心臓の前兆となる危険なめまい

心臓病をお持ちの方に限らず、めまいの経験ぐらいはほとんどの人が思い当たることでしょう。一口にめまいとは言っても、その症状や原因は様々です。中には、原因不明のめまいも決して少なくはありません。原因を絡めての説明となると、医療機関によってめまいの説明が異なることは多々あるくらいです。ここでは、心臓病に関連するめまいに軸を据えたうえで、その症状や原因に関して解説していきます。

2種類に大別される「めまい」の症状

めまいの症状は、大きく2つのタイプに分類されます。1つ目が「回転性めまい」、2つ目が「非回転性めまい」です[注1]。

回転性めまい

自分自身がグルグルと回っているかのような感覚を覚えるめまい。大半は水平方向の回転を自覚しますが、中には垂直方向に下がっていく感覚を得る症例も見られます。水平、垂直、いずれの場合でも回転性めまいに分類します。めまいと同時に、吐き気や嘔吐が見られる場合も少なくありません。症状は一過性。一定時間を安静にしていれば、状態は完全に回復します。

非回転性めまい

回転とは異なり、フラフラする感じ、または、グラグラする感じを自覚するのが非回転性めまい。立ちくらみなども、非回転性めまいに属する症状です。回転性めまいと同様、吐き気や嘔吐を伴う場合もあります。症状は一過性のものと、持続性のものの2種類があり。持続性のものについては、症状が数ヶ月、数年と続く場合もあります。

どのタイプのめまいでも狭心症・心筋梗塞と関連している恐れがある

回転性めまい、非回転性めまい、それぞれの原因には多くのものが考えられます。どちらのタイプのめまいであれ、狭心症や心筋梗塞などの心臓病と関連している可能性があるので、心臓に不安のある方は十分に注意しなければなりません。

回転性めまいと心臓病との関連

回転性めまいの原因の大半は、耳の三半規管に原因があります。三半規管に存在するリンパ液に異常が生じたとき、回転性めまいを生じることはよく知られているところ(耳性めまい)です。よって回転性めまいは致命的な原因を持つ症状ではないことから、大半の耳鼻科では、これを大きな問題として考えません。しかし、そのような医療機関の姿勢に対し、国立循環器病研究センターは問題を指摘しています。

同センターでは、耳性めまいを生じた患者を対象に、その背景にある持病や生活習慣などを調査。その結果、耳性めまいの患者のうち、実に39%もの人が心臓病を有していたことが分かりました。他にも、66%の人に高血圧症、27%の人に糖尿病、50%の人に脂質異常症、46%の人に飲酒習慣、36%の人に喫煙習慣が見られています。いずれも狭心症・心筋梗塞の誘因として知られる病気・生活習慣です。

非回転性めまいと心臓病との関連

非回転性めまいの原因の大半は、脳の虚血。脳に運ばれる血液が不足した際、一時的または慢性的にフラフラとした感じを自覚する症状が、非回転性めまいです。

ところで、狭心症や心筋梗塞を起こした血管の部位によっては、脈拍が異常に遅くなることがあります。あるいは、冠攣縮(冠動脈が痙攣して収縮する症状)による狭心症や心筋梗塞の場合、血液の通り道が狭くなって全身の血流が悪化することもあるでしょう。

いずれの理由においても脳では血液不足が生じ、結果として非回転性めまいを誘発することが考えられます。

めまいの原因となる心臓病以外の疾病

もちろん、めまいの全てが狭心症や心筋梗塞と関連しているわけではありません。他にも考えられる病気は、多々あります。めまいの原因となる代表的な疾病を見てみましょう。

耳の疾患

先に説明した通り、回転性めまいの大半の原因は、耳の三半規管にあります。ただし、耳性めまいを生じた人の多くが、すでに心臓病を有しているか、もしくは心臓病の予備軍であることも認識しておきましょう。なお、激しい回転性めまいを生じるメニエール病や前庭神経炎も、耳の病気の一種として分類されています。

脳の疾患

脳梗塞や脳出血など、脳の血流に影響を与える何らかの病気が生じた時、合併症状としてめまいを生じることがあります。

低血圧・高血圧

低血圧のため脳への血液の供給が不足した場合、一時的または慢性的に非回転性めまいを生じることがあります。また、高血圧の患者が降圧剤を服用した際、血圧が下がり過ぎて同様の症状を自覚することがあります。

貧血

血液中のヘモグロビン濃度が低下する症状、いわゆる貧血においても、非回転性めまいを生じることがあります。

女性ホルモンのバランスの乱れ

女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)のバランスが乱れた時(主にエストロゲンの分泌量が減少傾向にある時)、回転性めまいや非回転性めまいを起こすことがあります。めまいは、月経前症候群や更年期障害の症状の一つとして有名。

うつ状態

うつ症状が、精神面ではなく身体面に発症した場合(仮面うつ)、不眠・頭重感とともに、めまいが頻繁に見られます。

目の疾患

白内障など、目の手術を受けた後に回転性めまいを生じる例が、まれに見られます。

 

心筋梗塞や狭心症の予防方法

狭心症や心筋梗塞の原因を大別すると、動脈硬化、血栓、血管攣縮の3種類があります。逆から考えれば、動脈硬化、血栓、血管攣縮を予防することこそ、狭心症や心筋梗塞の予防にもつながる、ということです。

動脈硬化・血栓の予防法

動脈硬化も血栓も、その原因の大半は生活習慣にあります。暴飲暴食をしない、適度な運動をする、血圧の管理を怠らない、標準体重を維持するよう心がける、血糖値を上げない、禁煙するなど、生活習慣を見直すことにより、動脈硬化と血栓を原因とする狭心症・心筋梗塞を予防することができるでしょう。

血管攣縮の予防法

長く原因が不明だった血管攣縮ですが、山口大学医学部の小林誠教授らの研究チームが、SPCという物質が血管攣縮の誘因であることを発見。この物質の活性を抑える「小林式EPA」という成分の抽出に成功しました。 現状、血管攣縮を予防に対しては「小林式EPA」摂取が有効と考えられます。

恐ろしいのは血管攣縮による狭心症・心筋梗塞

突然死の恐れもある狭心症や心筋梗塞。その原因は、動脈硬化・血栓・血管攣縮の3種類です。これらのうち、動脈硬化と血栓については、その人の意識次第(生活習慣の改善次第)で予防できることを説明しました。

しかし血管攣縮については、生活習慣との関連も指摘されてはいるものの、本人の意識改革だけで予防することは極めて難しい、と理解しておかなければなりません。

ただし前述の通り、山口大学の研究チームにより血管攣縮が生じるメカニズムが解明されています。その予防に効果的な成分、およびその成分の抽出技術も確立されました。血管攣縮の恐ろしさ、そして、その予防法についてより深く理解するために、以下のページもご参照ください。

【ご注意!】血管の異常な収縮