心筋梗塞・狭心症を予防するためのサイト » 心筋梗塞・狭心症の前兆症状 » 心当たりのない疲労感は心筋梗塞・狭心症の前兆?

前日に激しい運動をしたり、お酒を飲み過ぎたりした時などに疲労感を覚えるのは、特に珍しいことではありません。しかし、特に心当たりがないにも関わらず、著しい疲労感・倦怠感を自覚した場合、心筋梗塞や狭心症の前兆である可能性があります。違和感のある疲労を覚えたならば、速やかに医療機関を受診することをお勧めします。

心筋梗塞・狭心症の前兆としての疲労感

心筋梗塞や狭心症の前兆症状は、必ずしも胸の違和感のみではありません。放散痛と言い、背中や肩、みぞおち、奥歯などの痛みが心筋梗塞・狭心症の前兆となることもあります。そして、痛み以外にも、普段とは異なるような疲労感・倦怠感が心筋梗塞の前兆となることもあります。

心筋梗塞の前兆として疲労感・倦怠感が生じる理由

心筋梗塞の発作を起こす前段階では、心臓の表面を走る冠動脈という血管が、動脈硬化などの理由で狭くなっています。冠動脈は非常に太い血管なので、狭くなってしまうと全身の血流に影響が生じかねません。

狭くなった冠動脈の影響で全身の血行が悪化となると、体中の細胞が酸欠不足を起こします。この影響により肝臓などの臓器の働きが不十分になると、全身的な疲労感・倦怠感を覚えることがあります。

通常の疲労感と心筋梗塞の前兆の違い

通常の疲労感の場合、それを自覚している本人は、疲労の原因に何らかの心当たりがあるはずです。スポーツや肉体労働などで普段よりも激しく肉体に負荷を与えたことや、前日に遅くまで起きていた場合などです。

一方、心筋梗塞の前兆としての疲労感には心当たりがありません。普段通りの生活をしているにも関わらず、普段よりも著しく疲れやすく感じます。息切れを併うことも少なくありません。

心当たりのない著しい疲労感を覚えた場合、心筋梗塞・狭心症の前兆の可能性があります。無理をせず、専門の病院を受診することが大切です。

疲労感を伴う心筋梗塞以外のケース

心当たりのない疲労感・倦怠感を自覚したとしても、それが必ずしも心筋梗塞・狭心症の前兆とは限りません。以下、心筋梗塞以外の原因で疲労感を覚えるケースについて確認しておきましょう。

貧血
貧血にともなって全身の血液循環量が減少すると、体内の各所で必要とされる酸素が不足し、疲労感・倦怠感を生じます。
風邪
風邪ウィルスが体内に侵入すると、体内で免疫細胞が活性化。この免疫反応によって様々な症状を自覚しますが、それら症状の一つに疲労感・倦怠感があります。
急性肝炎
ウィルス、アルコール、薬剤等によって急激に肝臓が炎症を起こした場合(急性肝炎)、疲労感・倦怠感を覚えます。急性肝炎の主な原因はウィルスです。
睡眠時無呼吸症候群
睡眠中、一時的な呼吸停止が複数回生じる場合、これを睡眠時無呼吸症候群と言います。睡眠中に脳や体が酸欠状態となるため、翌日、著しい疲労感や眠気を覚えます。
慢性疲労症候群
疲労感や倦怠感、筋肉痛、睡眠障害などが長期的に続く症状を、慢性疲労症候群と言います。遺伝性で生じる可能性も示唆されていますが、はっきりした原因は分かっていません。
うつ病
うつ病の典型的な症状の一つが、疲労感・倦怠感です。何をやるにも疲れたり、体が重く感じてしまったりします。
更年期障害
閉経前後の約10年、女性は更年期障害を起こします。数百種類もの症状が指摘されていますが、それら症状の代表的なものに、疲労感・倦怠感が含まれます。
糖尿病
糖尿病が進行すると、疲労感や倦怠感、喉の渇きなど、様々な身体的異常が現れます。
ビタミンB1欠乏症
偏食、糖分の摂り過ぎ、過度の運動、アルコールの過剰摂取等によってビタミンB1欠乏症となった場合、疲労感や倦怠感が生じます。脚気(かっけ)予備軍とも言われています。

