止まらない冷や汗!心臓病が原因なのか?

実は、汗のかき方や量は人間の体が発しているサインであり、健康状態や体調の変化を読み取るバロメーターともいわれています。そしてまた、暑いわけでもないのに吹き出す冷や汗は、心臓病を始めとして、様々な病気の兆候を示す重要なヒントです。

冷や汗は心臓病の危険信号なのか?

心臓病と聞くと、いかにも重い病気を想像する人もいますが、心筋梗塞や狭心症といった虚血性心疾患は生活習慣病の1つともいわれ、自覚症状のない人も含めれば、非常に多くの患者がいるとされています。

心臓病が進行して心臓の細胞が破壊されたり、ポンプ機能が低下したりすると、全身へと送り届けられる血液量が減少し、それに伴って様々な症状が現れます。

心臓病の3大症状としては、「動悸・胸痛・息苦しさ(呼吸困難)」が挙げられますが、これらの他にも心筋梗塞やポンプ機能の低下に由来する症状も少なくありません。

特に、高齢者で心臓病が悪化して心不全が引き起こされると、以下のような症状が現れます。(※1)

  • 冷や汗
  • 疲労感
  • 低血圧
  • 手足のチアノーゼ(酸欠)
  • めまいや意識障害
  • 意識障害
  • 食欲不振、嘔吐感
  • 便秘

また、高齢者に限らず心筋梗塞が発症した患者では、胸部への激しい痛みに加えて、冷や汗や不安感を併発することも多く、その為、突然の動悸や胸痛、息苦しさ、冷や汗などの症状が同時に現れた場合は、直ちに医療機関で検査や治療を行うことが賢明です。

冷や汗が心臓病によって引き起こされる理由

心臓の中は左右の心房、左右の心室と4つの空間に分けられており、簡単にいえば心臓の右側は「肺へ血液を送り出す働き」を持ち、心臓の左側は「全身へ血液を送り出す働き」を持っています。

例えば心不全が起こると、心臓から全身へと供給される血液量が減り、体中の各器官や脳に必要な栄養や酸素が不足してしまいます。その結果として現れるものが、動悸や疲れやすさ、めまい、他にも手足の色が青白くなるチアノーゼといった症状です。また、酸欠状態になった脳は生命の危機を感じて、全身に非常事態宣言ともいえるサインを発しますが、その1つとして冷や汗を挙げることができるでしょう。

心不全による心臓機能の低下は、心臓と太い血管で連結されている肺への血液供給にも支障を来します。

心臓のポンプ機能が弱まれば、血液の流れが弱まったり、血液の流れが止まったりしてしまい、肺に血液がたまって、うっ血状態が引き起こされる恐れも高まります。肺の状態が悪くなれば、当然ながら呼吸もしづらくなるので、息苦しさや胸の痛みを感じたり、さらなる酸欠状態に陥ったりという悪循環も生じるでしょう。

冷や汗から考えられる他の病気

冷や汗は心臓病の他にも、様々な病気の兆候として見逃せない症状です。

例えば、血糖値がおよそ「70mg/dl」を下回って低血糖状態になると、まず交感神経に関わる症状が現れます。寒気や冷や汗、動悸や不安感はその一例です。

なお、さらに悪化すれば頭痛や目のかすみ、集中力の低下、やがて意識障害やけいれんといった命の危険に関わる症状にも発展するので、低血糖が疑われた場合は早急にジュースやアメなどで「糖分(ブドウ糖)」を補給しなければなりません。(※2)

貧血の場合も、冷や汗がしばしば見られます。

貧血とは血液中の赤血球量が低下して、酸素の運搬量が減ることにより、全身が酸欠状態に陥ってしまう症状です。心臓は血液が薄まった分、ポンプとして血液を送る鼓動の回数を増やすことで酸素不足を解消しようとするので、貧血時は冷や汗やめまいだけでなく、動悸がすることも珍しくありません。

脳梗塞が発症した際にも、冷や汗が症状の1つとして現れることがあります。特に上手く言葉を発せられない言語障害や、食べ物を飲み込めない嚥下障害、真っ直ぐ立てない平衡障害、ものをつかめない運動障害、舌や指先の感覚がないといった感覚障害などに加えて冷や汗や耳鳴りが現れた場合は、直ちに救急車を呼ぶことが賢明です。

薬物や食事、虫の毒によるショック症状(アナフィラキシー・ショック)でも冷や汗は重要な判断ポイントです。なお、「ショックの5徴候(5P)」と呼ばれるものの症状としては、「冷や汗」に加えて、「顔面蒼白」「虚脱」「脈拍を感じられない」「呼吸不全」が挙げられます。(※3)

冷や汗は神経の不調によって引き起こされるので、うつ病やパニック障害などの精神疾患でもしばしば現れる典型症状の1つです。また、これに絡んで深刻な病気に心気症も挙げられます。

心気症とは、医学的には特別な異常が見られないにも関わらず、ふとした体調の変化や不調に対して、自分はきっと重篤な病気にかかっているんだと不安感を強めてしまい、結果として本当に体の調子を崩してしまう病気です。(※4)

もちろん、普段から自分の健康や体の状態を気にかけて、何らかの異常を察知したら速やかに医療機関を訪れることは間違いでありません。しかし、実際に医師の診断を受けたり、検査をしたりする前から、病名や症状について勝手に決めつけてしまうことは危険です。

確かに、冷や汗は様々な病気の徴候として挙げられる症状の1つですが、慢性的な肩こりによって自律神経が乱され、顔や手足に汗をかくということもあります(自律神経失調症)。

大切なことは、自分の体に現れている諸症状について冷静に把握し、医師の問診の際に診断を助ける情報として、正しく伝えるということです。

心筋梗塞や狭心症の予防法は?

肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病などが一般的に生活習慣病として知られていますが、厚生労働省の定義によると、生活習慣病とは「不適切な食生活、運動不足、喫煙などで起こる病気」の総称であり、実は脳卒中や心臓病、大腸がんなども全て、先天的な疾患を除いて「生活習慣病」に含まれています。

つまり、心臓病の最大の予防法とは、食事の内容、運動頻度、禁煙といった生活習慣の改善といえるでしょう。(※5)

心筋梗塞や狭心症の原因は?

動脈硬化

血管(冠動脈)の内壁にコレステロールが付着し、血管が硬く、また内部が狭くなっていく動脈硬化は、血流が悪化する原因であり、心臓病など多種多様な病気の原因でもあります。

血栓

血流が悪化すれば、血管内に血の塊(血栓)が生まれやすくなり、場合によってはそれが血流に載って体の各器官へ運ばれるかも知れません。そして、もしも動脈硬化によって細くなった心臓の血管に血栓がつまれば、血液の流れが遮断され、心筋に深刻な栄養不足や酸欠、さらには壊死を引き起こします(心筋梗塞)。

血管攣縮

動脈硬化や血栓は、心臓病など生活習慣病の原因として一般にも広く知られたものでしょうが、実はそれら以外にも狭心症や心筋梗塞の病因として注意しなければならないものがあります。それが「血管攣縮」と呼ばれる、血管のけいれんです。

血管攣縮が起こった血管は縮んで狭くなる為、冠動脈で起これば血流障害が誘発され、狭心症の発作などにつながります。

血管攣縮は突発的に起こる為、検査による事前の発見も困難な恐ろしい病気であり、注意しなければなりません。

(※6)