心筋梗塞・狭心症を予防するためのサイト » 心筋梗塞・狭心症の前兆症状 » 左肩の違和感は心筋梗塞・狭心症の前触れ?

左肩の違和感を心筋梗塞・狭心症と結び付けて考える人は、現実的に少ないかも知れません。大半の人は、単なる肩こりや寝違えなどと考えてしまうことでしょう。実際に、肩の違和感の大半は大事にいたるような症状ではありません。しかし一方で、心筋梗塞や狭心症の前兆として左肩の違和感もあることも十分に認識しておいてください。特に、胸の違和感とあわせて左肩に違和感が生じた場合は、早急に医療機関を受診しましょう。

左肩の違和感は心筋梗塞・狭心症の前兆の可能性

心筋梗塞や狭心症は「突如として胸に激痛が走る」というイメージがあります。確かに、そのイメージも間違っていません。しかし、かならずしも胸の痛みだけが前兆ではないことも覚えておいてください。

心筋梗塞・狭心症の関連痛としての左肩の違和感

心臓に何らかの異常が生じると、その信号は心臓の神経から脊髄へと伝えられ、脳へと届けられます。これにより脳は「心臓が痛い」と感じます。

一方で、肩に何らかの不調が生じた場合、やはり同様に肩の神経から脊髄、脳へとその情報が伝えられます。

これら感覚神経は、ほぼ同じ束になって脊髄へと繋がっているのです。そのため、心臓の神経の刺激が肩の神経にも伝播し、脳は「肩に違和感がある」と誤認することがあります。脳の誤認による痛みの自覚のことを関連痛と言い、心筋梗塞や狭心症の関連痛は左肩に生じることが多いと言われています。

なお、心筋梗塞や狭心症の関連痛は、肩だけに現れるものではありません。腕の痛み、歯の痛みなどを伴うこともあるので、胸を中心にこれら様々な箇所に関連痛を伴った場合には、早急に医療機関を受診するようにしましょう。

心筋梗塞・狭心症以外で疑われる病気

肩こりを始めとした左肩の違和感は、もちろん心筋梗塞や狭心症のみを原因に生じるものではありません。左肩に違和感があるからと言って過剰に恐れる必要はありませんが、いざという時に正しい知識をつけておくことは重要です。

ここでは、心臓以外を原因とする左肩の違和感について確認しておきましょう。

一般的な肩こりによる違和感

デスクワークの多い人や運動不足の人は、筋肉の硬直や血行不良などにより、肩こりを生じやすい状態となります。

日常生活の中に軽い運動習慣を採り入れるなどし、血行改善から肩こりを解消していきましょう。

眼精疲労を原因とする左肩の違和感

細かい文字を確認し続ける作業などが続くと、眼精疲労が蓄積することがあります。眼精疲労は、目の周りの筋肉を硬直させると同時に、肩や首の筋肉にも影響を与えることがあるため、人によっては違和感を生じることもあるでしょう。

目薬をさすなどして対処するとともに、1~2分ほど目を閉じてみるなど、適宜、目を休めるよう心がけてください。

胃の不調を原因とする左肩の違和感

過食や、過度のアルコール摂取、ストレスなどにより胃に疲労が蓄積すると、血液やリンパ液の循環が悪化し、肩に違和感を生じることがあります。

食習慣を見直し、かつストレス解消して胃を休めれば、肩の違和感は徐々に解消していくでしょう。

低血圧・高血圧を原因とする左肩の違和感

低血圧の人に見られる典型的な症状の一つに、肩こりがあります。血圧が低いために、肩に血行不良が生じることが原因です。

一方で、昨今は高血圧の人にも肩こりが見られる傾向があることも確認されています。高血圧の人は動脈硬化を生じやすい傾向がありますが、体のいずれかの箇所で動脈硬化が生じ、その結果で血行不良となり肩こりを発症するのではないかと考えられています。

左肩の違和感を伴う心筋梗塞・狭心症の改善法と予防法

胸の痛みに加えて左肩の違和感を伴った場合、心筋梗塞や狭心症を発症している可能性があります。あるいは、突然の発作が起こる前兆の可能性もあります。医療機関を受診して症状を正確に診断してもらい、心筋梗塞や狭心症の疑いが指摘された場合には、以下のような方法で症状の改善を図るとともに、発作を予防するようにしましょう。

血糖値が上昇しないよう注意する

心筋梗塞や狭心症の発作を予防するためには、血糖値の上昇に気を付ける必要があります。

血糖値を上昇させる要因は、糖質。ご飯やパン、麺類などには糖質が多く含まれているため、主食の食べ過ぎには注意してください。スイーツなど糖分の多い食べ物も控えるようにしましょう。

脂質異常症を改善させる

血中のコレステロール値や中性脂肪値が高い状態のことを、脂質異常症と言います。

脂質異常症は動脈硬化を招く主要な要因。動脈硬化は、心筋梗塞や狭心症と深く関与している症状です。コレステロールや中性脂肪の多い食材は、なるべく控えるようにしてください。

肥満を解消する

血糖値が高い人、また脂質異常症を指摘されている人は、往々にして肥満傾向にあります。その場合、肥満の解消を意識することで血糖値の上昇や脂質異常症の問題も同時に解決を目指すことができるため、一石二鳥です。

食生活の見直しに加え、1日30分以上の有酸素運動(ウォーキングや軽いジョギングなど)を心がけるようにしましょう。

血圧管理を行う

高血圧は、心筋梗塞や狭心症を招く危険因子です。毎日血圧を測定し、数値の推移を確認してください。血圧が高めの人は循環器科などを受診し、必要に応じて治療を受ける必要があります。

ストレスフリーな日常を心がける

ストレスが心筋梗塞・狭心症の引き金になることは従来からよく知られています。ストレスを解消することも大事ですが、心筋梗塞や狭心症の予防のためには、ストレスを受けないことが何より大事。意識を切り替え、肩の力を抜いて生活いくことを考えてみましょう。

血管攣縮による心筋梗塞・狭心症に注意

左肩の違和感が、すなわち心筋梗塞・狭心症の前兆というわけではありません。ただし、今までなかった違和感が突如として生じたならば、念のため、医療機関で正確な診断を受ける必要があるでしょう。

医療機関で診断を受けた結果、心筋梗塞や狭心症が疑われる場合、患者側として確認しておくべきは、その直接的な原因です。動脈硬化を原因としているのか、血栓を原因としているのか、それとも血管攣縮を原因としているのか、という点について、医師からきちんと説明を受けましょう。

動脈硬化や血栓を指摘された場合

動脈硬化や血栓による心筋梗塞・狭心症が指摘された場合、その背景には、て生活習慣の乱れが考えられます。暴飲暴食、運動不足、ストレス、喫煙などが原因で動脈硬化や血栓を招くことが多いため、発作の予防のためには、こういった生活習慣を改める必要があります。命に関わる問題だということを認識して、医師からの生活指導を忠実に守りましょう。

血管攣縮を指摘された場合

血管攣縮とは、血管が痙攣を起こして収縮する症状のこと。多くの場合、動脈硬化と併発していることが確認されているため、こちらも生活習慣の見直しが必要です。

しかし、血管攣縮の直接的な原因は体内で分泌されているSPCという物質だということが判明しています。発作を予防するためには、SPCの活性を抑える有効成分の摂取を並行すると効果的です。