心筋梗塞・狭心症を予防するためのサイト » 心筋梗塞・狭心症の前兆症状 » 心筋梗塞の前兆があるときに受ける特殊検査について

心筋梗塞の前兆がある場合に行われる特殊検査

通常の診察や心電図検査では正確な診断が難しい場合もあります。その際には特殊検査と呼ばれる方法を用いて、心臓や血管の状態を調べることになるでしょう。特殊検査にはいくつか種類があり、それぞれ特徴があるため、事前におさえておいてください。

 

心臓や血管の状態を調べる特殊検査

運動負荷試験

運動負荷試験は軽い運動を行いながら心電図を記録する検査です。心電図の電極をつけた状態で運動をすることで、安静時にはわからない心臓の変化を記録できます。運動負荷試験の方法には種類がありますが、簡単にできるのがマスター2階段法です。この方法では、電極をつけずに2段の階段を乗降し、運動後に心電図を記録します。運動負荷試験では意図的に発作が起こりやすい状況を作りますが、検査時には医師が付き添うため心配はいりません。

ホルター心電図

ホルター心電図検査は、長時間心電図を記録できる携帯式の心電計を使い、24時間かけて心電図を記録する方法。動悸などの症状が不定期に現れる方や、就寝中に発作が起こる方に用いることが多いです。電極をつけているため入浴はできませんが、普段通りの生活ができます。その日の行動を記録し、心電図と照らし合わせることで、どのようなときに異常が現れるかを診断することが可能です。

心エコー

心エコーは超音波を心臓部分に当てることで、心臓の形や動き、心筋の厚みなどを調べます。体の表面から機器を当てるだけの検査のため、痛みや負担はありません。また、角度を変えて検査をすることで心室や心房、弁まで確認することも可能です。超音波を利用する方法には、カラードップラー法もあります。こちらは、超音波を血流に当てることで血流の方向や速さ、乱れがわかります。

心筋シンチグラフィー

心筋シンチグラフィーはアイソトープを利用する画像検査です。心臓に集まりやすい薬剤であるタリウムを注入後、心筋にタリウムが取り込まれるのを待ち、カメラで撮影します。問題がない心筋はタリウムを取り込みますが、壊死してしまった組織や血流が減少している箇所はタリウムを取り込めません。そのため画像には色が抜けて映ります。心筋のダメージを調べることが可能であり、心筋梗塞や狭心症の診断にも効果的な方法です。

PET

PETもシンチグラフィーと同じ仕組みであり、アイソトープの取り込まれ方によって心筋の状態を把握する方法です。PETではブドウ糖に類似した薬剤を投与し、心臓の血流や心筋が必要とするエネルギーの程度を調べていきます。心筋の代謝など細かい部分まで見ることができるため、治療の指針を立てるうえでも効果的な方法です。

MDCT

心臓の周囲をエックス線を使って撮影する方法です。画像をコンピュータ処理することで、心臓や血管の状態、周囲の臓器との位置関係などを立体的に確認することができます。検査もベッド上で仰向けに寝るだけのため、患者さんに体に負担はかかりません。所要時間も3分程度と短いため、日帰りで検査を受けることが可能です。

冠動脈造形検査

冠動脈に挿入したカテーテルにより造影剤を注入し、エックス線撮影を行う方法です。エックス線で撮影された画像には、冠動脈の血流が映し出されるため、正確に血管の状態を知ることができます。そのほか、冠動脈の攣縮や何らかの異常を起こしている部位などもわかり、これらの情報をもとに治療方針を決めていくでしょう。