心筋梗塞・狭心症を予防するためのサイト » 心筋梗塞・狭心症の治療とは

心筋梗塞狭心症治療とは

心筋梗塞と狭心症になった時の治療法

心筋梗塞や狭心症は早期治療が何よりも大切です。二つの病気はよく似ていますが、治療方法はそれぞれ異なります。心筋が壊死する心筋梗塞は手術が必要ですが、狭心症の場合は血栓の大きさや詰まっている場所によって、複数の治療法があります。どのような治療法があるのか知っておくと、家族が心筋梗塞や狭心症になった時に、冷静に対処できます。

 

1

新血管でう回路を作る
「冠動脈バイパス術」

心筋梗塞の手術でもっとも多く行われる、冠動脈バイパス術。冠動脈に血栓が詰まると、その先に血液が流れなくなり、心筋が壊死して、全身に酸素が送られなくなります。身体の別の部位から採取した血管を使ってう回路(バイパス)を作り、血液の流れを回復させる「冠動脈バイパス術」。バイパスをつなげると、すぐに血液の流れが回復。全身に血液が流れます。使用する血管は、足・腕・胸・胃などの静脈から採取します。

2

血栓を取り除いて
血流を回復させる手術

狭心症の手術には、冠動脈形成術や動脈硬化切除術があります。冠動脈形成術は、冠動脈にバルーンとステントがついているカテーテルを送り、血栓ができている部分でバルーンを広げて血管を広げ、ステントを留置して血流を回復させます。動脈硬化切除術は、動脈硬化が起きている部分をカッターで削ったり、ドリルで穴をあけて血流を回復させる手術です。いずれの手術も先端にカッターやドリルのついたカテーテルを使います。

 

1

心臓に必要な分だけ
酸素供給を回復する

狭心症の発作が起きた時は、薬物療法を行います。心筋梗塞は冠動脈が詰まって心筋が酸素不足に陥っている状態です。また必要以上に心臓が働き過ぎて、より多くの酸素を必要としている場合もあります。薬物療法の目的は、冠動脈の詰まりをなくして血流を改善したり、心臓の動きをゆっくりにして酸素消費量を抑えること。硝酸薬・カルシウム(Ca)拮抗薬・β遮断薬の3種類を、狭心症の症状に合わせて使い分け、必要な分の酸素を確保できるようにします。

2

状態に合わせて
薬を使い分ける

硝酸薬は、冠動脈を広げて血液の流れを回復させる薬です。発作時に使うニトログリセリン(硝酸薬)は有名で、即効性があります。また予防目的の硝酸薬には、硝酸イソソルビド等があります。カルシウム(Ca)拮抗薬は、冠動脈の痙攣を抑えて血液の流れをよくする薬です。β遮断薬は、心筋の収縮や心拍数を抑えて血流を促す効果があります。心臓の仕事量を抑えることにより、酸素消費量を減らすので、労作性狭心症の発作予防には効果的な薬です。

 

1

冠動脈内の血栓に
直接アプローチする

カテーテル治療は、カテーテルと呼ばれる細い管を使って行う治療です。心筋梗塞や狭心症になると、冠動脈の内部にコレステロール等が溜まって、血管が細くなってしまいます。カテーテルを通して血栓を溶かす治療が、カテーテル療法です。単独で行われる場合もありますが、一般的には経皮的冠動脈形成術や冠動脈バイパス手術と併用して行っています。これらと併用することでより高い治療効果が得られ、再発予防にもつながります。

2

即効性を発揮する
カテーテル治療

カテーテル治療は、冠動脈内血栓溶解療法(PTCR)と呼ばれる治療で、血管に局所麻酔をかけて行います。手首や上腕部等の血管にカテーテルを挿入して冠動脈まで送り、カテーテルから血栓溶解剤を注入して血栓を溶かして、血液の流れを回復させます。主に急性心筋梗塞の治療で行われ、即効性がある治療です。主に血栓を溶かす薬が使われますが、病態や合併症に応じて、ほかの疾病の治療薬を使用することがあります。

 

 

心筋梗塞・狭心症に関する不安・疑問

心筋梗塞や狭心症は、ともに冠動脈に血栓が詰まって起きる病気ですが、その違いを知っている人は、意外と少ないようです。発作が起きた時の症状が似ているため、違いがわからずに、大事に至るケースも少なくありません。いざという時に慌てないために、心筋梗塞や狭心症の不安や疑問について、お答えします。

 

男性

心筋梗塞と狭心症はどんな病気なのですか?

