、それぞれの薬には様々な副作用のリスクがあることも併せて理解しておきましょう。

冠攣縮性狭心症とは?
冠攣縮性狭心症の症状を見る
冠攣縮性狭心症の危険因子を見る
冠攣縮性狭心症の予後を見る
冠攣縮性狭心症と突然死の関係を見る
冠攣縮性狭心症の治療法を見る
冠攣縮性狭心症を改善できる生活習慣を見る
冠攣縮性狭心症を改善できる食事療法を見る
冠攣縮性狭心症を改善できる運動療法を見る
冠攣縮性狭心症とストレスの関係を見る
冠攣縮性狭心症の診断方法を見る
冠攣縮性狭心症の診断方法・侵襲的検査を見る
冠攣縮性狭心症の診断方法・非侵襲的検査を見る

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?