心筋梗塞・狭心症を予防するためのサイト » 心筋梗塞・狭心症の前兆症状 » たまに心臓がドキドキするのは病気のサイン?

たまに心臓がドキドキする!
狭心症や心筋梗塞の前兆?

普段の暮らしの中、激しい運動をしているわけでもないのに、たまに心臓がドキドキすると訴える人がいます。このように、急に胸の動悸を感じられる場合、それは狭心症や心筋梗塞など深刻な病気の前兆なのでしょうか。

たまに心臓がドキドキするとしても
病気とは限らない?

心臓がドキドキして、鼓動をはっきりと感じられる動悸は、運動中や緊張した時、体調が悪い時など、誰もが一度は経験したことがあるでしょう。しかし、中には普通に生活しているだけなのに、どういうわけかたまに心臓がドキドキすると、不意の動悸を訴える人がいます。ここで気にすべきポイントは、その動悸が「どのような動悸であるか」ということです。例えば、一口に動悸といっても、その感じ方には以下のようなパターンが存在します。

心臓の動きがドカンドカンと激しく感じられるタイプ

心臓の動きが「ドカンドカン」と大きく感じられるタイプの動悸は、肉体的な異常というよりも、緊張やストレスが原因で精神的に過敏になっており、正常な鼓動をことさら大きく感じてしまっているだけの場合が少なくないともされています。

もちろん、「ドカンドカン」タイプの動悸が常に精神的なものとは限りませんが、それでも「動悸=心臓病」と決めつけて不安になる必要はありません。

ドキドキしたり急に止まったりしているように感じられるタイプ

脈が飛んだり、脈が抜けたりと、心臓が不規則に動くと感じられる動悸があります。これも意外と多い症状で、既に不整脈などで心電図検査を受けたことのある人でなくても、不意に起こることがあります。このように脈が不規則に乱れる原因の1つが「期外収縮」です。

心臓の動きを制御する電気信号の乱れによって引き起こされる期外収縮は、特に30歳以上の人では多かれ少なかれほぼ全員に発生するともいわれており、脈が乱れる回数がそれほど頻繁でなかったり、脈が乱れる時に息苦しさなどを感じたりしない場合は、すぐさま深刻な症状を疑う必要性は低いと考えられています。

ただし、期外収縮でも中には深刻なものもあり、めまいや息苦しさ、胸の痛みなどを併発しているような場合は、速やかに医師の診察を受けましょう。

心臓がドキドキと速く動くタイプ

前述の2つのタイプに対して、何もしていないのに急に心臓がドキドキと速く動いているように感じられる「頻脈」では、少し注意が必要かも知れません。

ただし、誤解してはいけないのは、「たまに心臓がドキドキする=重病」ではないということでし。あくまでも、他の2つに比べると、冷静に見極めることが必要という程度であることを覚えておいてください。

心臓のドキドキを感じた時、注目すべきポイントは大きく以下の2つです。

  • どれくらいの時間、心臓のドキドキが続くのか。
  • 動悸の他にもめまいや息苦しさ、胸痛、失神などの症状はあるのか。

心臓のドキドキがほんの数秒程度で終わるのであれば、とりあえず様子を見てもいいでしょう。しかし、長時間ずっと続くような場合は警戒が不可欠です。

また、時間の長さに関係なく、めまいや息苦しさ、激しい胸の痛み、さらには失神などの症状を伴う動悸の場合は、直ちに医療機関で医師の診察や検査を受けることが必要です。

心臓は命を支える重要な臓器であり、そこに違和感を覚えた時は不安になるのも当然。ですが、たまに心臓がドキドキするからといって、必ずしも自分が重大な病気であると思い込むことは、逆に精神的なストレスを増大させて、新たな動悸の原因にもつながるので、避けなければいけません。(※1)

心臓のドキドキが
狭心症や心筋梗塞の前兆になる理由

動悸を引き起こす心臓病の種類は数多くあります

心臓の動悸が、期外収縮や頻脈といった不整脈が原因の場合、症状によっては狭心症や心筋梗塞を発症している可能性や、それらを引き起こす危険性が考えられます。

例えば、すでに心筋梗塞によって心臓の一部がダメージを受けている場合、その損傷箇所によっては心臓の電気系統に異常を来すことが考えられます。心臓の電気系統に異常が生じると、鼓動が正しく制御されなくなり、結果として期外収縮や頻脈などの症状が現れることもあるでしょう。

