心筋梗塞・狭心症を予防するためのサイト » 心筋梗塞・狭心症の前兆・初期症状と見分け方

心筋梗塞前兆・初期症状対策方法

急性の心筋梗塞の前兆として 狭心症の症状が現れる
心筋梗塞と狭心症の大きな違いは、心筋が壊死するかどうかです。
心筋梗塞は、冠動脈が完全に詰まり、心筋に酸素と血液が届かず、壊死すること。狭心症は血管が狭くなり、血液が流れにくい状態です。狭心症を放置すると心筋梗塞に移行しかねませんので、狭心症の症状が現れたらすぐに対策することが大切です。
狭心症は、性質で分類すると、冠攣縮性狭心症と労作性狭心症の二種類があります。それぞれの症状の現れ方に違いがあり、発症する原因も違うため、見分けて正しく対策しましょう。

ハートアイコン

このまま心臓が止まるのではないか…
という不安

胸痛に襲われる患者さん

時と場所を選ばずに、何の前触れもなく襲ってくる胸の痛みやドキドキ。毎日不安な気持ちで、肉体的な負担よりも、どちらかと言うと、恐怖感によって精神的に疲弊してしまいます。
発作を重ねるたびに痛みの持続時間や強度が増していくので。不安感は高まります…
症状としては主に 「動悸」「胸の圧迫感」「胸焼け」などがあり、特に就眠中などの安静にしている時、明け方に起こることも多いのです。
例えば、下記のようなことを経験したことはありませんか?

 
  • 夜になると突然心臓がドッキドッキと激しく動くようになってしまう
  • 動悸が起きるのは夜と決まっていて、 寝返りを打って心臓を下にしたときに動悸が始まる
  • 運動をした後に症状が出るのではなく、仕事中など安静にしているときに 胸がギューッと締め付けられるように痛んで動けなくなってしまう
  • 胸焼けがたびたび起こる
  • 発作時には動けないほど不安を感じるが、 15~20分経つと治まる
  • 病院に行って心電図の検査を受けても異常なし、大丈夫だと言われる…でも、とても苦しい

上記の悩みを持つ人は 「冠攣縮(れんしゅく)性狭心症」の可能性が高いです。

 
ハートアイコン

冠攣縮性狭心症は
血管が異常に収縮する病気

冠攣縮性狭心症とは、冠動脈が異常に収縮することにより、血管が狭くなり、血液や酸素が十分に送れないがことが原因の狭心症です。


突然死を招きやすい危険な狭心症で、狭心症全体の40%~60%を占めます。胸痛など発作をおこしている瞬間の心電図をとらないと発見できない、診断が難しい病気でもあります。さらに、女性より男性、欧米人と比べ、日本人のほうが発症率が高いことはよく知られています。

 

冠攣縮性狭心症の特徴は、特別な誘因がなくても起こること、日中の労作中ではなく、睡眠中など安静にしている時、特に明け方に起こりやすいこと、運動耐容能の日内変動(早朝の運動能の低下)などがあります。 冠攣縮性狭心症が発症する際に、短い時だと1分、長くても15分程度で血流が再開し、症状が治まります。しかし、対策せず放置すると、異常収縮で狭くなる度合が大きくなり、継続時間が長くなります。やがて、冠動脈が完全に詰まり、急性の心筋梗塞が発症するのです。

 

また、既に動脈硬化により狭くなった血管に異常の収縮が起こると、血流が途切れ、命にかかわる危険な状態になる恐れがあります。

 

 

ハートアイコン

冠攣縮性狭心症の対策方法

冠攣縮性狭心症を疑ったら、まずは病院に行って診断してもらうことがおすすめです。冠攣縮性狭心症は発作時でないと異常を検出できませんので、一般的な心電図検査だけでは診断できません。ホルター心電図(24時間心電図検査)、運動負荷試験、過換気負荷試験、アセチルコリン負荷試験、エルゴノビン負荷試験などがあります。

もし冠攣縮性狭心症だと診断されたら、以下のような対策方法があります。

生活習慣の改善

冠攣縮性狭心症の危険因子は喫煙、飲酒、脂質異常、ストレスがありますので、こういった危険因子を取り除くための生活習慣の改善が非常に重要です。
特に、喫煙によるリスクが大きいことから、直ちに禁煙をしましょう。

