心筋梗塞・狭心症を予防するためのサイト » 心筋梗塞・狭心症の前兆症状 » たまに心臓がドキドキするのは病気のサイン?

たまに心臓がドキドキする!
狭心症や心筋梗塞の前兆?

普段の暮らしの中、激しい運動をしているわけでもないのに、たまに心臓がドキドキすると訴える人がいます。このように、急に胸の動悸を感じられる場合、それは狭心症や心筋梗塞など深刻な病気の前兆なのでしょうか。

たまに心臓がドキドキするとしても
病気とは限らない?

心臓がドキドキして、鼓動をはっきりと感じられる動悸は、運動中や緊張した時、体調が悪い時など、誰もが一度は経験したことがあるでしょう。しかし、中には普通に生活しているだけなのに、どういうわけかたまに心臓がドキドキすると、不意の動悸を訴える人がいます。ここで気にすべきポイントは、その動悸が「どのような動悸であるか」ということです。例えば、一口に動悸といっても、その感じ方には以下のようなパターンが存在します。

心臓の動きがドカンドカンと激しく感じられるタイプ

心臓の動きが「ドカンドカン」と大きく感じられるタイプの動悸は、肉体的な異常というよりも、緊張やストレスが原因で精神的に過敏になっており、正常な鼓動をことさら大きく感じてしまっているだけの場合が少なくないともされています。

もちろん、「ドカンドカン」タイプの動悸が常に精神的なものとは限りませんが、それでも「動悸=心臓病」と決めつけて不安になる必要はありません。

ドキドキしたり急に止まったりしているように感じられるタイプ

脈が飛んだり、脈が抜けたりと、心臓が不規則に動くと感じられる動悸があります。これも意外と多い症状で、既に不整脈などで心電図検査を受けたことのある人でなくても、不意に起こることがあります。このように脈が不規則に乱れる原因の1つが「期外収縮」です。

心臓の動きを制御する電気信号の乱れによって引き起こされる期外収縮は、特に30歳以上の人では多かれ少なかれほぼ全員に発生するともいわれており、脈が乱れる回数がそれほど頻繁でなかったり、脈が乱れる時に息苦しさなどを感じたりしない場合は、すぐさま深刻な症状を疑う必要性は低いと考えられています。

ただし、期外収縮でも中には深刻なものもあり、めまいや息苦しさ、胸の痛みなどを併発しているような場合は、速やかに医師の診察を受けましょう。

心臓がドキドキと速く動くタイプ

前述の2つのタイプに対して、何もしていないのに急に心臓がドキドキと速く動いているように感じられる「頻脈」では、少し注意が必要かも知れません。

ただし、誤解してはいけないのは、「たまに心臓がドキドキする=重病」ではないということでし。あくまでも、他の2つに比べると、冷静に見極めることが必要という程度であることを覚えておいてください。

心臓のドキドキを感じた時、注目すべきポイントは大きく以下の2つです。

  • どれくらいの時間、心臓のドキドキが続くのか。
  • 動悸の他にもめまいや息苦しさ、胸痛、失神などの症状はあるのか。

心臓のドキドキがほんの数秒程度で終わるのであれば、とりあえず様子を見てもいいでしょう。しかし、長時間ずっと続くような場合は警戒が不可欠です。

また、時間の長さに関係なく、めまいや息苦しさ、激しい胸の痛み、さらには失神などの症状を伴う動悸の場合は、直ちに医療機関で医師の診察や検査を受けることが必要です。

心臓は命を支える重要な臓器であり、そこに違和感を覚えた時は不安になるのも当然。ですが、たまに心臓がドキドキするからといって、必ずしも自分が重大な病気であると思い込むことは、逆に精神的なストレスを増大させて、新たな動悸の原因にもつながるので、避けなければいけません。(※1)