心臓には冠動脈といわれる血管が走っていて、この血管を通して、心筋に血液や酸素が送られています。冠動脈の血管壁にコレステロールが溜まると血管が細くなり、血液の流れが悪くなります。心筋が酸素不足になった時に起きるのが狭心症です。一方、血管壁が血栓で完全に塞がれると、血液が全く流れなくなって、心筋にも酸素が届かなくなります。心筋が壊死した時に起きるのが心筋梗塞です。

 
 

女性

動脈硬化になるとどうして血管が狭くなるのですか?

動脈硬化は老化現象の一つで、誰にでも起きうるものですが、体質や生活習慣、合併症の有無等により、早く始まる人や遅い人など様々です。動脈硬化が進むと、血液中のコレステロールが増えます。血管の内側に沈着すると、血管壁が細くなります。血液の通り道まで狭くなるので、心臓に充分な血液や酸素が届かなくなり、心筋梗塞や狭心症が起きるのです。動脈硬化を招く危険因子には、高血圧・糖尿病・脂質異常症・肥満・ストレスなどがあげられます。

 
 

男性

心筋梗塞と狭心症はどのように違うのですか?

心筋梗塞も狭心症もともに、冠動脈の内側に血栓が詰まって起きる疾患です。その違いは、血管が狭くなって心筋が酸素不足に陥っているか、血管が完全に塞がれて心筋が壊死しているか。前者が狭心症で後者が心筋梗塞です。急性心筋梗塞になると、激しい胸の痛みとともに冷や汗や吐き気が伴い、不整脈や血圧低下が現れると命に関わり危険です。激しい胸の痛みを感じたら、救急車を要請して、一刻も早く病院に行ってください。

 
 

女性

狭心症は心筋梗塞と比べるとそれほど危険性はないのですか?

きちんと治療を受けて、病状が安定している人でしたら、それほど危険はないでしょう。初めて発作を起こした人や、再発したり、発作の回数が増えてきた、痛みが強くなった、以前よりも軽い作業で発作が起きるようになった、薬が効かなくなってきた人は、注意が必要です。狭心症だからと過信していると、突然死や心筋梗塞になることもあります。少しでも胸の異常を感じたら、早めに医師の診断を受けるようにしてください。

 
 

男性

家族が心筋梗塞になったらどう対処すればいいのですか?

心筋梗塞で生還した人の半数以上は、1時間以内で治療を受けています。いかに早く治療を受けるかが生死の分かれ目といってもいいでしょう。発作と同時に不整脈が起きると2~3分以内に心臓が止まります。家族が心筋梗塞で倒れたら、まずは慌てずに呼吸の有無を調べて、救急車を要請しましょう。待っている間に、人工呼吸や心臓マッサージ、AED等を行えば、呼吸が戻ってくる可能性もあります。いざという時に慌てないために、救命措置を身につけておくといいでしょう。

 
 

女性

心筋梗塞や狭心症はどのようにすれば予防できますか?

心筋梗塞や狭心症は、動脈硬化によって起きる疾患です。動脈硬化の原因となる危険因子をなくすことで予防できます。塩分や糖分、脂肪分の取り過ぎを避けて、EPA・DHAや食物繊維等の多い食材をバランスよく取り、食べ過ぎにも注意しましょう。運動不足は太り過ぎや肥満を招きます。適度な運動や禁煙、ストレスの少ない生活を心がけましょう。生活習慣病がある人は、医師の診断を受けてください。

 
 

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?