また、心臓の動きが正しく制御されなくなると、血液の循環が正常になされなくなり、時には全身や脳へ必要な量の血液が届けられなくなることもあります。すると、血液に載って運ばれる酸素がきちんと脳へ供給されなくなるので、めまいや頭痛、失神の症状が併発することもあり得ます。

同時に、血液の流れが悪くなると血栓ができやすくなり、心筋細胞への酸素供給も滞りやすくなるなど、心筋梗塞や狭心症を引き起こすリスクが急上昇するかも知れません。

期外収縮や頻脈の原因として考えられる心臓病には、幾つもの種類があるので、心臓のドキドキが頻繁に起こったり、体の変調を伴ったりしているような人は、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。(※2)

心臓がドキドキすることから考えられる
他の病気

動悸の原因となる病気や症状は心臓だけでありません

例えば、血液中で酸素を運ぶ成分である赤血球が減少した場合、心臓が少しでも多くの血液を全身に運ぼうとして、脈拍を増やすことがあります。これはつまり、貧血に伴う動悸です。

また、甲状腺ホルモンが過剰分泌される甲状腺機能亢進症や、卵巣ホルモンの分泌量が減少するバセドウ病など、ホルモンバランスの異常によっても動悸は引き起こされます。

この他、肺に異常が発生していて、呼吸によって正常に酸素を取り込むことができなくなっている場合や、薬の副作用や食事、虫さされによるアレルギー症状においても、動悸が引き起こされることもあるでしょう。さらに、パニック障害やうつ病といった精神疾患によって、動悸やめまいが発生する可能性も考えられます。

貧血

  • 症状

    体中に酸素を運搬するヘモグロビンが減少することで、体内が酸素不足となります。その結果、動悸や息切れ、めまい、頭痛、倦怠感などの症状を自覚します。症状が悪化した場合、失神にいたることもあります。

  • 原因

    多くの場合、貧血は体内の鉄分不足を原因に発症します。鉄分はヘモグロビンを生成するために必要な材料のひとつ。偏食をはじめ、妊娠・出産・授乳、生理、継続的な出血をともなう疾患(胃潰瘍、胃癌、痔、子宮筋腫など)などが鉄分不足、ひいては貧血の原因となります。

  • なりやすい人の傾向

    貧血は、男性よりも女性に好発することが知られています。各種の貧血の中でもっとも発症数が多いとされる「鉄欠乏性貧血」が、女性に多く見られるからです。生理の経血や無理なダイエットで鉄分不足となると、貧血になりやすくなります。

  • 治療法

    症状が著しい場合には、何らかの病気が潜んでいる可能性があるため、早急に病院を受診すべきでしょう。また、市販の鉄剤やビタミン剤などを摂取することも有効な改善策のひとつとなるかもしれません。

  • 予防法

    栄養バランスの良い食生活を心掛けます。鉄分を多く含む食材(レバー、ほうれん草など)を積極的に摂りつつ、鉄分の吸収を助けるビタミンCも十分に補給してください。妊娠中の場合には鉄分を2人分摂り、かつ葉酸を多めに摂ることが大切です。

甲状腺機能亢進症

  • 症状

    血液中の甲状腺ホルモンの量が増えることにより、動悸、息切れ、発汗、下痢、イライラ、暑さ、手のふるえ、疲れやすさ、過食、体重減少、月経不順、体温上昇、落ち着かないなどの症状が見られることがあります。これらのうち複数の症状が、通常は一週間以上続きます。

  • 原因

    下記で説明する「バセドウ病」が甲状腺機能亢進症の一般的な原因です。なお「バセドウ病」は原因不明の病気ですが、一般に遺伝やストレス、過労、喫煙などが関与して発症すると考えられています。

  • なりやすい人の傾向

    男性より女性、また20~40代という比較的若い年代に多く見られます。結婚や出産、就職など、人生の大きな節目とともに発症する傾向もあるようです。

  • 治療法

    内服薬による薬物療法、手術による甲状腺の摘出、放射線療法(ラジオアイソトープ療法)などにより治療します。一般的には薬物療法が第一選択となります。

  • 予防法

    十分な睡眠をとるなどし、生活リズムを整えることが重要です。ストレスや体の疲労をためこまないようにしましょう。喫煙が関与している病気とも言われているため、喫煙習慣のある人は禁煙しましょう。

