冠攣縮性狭心症ってどんな病気

冠攣縮性狭心症とは、心臓の冠動脈が痙攣を起こすことで発症する狭心症のこと。動脈硬化を原因とする狭心症とは原因が根本的に異なるため、同じ狭心症でも別の病気として区別されています。就寝中や早朝などのリラックスしているときに突如として発症するという特徴を持ち、突然死に至ることもある恐ろしい病気です。

冠攣縮性狭心症の概略

冠攣縮性狭心症とは、広義における狭心症の一種。冠動脈が狭くなり心臓に十分な血液が行きわたらなくなるという点においては、一般的な狭心症とメカニズムは同じです。ただ、一般に狭心症と言う場合、体を動かしているときに発症するイメージがあることに対して(労作性狭心症)、冠攣縮性狭心症は体を休めているときや就寝中など、安静時に発症するという特徴を持ちます。

 

冠攣縮とは、冠動脈の痙攣のこと。痙攣は常時起こっているものではないので、冠攣縮狭心症の発作時以外に病院で心電図検査を受けても、その患者が冠攣縮性狭心症の要素を持っているかどうかを判断することはできません。ただ、一部のデータによると広義の狭心症患者のうち約6割においては、冠攣縮が関係しているとも言われています。また、欧米人に比べて日本人の冠攣縮性狭心症の患者の比率は、実に3倍とも言われています。

 

冠攣縮が関係する狭心症は、突然死の原因になることでも知られているため、早期発見・早期対策が非常に重要です。

次のような症状を自覚したことのある方は、早急に病院で相談をしたほうが良いでしょう。

  • 夜間や早朝などに胸が痛くなったことがある
  • 体を休めているときでも、動悸や息切れがすることがある
  • 胸に圧迫感を覚え、冷や汗が出たことがある
  • 胸に違和感を覚え、失神したことがある

なお、冠攣縮性狭心症の発作の大きな危険因子は喫煙と言われています。また、アルコールの過剰摂取や睡眠不足、過労、ストレスなども代表的な危険因子です。上記のような自覚症状を持ったことがある方は、早急に生活習慣を見直す必要があるでしょう。

冠攣縮性狭心症と突然死との関係

冠攣縮性狭心症は、突然死の原因にもなることで知られています。主に夜間や早朝などの安静時に突如として発作を発症し、処置が遅れれば、最悪の場合、そのまま死にいたることもあります。直接的な死因は、冠攣縮によってもたらされる重度の不整脈です。

 

また冠攣縮は、心臓のみならず脳血管や他の臓器の血管にも様々な影響をもたらします。よって冠攣縮性狭心症の要素を持つ方については、心臓以外の健康面にも留意しなければなりません。

 

なお日本国内における狭心症患者のうち約40~60%については、大なり小なり冠攣縮が関係しているとされています。言い方を変えれば、狭心症を持病とする日本人患者のうち約40~60%は、冠攣縮性狭心症による突然死のリスクを抱えている、ということです。

 

先に触れた通り、冠攣縮性狭心症の大きな原因の一つが喫煙。突然死のリスクを上げないためにも、禁煙することはもちろんですが、受動喫煙も含めて社会的な取り組みが必要となるでしょう。

冠攣縮性狭心症と突然死の関係・対策法を詳しく見る

疫学的な観点から見た冠攣縮性狭心症

疫学的な観点から見た冠攣縮性狭心症の特徴として、発生頻度、および人種差についての調査を見てみましょう。

発症頻度から見た冠攣縮性狭心症

すでに説明した通り、すべての狭心症感謝のうち約40~60%において冠攣縮の関与があるとされています。冠攣縮狭心症の診断は非常に難しく、かつ医師間における同疾患への認識の差もあるため、施設によって調査結果が著しく異なるのが現状です。
年齢別における発症頻度のデータでは、60~70代といった高齢層よりも、むしろ40~50代といった若い世代において、他の種類の狭心症に対する冠攣縮狭心症の発症率が高くなっています。

 

人種差から見た冠攣縮性狭心症

こちらもすでに触れた通り、日本人における冠攣縮性狭心症の発症割合は、欧米人に比べると非常に高くなっています。急性心筋梗塞の発症時における冠攣縮の発症頻度については、欧米人が11~21%であることに対して、日本人は69%と極めて高い数字となっています。

冠攣縮性狭心症とは?
冠攣縮性狭心症の症状を見る
冠攣縮性狭心症の危険因子を見る
冠攣縮性狭心症の予後を見る
冠攣縮性狭心症と突然死の関係を見る
冠攣縮性狭心症の治療法を見る
冠攣縮性狭心症の薬物療法を見る
冠攣縮性狭心症を改善できる生活習慣を見る
冠攣縮性狭心症を改善できる食事療法を見る
冠攣縮性狭心症を改善できる運動療法を見る
冠攣縮性狭心症とストレスの関係を見る
冠攣縮性狭心症の診断方法を見る
冠攣縮性狭心症の診断方法・侵襲的検査を見る
冠攣縮性狭心症の診断方法・非侵襲的検査を見る

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?