心臓のドキドキが
狭心症や心筋梗塞の前兆になる理由

動悸を引き起こす心臓病の種類は数多くあります

心臓の動悸が、期外収縮や頻脈といった不整脈が原因の場合、症状によっては狭心症や心筋梗塞を発症している可能性や、それらを引き起こす危険性が考えられます。

例えば、すでに心筋梗塞によって心臓の一部がダメージを受けている場合、その損傷箇所によっては心臓の電気系統に異常を来すことが考えられます。心臓の電気系統に異常が生じると、鼓動が正しく制御されなくなり、結果として期外収縮や頻脈などの症状が現れることもあるでしょう。

また、心臓の動きが正しく制御されなくなると、血液の循環が正常になされなくなり、時には全身や脳へ必要な量の血液が届けられなくなることもあります。すると、血液に載って運ばれる酸素がきちんと脳へ供給されなくなるので、めまいや頭痛、失神の症状が併発することもあり得ます。

同時に、血液の流れが悪くなると血栓ができやすくなり、心筋細胞への酸素供給も滞りやすくなるなど、心筋梗塞や狭心症を引き起こすリスクが急上昇するかも知れません。

期外収縮や頻脈の原因として考えられる心臓病には、幾つもの種類があるので、心臓のドキドキが頻繁に起こったり、体の変調を伴ったりしているような人は、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。(※2)

心臓がドキドキすることから考えられる
他の病気

動悸の原因となる病気や症状は心臓だけでありません

例えば、血液中で酸素を運ぶ成分である赤血球が減少した場合、心臓が少しでも多くの血液を全身に運ぼうとして、脈拍を増やすことがあります。これはつまり、貧血に伴う動悸です。

また、甲状腺ホルモンが過剰分泌される甲状腺機能亢進症や、卵巣ホルモンの分泌量が減少するバセドウ病など、ホルモンバランスの異常によっても動悸は引き起こされます。

この他、肺に異常が発生していて、呼吸によって正常に酸素を取り込むことができなくなっている場合や、薬の副作用や食事、虫さされによるアレルギー症状においても、動悸が引き起こされることもあるでしょう。さらに、パニック障害やうつ病といった精神疾患によって、動悸やめまいが発生する可能性も考えられます。

心筋梗塞や狭心症の予防法は?

まずはライフスタイルから見直しましょう

遺伝的な要因もあるものの、心筋梗塞や狭心症といった虚血性心臓疾患の予防としては、まず食生活の見直しや、禁煙、適度な運動、ストレスの軽減といった、ライフスタイルの改善が最重要です。

特に、喫煙や肥満、運動不足などは虚血性心臓疾患の危険因子とされており、それらを是正することが必要です。

心筋梗塞や狭心症の原因は?

動脈硬化

動脈硬化によって心臓の冠動脈が狭くなったり、詰まったりすると、血流が滞り、虚血性心疾患を引き起こしやすくなります。

血栓

動脈硬化によって血管が狭くなるだけでなく、血栓ができて完全に血管が閉塞した場合、栄養が届けられなくなった心筋細胞はやがて壊死してしまいます。

血管攣縮

一般的に虚血性心疾患の原因として挙げられる動脈硬化や血栓ですが、これらはライフスタイルの改善によって予防が期待できる症状です。しかし、実はこの他にも、突然に血管がけいれんを起こして、急激に収縮し、冠動脈などの血流を滞らせてしまう場合があります。

これは「血管攣縮」と呼ばれ、事前の発見が難しい上、健康的な生活を送っている人や就寝中などの安静時にもいきなり発症することがある、極めて危険な症状です。(※3)

参照元

※1:全日本民医「特集2 動悸を感じたら 併発する症状によっては治療が必要なことも」
[online]https://www.min-iren.gr.jp/?p=6973(参照2018/06/20)

※2:国立循環器病研究センター循環器病情報サービス「虚血性心疾患」
[online]http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/disease/ischemic-heart-disease.html(参照2018/06/20)

※3:ハートニュース(公益財団法人日本心臓財団,2008年発行)
[online]http://www.jhf.or.jp/heartnews/newHN/2008/no1/images/no1-61.pdf(参照2018/06/20)[pdf]