心筋梗塞・狭心症を予防するためのサイト » 心筋梗塞・狭心症の前兆症状 » 背中の痛みや顎の痛みは心筋梗塞の前兆?気をつけたい痛みについて

心筋梗塞の前兆として起こる痛み

心筋梗塞・狭心症の前兆というと多くの方が心臓部の痛みや動悸を想像しますが、実はそれだけに限ったものではありません。一見心臓とは関係がないように思われる背中や顎の痛みも、重要な前兆のひとつです。なぜ、心筋梗塞の前兆としてこれらの部位に痛みが生じるのでしょうか?その原因を正しく知っておくことが、命を守るために役立つかもしれません。

関連痛・放散痛

心臓以外にも痛みが生じる

内臓には痛覚がなく、知覚神経という感覚神経のみが存在しています。知覚神経は痛みの部位を特定するのがとても難しく、ぼんやりとした「鈍痛」として感じられることがほとんどです。なかでも、心臓に心筋梗塞による痛みが生じた場合、この知覚神経に混乱が生じ、心臓でなく肩(特に左肩)、背中、首、腕、顎、歯、頭など他の部位の痛みとして感じられることがあります。こういった場合、患者はまず整形外科を受診するため、発見が遅れたり、最悪の場合には見過ごされてしまったりするのです。

関連痛と放散痛の違い

心筋梗塞などの内臓疾患を原因として、体の他の部位に痛みが現れるのが「関連痛」です。そのうち、大元の原因となる部位とは離れた部位に痛みが起こる現象のことを「放散痛」と呼ぶこともあります。関連痛と放散痛の明確な区別の仕方については専門家のなかでも意見が割れていますが、いずれの場合にしても心筋梗塞や狭心症につながる危険な前兆と考えておいてよいでしょう。

放散痛の原因

神経による影響

放散痛とは、ある部位で発生した痛みが末梢神経に沿って移動し別の部位で現れたり、複数の神経が混線することによって全く別の部位で現れたりする痛みのことです。内臓は痛覚がなく、とても鈍感な部位と言われています。したがって、内臓のどこかに痛みの原因があってもその部位がはっきりは知覚できず、肩や背中など別の部位のだるさや痛み、あるいは皮膚の痛みとして感じられるのです。

また、内臓を取り巻く知覚神経が周辺の自律神経や運動神経に作用を及ぼすことも、放散痛の原因のひとつ。心臓の周辺には重要な神経が数多く通っているため、神経からの刺激が広範囲に影響を及ぼし、放散痛や関連痛を起こしやすい環境になると考えられています。

突然死につながる「血管の異常収縮」の可能性も

悪化を防ぐためにも診察を

心筋梗塞の大半は、動脈硬化血栓などによって心臓の冠動脈と呼ばれる血管が狭くなったり、閉塞したりすることで起こります。そしてもう一つ、血管が異常な収縮をおこす血管攣縮(れんしゅく)でも心筋梗塞が起こることがあります。

しかし、放散痛によって背中や顎など特定の部位に痛みを感じた場合、それが単なる肩こりや筋肉痛なのか、それとも心筋梗塞の前兆なのかを自力で見極めるのは大変困難です。

心筋梗塞による関連痛や放散痛を、単なる体の痛みだと思って整形外科に駆け込んでしまう患者も少なくありません。多くの場合は医師が異変に気づいて循環器内科を紹介してくれますが、最悪の場合は異変を見落とされ、症状を改善できずに危険な状態につながることもありえます。

特に、血管の異常な収縮は、普段健康な人にも、誰にでも起こりうる恐ろしい症状です。

もっとも大事なことは、「心筋梗塞を予防するために事前に対策をする」ことです。心筋梗塞や狭心症になる可能性が高いし、最悪の場合、突然死につながります。放散痛などの前兆を感じてからには、既に遅いかもしれません。

イラスト

血管の異常収縮を
予防する方法はあるのか

近年、山口大学小林誠教授のチームの研究により、細胞膜を構成する脂質の一種から作られる“SPC(スフィンゴシルホスホリルコリン)”という物質が、血管の異常収縮を引き起こす酵素を活性化させる働きがあることが解明されました。

血管攣縮を起こすメカニズムを阻害する物質を探していたところ、イワシなどの青魚に多く含まれているEPA(エイコサペンタエン酸)が血管攣縮を防ぐ効果があることを突き止めました。従来の治療法では、正常な血管収縮をも抑制するしか方法がなく、血圧の低下や副作用が免れませんでしたが、EPAは異常な攣縮のみ阻害することが臨床実験でわかっています。

通常、生魚に存在しているEPAは、エネルギー状態が強く流動性のある立体構造(シス体)をしており、血管攣縮に対する高い抑制効果があります。しかし、加熱することでこの立体構造が崩れると抑制効果も弱くなります。

小林教授のチームでは、EPAの立体構造をこわさないように、抽出精製する方法も生みだしました。これを「小林式EPA」と呼んでいます。

注目の成分「小林式EPA」開発の経緯やメカニズム、また、唯一「小林式EPA」が配合されている商品の説明は以下のサイトで確認してください。