心筋梗塞・狭心症の発作を予防する方法

心当たりのない著しい疲労感や倦怠感を自覚した場合、速やかに医療機関を受診してください。受診の結果、心筋梗塞や狭心症の前兆であることが判明した場合には、医師の指導にしたがって適切な行動をとりましょう。

心筋梗塞や狭心症の主要な原因のひとつは、動脈硬化です。動脈硬化の悪化を食い止め、かつ改善させていくことが、発作を予防するための前提となります。担当医からも指導される、主な予防法を確認してみましょう。

禁煙する

動脈硬化の進んでいる人が喫煙をした場合、その喫煙自体が直接的な引き金となって心筋梗塞・狭心症の発作を招くことがあります。特に、ニコチンと一酸化炭素は、発作を招く危険因子。

検査によって動脈硬化が確認された場合には、絶対に禁煙してください。受動喫煙が発作の原因となることもあるため、喫煙している人にも近付かないようにしましょう。家族に喫煙者がいる場合には、医師などの力を借りて禁煙するよう説得してください。

食生活を見直す

まずは暴飲暴食をやめることが重要。心臓病以外の病気を予防するためにも、食事を腹八分目で抑えるようにしてください。食事の前半には主食・主菜ではなく野菜を食べることで、食事の全体量が減ることがあります。他にも、いかなる方法でも構わないので食べ過ぎを抑制してください。

加えて、高タンパク、低塩分の食事を意識し、かつ食物繊維を多く摂りましょう。食の欧米化と日本人の心筋梗塞の発症率が比例していることも覚えておいてください。

有酸素運動を習慣化する

軽い運動(有酸素運動)を習慣化することが、心筋梗塞や狭心症の予防につながります。ウォーキングや軽いジョギングなどを定期的に行ってください。

毎日行なうことが難しい場合は週3~4回でも構いません。そのかわり、1回あたりの運動時間は最低でも30分以上を確保すると有効です。

なお、腕立て伏せや短距離走、重量挙げなど、激しく筋肉を使う運動(無酸素運動)は、逆に発作を誘発する原因になることがあるので、避けてください。

ストレスフリーの生活をする

精神的ストレスと身体的ストレスは、どちらも血中コレステロール値の上昇につながり、心筋梗塞・狭心症の発作を誘発することがあります。「ストレスを解消すること」ではなく、「ストレスをなくすこと」を心がけた生活を送るようにしてください。

焦らないこと、怒らないこと、無理をしないこと。発作を予防するためには、根本的にライフスタイルを見直してみたほうが良いかも知れません。

上記の方法では防げない血管攣縮による心筋梗塞・狭心症

心筋梗塞と狭心症の主な原因は動脈硬化だと言われています。その原因の大半が生活習慣にある以上、生活習慣を改善させることで心筋梗塞・狭心症の発作リスクを大きく低下させることができるはずです。

その一方で、動脈硬化とは直接的な関係がない心筋梗塞・狭心症があります。その原因は、心臓の血管攣縮です。

心臓の血管攣縮とは

心臓の表面には、冠動脈と呼ばれる太い血管が走っています。この血管が何らかの原因によって痙攣を起こし、収縮してしまうことを血管攣縮と言います。血管攣縮によって血液の通り道が狭くなった状態が狭心症、血流が遮断された状態が心筋梗塞です。

血管攣縮による心筋梗塞患者の多くは動脈硬化も併発しているため、予防のために生活習慣の改善は必須。ただし、発作の直接的な引き金は、動脈硬化ではなく血管攣縮であることから、予防のためには生活習慣の改善に加え、血管攣縮を引き起こしている原因への対策が必要となります。

血管攣縮についての詳細は、以下のページをご確認ください。