手術

冠動脈バイパス手術は、血液が流れるう回路を作り、冠動脈に血液が流れるようにする手術です。心筋梗塞・狭心症になると、冠動脈に血栓ができて血管が狭くなったり、心筋が壊死してしまいます。そのままの状態では心臓への血液供給ができなくなるため、バイパスを作りう回路を通して血液が流れるようにします。

 

バイパス手術とは

1

う回路から血液を送る
心臓バイパス手術

バイパス手術は、心筋梗塞・狭心症の手術で、もっとも多く行われる手術です。狭窄または閉塞している冠動脈を避けてう回路(バイパス)を作ります。他の部位から採取してきた血管を、閉塞・狭窄した先の血管とつなげ、う回路を通して血液が流れるようにします。血液の流れる新しいルートを確保することで、閉塞・狭窄した先の心臓に血液が流れるようになるので、血液不足・酸素不足からくる狭心症や心筋梗塞の再発を予防できます。

2

執刀医の技術が左右する
難易度の高い手術

バイパスで使われる血管は「グラフト」といい、患者の体から採取した健康な血管です。主に脚や胸の動脈や静脈から採取し、閉塞した冠動脈の上部または下部につなげます。直径2㎜前後と1.5㎜前後の細い血管同士をつなげるため、非常に難易度が高く、医師の技術力に左右される手術です。人工心肺装置を使って心臓を止める方法で手術を行いますが、脳梗塞などのリスクもあり、最近では心臓を動かしたまま行う「Off-pump CABG」が増えてきました。

 

バイパス手術の方法

1

心臓を停止させて行う
オンポンプバイパス手術

手術方法には「on-pumpバイパス手術」と「off-pump CABG」があります。心臓を停止させて行う場合は、心臓に人工心肺装置の管をつなげて、狭くなっている冠動脈の先に、体から採取したグラフト(血管)をつなげます。心臓の動きを止めることで、細かい作業がやりやすくなります。血液を循環させながら行う、広く普及している方法ですが、まれに血栓が脳に移動して脳梗塞になる恐れもあります。ハイリスクですが、効果が大きい手術です。

2

心臓へのリスクが少ない
オフポンプバイパス手術

「off-pump CABG(オフポンプバイパス手術)」は、人工心肺装置を使わずに、心臓が動いたままの状態で行う方法です。体への侵襲(痛みや傷)が少なく、手術中でも心臓に血液が流れているので、脳梗塞のリスクが低下します。とはいえ心臓が動いた状態なので、細かい作業が難しくなり、難易度が高くなります。万が一、術中にトラブルが生じた場合は、すぐに「on-pumpバイパス手術」に切り替えることができるので、安全性の高い手術といえるでしょう。

 

バイパス手術の利点

Advantage01

重度の心筋梗塞でも治療ができる再発率の少ない手術

様々な心臓手術の中でも、もっとも多く行われている外科的手術は、心臓バイパス手術です。バイパス手術の大きなメリットは、自分の血管を使うので拒絶反応が少なく、根本的な治療ができます。カテーテル治療では難しい、重度の心筋梗塞や狭心症の治療が可能です。狭窄を起こした部分を避けて、新しいう回路を作るので、手術後、すぐに心臓に血液が流れるようになり、再発率も低くなり、良好な予後が得られます。

 

バイパス手術がおすすめのケース

Case01

重度の心筋梗塞はバイパス手術が有効

冠動脈バイパス手術は、投薬による薬物療法では十分な効果が得られない場合、カテーテル治療を行うには危険が伴う場合、外科手術で確実に治療できると判断した場合に適応となります。冠動脈の詰まりが2か所または3か所あり糖尿病を合併している場合、心機能症例や弁膜症合併例などがある場合が該当します。手術を行うかどうかは、医師によって判断が異なりますが、重度の場合にバイパス手術を勧めるケースが多いようです。

 

バイパス手術の経過

Course01

成功率が98%の術後の経過は極めて良好な手術

冠動脈バイパス手術の成功率は高く、人工心肺装置を使った場合の成功率は98%です。術後、すぐに心臓に血液が流れるようになり、その後の経過も良好です。動脈硬化の進んでいる人や心機能の低下や不整脈がある人は、抗血小板剤や抗凝固剤などの内服薬の服用が必要になります。術後3か月程度で落ち着いてきますので、再発予防への取り組みが必要です。薬物療法と併せて食事療法と運動療法などをきちんと行って、再発を防ぎます。

 

 

バイパス手術に関する不安・疑問

 
01

バイパス手術を受ける前にこれだけは知っておこう

バイパス手術を受けるとき、患者の判断基準は、「その病院や執刀医に安心して任せられるかどうか」ではないでしょうか。合併症や感染症などリスクが高いだけに、病院選びは慎重にならざるを得ません。手術を受ける年齢や執刀医、病院を探す基準など、手術を受ける前に知っておきたい不安や疑問をまとめています。

 
 
02

術後の生活が不安!68歳の高齢者でも手術はできるの?

心筋梗塞や狭心症は、高齢者にも多いため、手術に不安を感じている人も多いと思います。特に65歳以上になると体力的にきつくなり、術後の生活を心配する方も少なくありません。手術を受ける年齢は70歳前後でしたら、大きな問題はありません。年齢よりも、むしろ全身状態が良好であるかどうかが重要です。免疫力が低下していたり、ほかの病気を抱えていると、合併症や感染症になるリスクがありますが、健康な状態でしたら、それほど心配する必要はないでしょう。

 
 
03

経験豊富な外科医に手術をお願いできる?

病院によって対応が異なる場合がありますが、基本的には問題ありません。心臓手術はチーム体制で行われます。また難易度が高いので、経験豊富な心臓外科医が入っているはずです。研修医や経験の少ない心臓外科医がアシスタントにつき、執刀医を中心にして手術を進めます。病院側に、経験豊富な外科医をお願いしても、失礼にはあたりません。担当医等と相談して、十分に納得したうえで、手術を受けるといいでしょう。

 
 
04

病院を探すときは何を基準にすればいい?

最近では、一般の人でも、ネットや雑誌などで、病院の評判や成功率などを容易に調べられるようになりました。とはいえ、こうした情報は病院が公表しているものなので、何を基準にしているのかわからない場合があります。また優秀な病院でも、あえて公表していない場合もあります。もしホームドクターがいれば、主治医に相談するのがベストです。治療成績や病院の評判など、第三者の立場として説明してもらえると思います。

 
 

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?