バセドウ病

  • 症状

    バセドウ病は自己免疫疾患のひとつ。発症することで、動悸や頻脈、手の指の震え、不眠、イライラ、体重減少、疲れやすさ、発汗、下痢、眼球突出、甲状腺の腫れ、周期性四肢麻痺(筋肉の麻痺の一種)、月経不順などの症状が見られることがあります。

  • 原因

    原因は不明です。遺伝的な要因で発症するとの説のほか、ストレス、喫煙、過労などが関連して発症するとの説もあります。

  • なりやすい人の傾向

    男性より女性に好発します。かつ、就職や結婚、妊娠、出産など、人生の大きな節目を迎えている人に発症しやすい傾向があるとされます。

  • 治療法

    甲状腺剤の処方(薬物療法)、甲状腺亜全摘術(手術療法)、アイソトープ療法(放射線療法)の3種類がメインとなります。特別な事情がない限り、薬物療法が第一選択です。

  • 予防法

    十分な睡眠をとり、生活リズムを正しくします。疲労やストレスをためこまないようにも注意しましょう。音楽を聞く、森林浴をするなどし、精神的にリラックスすることも有効です。喫煙習慣のある人は、禁煙しましょう。

アナフィラキシー

  • 症状

    動悸、不安感、興奮、血圧低下、失神、肌のチクチク感、めまい、かゆみ、皮膚の紅潮、くしゃみ、鼻水、咳、じんましん、皮膚の腫れ、喘息、吐き気、気道収縮、気道の腫れ、吐き気、嘔吐、腹部痙攣、下痢、呼吸停止などが見られます。

  • 原因

    主な発症誘因として、食べ物(卵、ナッツ類、そば、エビなど)、虫刺され(ハチ、アリ、ムカデなど)、薬物(抗生剤、解熱剤、造影剤など)、ラテックス(天然ゴム手袋など)があります。日光や冷気、運動などが誘因となって発症することもあります。

  • なりやすい人の傾向

    何らかの物質に対してアレルギー反応を示す人に発症する傾向があります。特に、食物アレルギーを持つ人がアレルゲンを摂取した際、発症しやすいとされています。

  • 治療法

    アドレナリンの自己注射により症状を抑えます。そのため、一度アナフィラキシーを発症したことがある人の多くは、処方された注射を携帯しています。もとより症状に応じ、病院にて抗ヒスタミン薬や気管支拡張薬など、医師の判断でさまざまな治療法が選択されます。

  • 予防法

    アレルゲンを避けることが第一の予防法となります。食物アレルギーのある人は、食事(特に外食)に十分注意しましょう。また短期間のうちに複数回ハチに刺された場合、アナフィラキシーを発症することがあることも覚えておきましょう。

アレルギー

  • 症状

    動悸、喘息、血管性浮腫、血圧低下、目のかゆみ、涙目、鼻水、皮膚の痒み、発疹、くしゃみ、じんましんなどの症状が見られます。重症化するとアナフィラキシー反応にいたり、最悪の場合、死亡することがあります。

  • 原因

    遺伝要因のほか、環境要因として食べ物や虫刺され、カビ、ダニ、天然ゴム、金属、日光、冷気、タバコの煙などがアレルギーの原因として知られています。

  • なりやすい人の傾向

    いわゆるアレルギー体質の人に好発します。また、三大アレルゲン(卵、牛乳、大豆)を多く摂取する家庭においてアレルギーが発症しやすい、と言われることもあります。

  • 治療法

    抗ヒスタミン薬、肥満細胞安定化薬、アレルゲン免疫療法などによって治療を行います。アナフィラキシーが生じた場合には、アドレナリンの自己注射を用いることもあります。

  • 予防法

    アレルゲンを避けることが第一の予防法です。食べ物に限らず、アレルゲンとなるものに触れたりしないよう注意してください。屋内を常に清潔に保つことも、アレルギーを予防する有効な方法です。

