冠攣縮性狭心症の治療法

ここでは、冠攣縮性狭心症の治療法について概略的に解説します。治療法の大きな枠組みは、薬物療法と生活習慣の改善。薬物療法についてはすべてを医師の判断に委ねることになりますが、生活習慣の改善については医師よりもむしろ患者本人の努力による治療になります。

冠攣縮性狭心症は突然死を招くこともある恐ろしい病気です。最悪の事態に至らないよう、医師任せではなく患者自身も努力して治していくようにしましょう。

薬物療法

冠攣縮性狭心症とは、心臓の冠動脈が痙攣を起こして収縮し、血流が悪化する病気。発作を抑えるためには、冠動脈の痙攣を抑えたり、血管を拡張して血流を促したり、また心臓の酸素消費量を減らしたりすることが急務です。これらの効果が期待できるものとして、冠攣縮性狭心症においては主に以下のような薬物が使われています。

・硝酸薬
冠動脈を拡張するとともに、全身の抹消血管を拡張する薬。使用後1~2分で効果の出る即効性の高い薬物です。

・カルシウム拮抗薬
冠動脈の痙攣を抑えるとともに、冠動脈および抹消の動脈を拡張する薬。冠攣縮性狭心症においては、第一に選択される薬物です。

・ニコランジル
冠動脈のみを拡張させる薬。硝酸薬とともに補助的に用いられることがあります。主に、難治性の冠攣縮狭心症患者に用いられています。

・β遮断薬
心拍数や心筋収縮を抑える薬。冠攣縮狭心症の治療にも用いられることがありますが、主として労作性狭心症に対して用いられる薬物です。

他にも補助的な位置づけとして、ビタミンE製剤やビタミンC製剤、エストロゲン、ステロイド、ファスジルなどが治療に用いられることがあります。

生活習慣の改善

薬物で発作を抑えるとともに、並行して生活習慣の改善を行ない、心臓をより健康な状態へと導いていく必要があります。病院で指導される生活習慣の改善項目は、主に以下のものがあります。

・禁煙
心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患において、喫煙は高いリスク要因の一つ。ただ冠攣縮性狭心症においては、他の種類の虚血性心疾患に比べて、喫煙は特に突出して高いリスク要因となっています。煙草を1日20本以上吸う人は、冠攣縮性狭心症の発作発症率が非常に高くなるので要注意です。受動喫煙も発作の発症リスクとなります。

血圧管理
冠攣縮性狭心症を含むすべての種類の虚血性心疾患において、高血圧は発作の発症リスクを高めると言われています。適正な血圧を維持するために即効性のある方法は、減塩。塩分の摂取量の目安を1日6gにすることが理想的です。

・体重維持
太り気味の人の多くは、高血圧や脂質異常症、場合によっては糖尿病などを併発しています。これら太り気味に起因する病気は、すべて冠攣縮性狭心症のリスク要因となりうるもの。身長に見合った適正体重を維持すべく、食事療法や運動療法を実践していく必要があります。

・耐糖能異常是正
耐糖能異常とは、血糖値が糖尿病の一歩手前を示している状態のこと。糖尿病予備軍とも言われています。糖尿病は冠攣縮性狭心症のリスク要因の一つですが、すでに耐糖能異常の段階で発作発症のリスクは高まっていると考えて良いでしょう。食事療法や運動療法で適正な血糖値を目指します。

・過労・精神ストレス回避
ストレスは冠攣縮性狭心症の代表的な発作誘因として知られます。ストレスと発作との直接的な関連性は未解明ですが、一説には、ストレスによって生じる過換気(過剰に呼吸をすること)が原因では、とも言われています。

・節酒
冠攣縮性狭心症の発作は、アルコールを飲んだ後、特に深酒をした翌朝に頻発する傾向があります。過度の飲酒による血圧症状やマグネシウム欠乏が影響しているのではないか、と言われています。禁酒する必要はありませんが、摂取を心がけるようにしましょう。

冠攣縮性狭心症の原因:血管攣縮を
根本から抑制できる成分:小林式EPA

今まで有効とされてきた血管攣縮の治療薬は、血管の拡張作用の硝酸薬やカルシウムイオンの流入を防ぐカルシウム拮抗薬などがあります。

しかし、継続的に服用すると耐性が生じてしまったり、長期間の服用を中止した場合リバウンドしたりする現象が多く報告されています。さらに、血管拡張効果の薬は正常な血管収縮も阻害し、血圧が下降するなどの副作用もあります。根本から血管の異常収縮を抑制できる方法とは言えません。

ところが近年、山口大学小林誠教授のチームは、血管の異常収縮を引き起こすメカニズムを解明し、青魚に多く含まれるEPAはピンポイントで血管の異常収縮を防ぐことを突き止めました。

さらに、特殊な方法で抽出することによって、血管攣縮の抑制に特化したEPAの開発に成功しました。市販されているEPAサプリメントは同様な効果がないため、両者を区別する意味で、血管攣縮を抑制できるEPAを「小林式EPA」と呼んでいます。

注目の成分「小林式EPA」開発の経緯やメカニズム、また、唯一「小林式EPA」が配合されている商品の説明は以下のサイトで確認してください。

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?