薬物療法

危険因子の改善は必要ですが、これだけでは効果が不十分です。血管拡張作用のある硝酸薬や、平滑筋の収縮を起こすCa2+(カルシウムイオン)を阻害するCa拮抗薬などの薬物が有効とされています。
しかし、長期間硝酸薬を使用していると、発作が起こった際に舌下硝酸薬が効かない、いわゆる耐性が生じやすいとも言われています。
また、Ca拮抗薬に関して、服用を中止すると、いわゆるリバウンドが起こり、再び発症したら重篤な結果にることが報告されています。さらに、Ca拮抗薬は正常の血管収縮まで抑制してしまうため、副作用のリスクが懸念されてきました。

 

 

ハートアイコン

血管の異常収縮を抑制する
唯一の成分:小林式EPA

山口大学の小林誠教授のチームは、血管の異常収縮のメカニズムを解明し、血管の異常収縮を劇的に抑制できる成分を発見しました。その成分は小林式EPAと命名されています。

この世界的な発見は公的機関から高く評価・表彰され、小林式EPAも「血管の異常収縮」を抑制できる唯一の成分として、二つの特許を取得しています。

 

小林式EPAは、今まで有効とされていたCa拮抗薬と違い、正常な平滑筋の収縮に対して影響がないため、副作用の心配がありません。

>>小林式EPAについて調べてみる<<

 

 

ハートアイコン

上記の症状に当てはまらない場合

狭心症には、安静時に起こる冠攣縮性狭心症のほか、労作性狭心症もあります。労作性狭心症は、階段を上がったり、普段より激しい運動をしたり、重いものを持ったり、いわゆる労作したときに症状が出ます。また、精神的な興奮や緊張がきっかけとなって症状が起こることもあります。しかし、痛みは安静にしていると和らぎます。

労作性狭心症は以下の状況で発作が起こります。

 
  • 坂道を上る
  • 階段を駆け上がる
  • 急いで歩く・走る
  • しゃがんで仕事
  • 重いものを持つ
  • 精神的なショック・興奮
  • 冷たい風当たる

上記の状況で発作が起きる場合は 「労作性狭心症」の可能性が大きいです。

 
ハートアイコン

労作性狭心症とは
動脈硬化による狭心症です

労作性狭心症は、「冠攣縮性狭心症」と違い、突然冠動脈が詰まることがなく、病状が安定しています。症状が起こる動作や運動量が大体一定しており、症状の起こりやすい時間帯や状況もほぼ決まっています。前もって症状の起こりやすい状況がわかっていれば、自分で活動量を調整することにより、未然に予防することができます

 

労作性狭心症の原因は動脈硬化です。冠動脈が動脈硬化を起こし、内腔が狭くなっているという血管自体の病変から起こります。年齢と伴い血管壁は厚くなり弾力性が失っていきますが、さらに、血液中のコレステロールなどの脂肪や血管壁の繊維成分が血管の内壁に付着して。古くなった水道管に水垢がたまるのと同じように、血管が狭くなるのです。

労作性狭心症の仕組み

!

労作性狭心症の対策方法

労作性狭心症の原因は動脈硬化ですので、生活習慣の改善の観点から動脈硬化の進行を抑えることが必要です。まず、動脈硬化の原因から抑えましょう。
動脈硬化の原因として、高血圧、喫煙、ストレス、高脂血症、糖尿病、運動不足、肥満、加齢などの危険因子とされています。自分に当てはまる危険因子を知り、生活習慣や食習慣を見直すことがおすすめです。

 

・食べ過ぎに注意・バランスの良い食事
食べ過ぎると、肥満や高血圧、脂質異常症になり、動脈硬化の進行を加速させるため、食べ過ぎに注意しましょう。さらに、塩分や糖分脂質の摂取を抑え、サバやイワシDHA・EPAを含む青魚を中心にして、野菜や海藻類、豆類、ミネラル、カリウムを含む食材を多めに摂るようにしましょう。

 

・禁煙
喫煙は血圧を上昇させ、高血圧になります。さらに、喫煙すると、悪玉コレステロールが血管壁に蓄積されやすくなり、動脈硬化が促進されます。直ちに禁煙しましょう。

 

・運動習慣を身につける
動脈硬化の危険因子――肥満を解消するには、運動習慣を身につけましょう。無酸素運動や高い運動強度のものは心臓に負担をかけてしまい、発作が起こることもあります。脂肪燃焼のためには有酸素運動を長期間続けることが大切です。たとえば、1時間程度のウォーキングやサイクリングは最も理想的な運動法といえます。