パニック障害

  • 症状

    動悸、頻脈、発汗、手足のふるえ、息切れ、胸痛、吐き気、下痢、めまい、口の乾き、恐怖感、不安感など、なさまざまな身体的・精神的症状が現れます。

  • 原因

    遺伝要因と環境要因の2つが関係していると言われています。うち、環境要因が7割とも言われています。具体的にはストレス、トラウマ、喫煙、カフェインなどです。

  • なりやすい人の傾向

    男性の発症率に対し、女性の発症率は約2倍と言われています。また、喫煙習慣のある人や、カフェインを多く摂取する人に症状が現れやすいとの指摘もあります。

  • 治療法

    通常は薬物による治療を進めていきます。薬物の種類は抗うつ剤(SSRI)、抗不安薬(精神安定剤)、漢方薬が中心です。症状に応じ、抗精神病薬や気分安定薬が選択されることもあります。並行して精神療法が行われることもあります。

  • 予防法

    十分な睡眠、規則正しい食生活、適度な運動習慣などをベースに、カフェインを摂り過ぎないことや、アルコールを控えること、禁煙することも有効な予防法となります。

うつ病

  • 症状

    気分の落ち込みや不安感などの精神的症状のほか、動悸や息苦しさ、口の乾きなどの身体的症状も幅広く見られます。

  • 原因

    遺伝、つらい出来事、特定の身体疾患、特定の薬の副作用、女性ホルモンの変化などがうつ病の危険因子として指摘されています。性格面との関連については、肯定的な見解と否定的な見解とが混在しています。

  • なりやすい人の傾向

    遺伝的な要因に加え、環境要因(人間関係、家庭内不和、妊娠、育児、失職など)や、身体的要因(疲労、脳血管障害、甲状腺機能異常、ホルモンバランスの変化など)を抱えている人に発症しやすい傾向があります。

  • 治療法

    軽度のうつ病には精神療法など、中等度から重度のうつ病には薬物療法と精神療法の併用など(時に電気けいれん療法)、季節性うつ病には光療法などが行われます。

  • 予防法

    ストレスをためないこと、悩みを一人で抱えないこと、過労を避けること、十分な睡眠をとること、完璧主義を捨てることなど、日常において「仕事」「休息」「運動」「遊び」をバランスよく保つことが大切です。

心筋梗塞や狭心症の予防法は?

まずはライフスタイルから見直しましょう

遺伝的な要因もあるものの、心筋梗塞や狭心症といった虚血性心臓疾患の予防としては、まず食生活の見直しや、禁煙、適度な運動、ストレスの軽減といった、ライフスタイルの改善が最重要です。

特に、喫煙や肥満、運動不足などは虚血性心臓疾患の危険因子とされており、それらを是正することが必要です。

心筋梗塞や狭心症の原因は?

動脈硬化

動脈硬化によって心臓の冠動脈が狭くなったり、詰まったりすると、血流が滞り、虚血性心疾患を引き起こしやすくなります。

血栓

動脈硬化によって血管が狭くなるだけでなく、血栓ができて完全に血管が閉塞した場合、栄養が届けられなくなった心筋細胞はやがて壊死してしまいます。

血管攣縮

一般的に虚血性心疾患の原因として挙げられる動脈硬化や血栓ですが、これらはライフスタイルの改善によって予防が期待できる症状です。しかし、実はこの他にも、突然に血管がけいれんを起こして、急激に収縮し、冠動脈などの血流を滞らせてしまう場合があります。

これは「血管攣縮」と呼ばれ、事前の発見が難しい上、健康的な生活を送っている人や就寝中などの安静時にもいきなり発症することがある、極めて危険な症状です。(※3)

参照元

※1:全日本民医「特集2 動悸を感じたら 併発する症状によっては治療が必要なことも」
[online]https://www.min-iren.gr.jp/?p=6973(参照2018/06/20)

※2:国立循環器病研究センター循環器病情報サービス「虚血性心疾患」
[online]http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/disease/ischemic-heart-disease.html(参照2018/06/20)

※3:ハートニュース(公益財団法人日本心臓財団,2008年発行)
[online]http://www.jhf.or.jp/heartnews/newHN/2008/no1/images/no1-61.pdf(参照2018/06/20)[pdf]

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE