心筋梗塞・狭心症を予防するためのサイト » 心筋梗塞や狭心症の後遺症、不整脈とはどんな症状?

心筋梗塞の後遺症・不整脈

心筋梗塞の発作後、後遺症として不整脈の症状を訴える患者さんは少なくありません。病み上がりで不安な状態で心臓の不調を感じると、「また発作が起きるのでは?」と気になってしまう方も多いようです。ただし、やみくもに怖がっても逆にストレスになってしまいます。不整脈の症状や治療法について正しい知識を得て、ご自分の身体のコンディションをよく理解しておきましょう。

なぜ心筋梗塞後に不整脈が起こる?

心筋梗塞後によく起こる後遺症・不整脈。不整脈とはどういった現象で、何を原因として起こるのでしょうか?不整脈のメカニズム、心筋梗塞後に不整脈が起こりやすい理由を簡単にご紹介します。

そもそも不整脈はなぜ起こる?

1日に約10万回も規則的なリズムで鼓動を刻んでいる心臓。心臓を動かしているのは、「洞結節」と呼ばれる部位から発信される電気信号です。電気信号は正しい通り道を通って心臓全体に伝わっていき、心臓を形づくる筋肉を収縮・拡張させています。この電気信号の発信が乱れたり、電気信号が正しく心臓全体に伝わらなかったりするとき、鼓動のリズムが乱れてしまうのです。この現象を「不整脈」と呼んでいます。

 

実は不整脈が起こる一因として、血管の異常攣縮(れんしゅく)が挙げられます。血管攣縮は、血管が痙攣するように異常に収縮して血流を滞らせる現象のことで、時と場所を選ばずに、何の前触れもなく突然血管がギュッと縮むのです。健康な人でも起こりえます。日常で感じている動悸や不整脈を引き起こす可能性が大きいということが、近年の医療現場で明らかにされました。最悪の場合、攣縮により血管が完全に詰まってしまうと急性の心筋梗塞が発症し、突然死を招く危険もはらんでいます。

血管攣縮について詳しく見る

心筋梗塞後に不整脈が起こりやすい

心筋梗塞の発作が起こり、心臓の一部分で血流がストップした状態が長く続くと、心筋や神経が壊死してしまうことがあります。一度壊死した心筋が回復することはないため、壊死が起こると心臓の機能が弱ってしまい、不整脈が起こりやすくなるのです。さらに、心筋梗塞を経験した人は、健康な人と比べ血管攣縮が起こる確率が大きいので、不整脈になることも多いです。

心筋梗塞後に不整脈が起こりやすい理由を見る

心筋梗塞後の不整脈の対処方法

心筋梗塞が発症して、カテーテル手術して、ようやく命が助かったと思った瞬間、胸が再びバクバクするようになりました。「心筋梗塞がまた発作するのでは?」と不快感や不安を感じる方が多いでしょう。しかし、すべての不整脈が心配が必要なタイプではないので、パニックに陥る前にまずは危険な不整脈と心配ない不整脈をチェックしましょう。

心筋梗塞後の不整脈の危険性をチェック

不整脈検査と、投薬による治療

不整脈は、初動の対応が肝心です。深刻な心室細動の発作が突然起こってしまった場合は、ただちにAED(自動体外式除細動器)で救命する・救急車を呼ぶなどの緊急的な処置をとりましょう。救急車を呼ぶほどではない不整脈の場合にも、早急に主治医の診察を受け、まずは心電図をとるなどして心臓のコンディションを確認します。軽微な不整脈であれば治療を行わずに様子見するケースも少なくありませんが、心配な症状の場合は投薬で改善を試みるのが一般的です。

除細動器やペースメーカーの使用

主治医が投薬だけでは不十分と判断した場合は、心臓にICD(植え込み型除細動器)やペースメーカーの埋め込み手術を行うケースもあります。ICDやペースメーカーは、常に心臓の鼓動を監視し、異常があったときは鼓動を正しく調整してくれる機器です。異常な頻脈を検知したときには適切なリズムで心臓に電気信号を流し、心室細動を検知したときには心臓に電気ショックを与えて細動をストップさせてくれます。不整脈や心室細動を確実に解消できる力強い味方と言えるでしょう。

いつ来るかわからない、煩わしい不整脈は
血管の異常攣縮(れんしゅく)

血管攣縮

不整脈の要因は疲れやストレスだけではありません。血管攣縮と呼ばれる突発的に起こる血管のけいれんも危険なサインのひとつです。血管攣縮とは、突如として血管がけいれんを起こしたかのように収縮し、極端に血のめぐりが悪くなる症状のこと。血管攣縮が心臓で起こると、死の危険がある深刻な狭心症や不整脈、心筋梗塞発作にもつながります。血管攣縮は突然起こるため対策がしにくく、また心疾患の既往のある方では起こりやすい症状でもありますので十分な注意が必要です。

>>血管攣縮について詳しく知る

心筋梗塞の不整脈についてもっと詳しくみる

心筋梗塞の後遺症・心不全

心不全には非常に多様な症状があります。なおかつ、それらの症状を発症したから即ち心不全というわけではなく、逆に、それらの症状が見られないタイプの心不全もあります。
症状をひとまとまりにできないのが心不全の特徴ともいえますが、ただ、原因別に見てみれば、大きく次の2つの症状に分けることができます。

血液を「送り出す」側の問題で起こる症状

疲れやすさ、だるさ、動悸などの症状を自覚する心不全の場合、血液を「送り出す」側に問題がある可能性があります。心拍出量が減少したために、これら症状が起こります。

 

血液を「受け取る」側の問題で起こる症状

息苦しさ、むくみ、お腹の張り、お腹の鈍痛などの症状を自覚する心不全の場合、血液を「受け取る」側に問題がある可能性があります。血液が心臓の後方でうっ滞したため、これらの症状が起こります。

平地を歩くときには何ら問題はないものの、坂道や階段を上ったり、重いものを持ったりしたときに息切れが激しくなるようであれば、この段階で初期の心不全の可能性があります。単に体力が低下しただけならば大きな問題にはなりませんが、普段から血圧測定などを行なっていない人は、これらのような症状を自覚した時点で、念のため医師に診断してもらったほうが良いでしょう。

心不全の初期状態を過ぎると、今度は風邪のような症状を自覚することがあります。夜間、仰向けになって眠ると咳が出たり息苦しくなったり、などの症状です。呼吸のたびに、喘息患者の気管から聞こえる喘鳴(ヒューヒューという音)が聞こえることもあります。
この症状が必ずしも心不全とは言えませんが、万が一心不全だった場合には緊急で入院する必要がある状態です。ある日、突然急性心不全を発症する恐れもあるため、これらの症状が見られた場合には、すぐにでも医師に診てもらうようにしましょう。

 

心不全への対処法

万が一心不全を発症してしまった場合は、何はさておき病院での治療が最優先です。治療を経て容体がある程度安定してきたら、今度は日常生活でのケアへと入ります。

 

心不全への緊急対処法(治療)

・狭心症や心筋梗塞が原因の心不全の場合
冠動脈にバルーンを入れて膨らませるなどして、動脈の流れを改善させる治療法が採られことがあります。あるいは、冠動脈にバイパスを設置する手術、また人工弁を取り付ける手術などが行われる場合もあります。

 

・慢性心不全の場合
常に一定のレベルにおいて心臓の働きに不具合がある状態のことを、慢性心不全と言います。慢性心不全の治療法としては、体内にたまった過剰な水分を排出するための利尿剤治療、あるいは、心臓の働きをサポートするためのジギタリス剤の投与などが行われます。また、心臓への負担を軽減する血管拡張剤や、ホルモンの働きを抑えるベータ遮断剤などを利用することもあります。

 

容体が安定してからのケア法

治療を経て、たとえ心臓の状態が安定したとしても、再発を予防するために日常生活では注意をして過ごす必要があります。 避けるべきは、過労、ストレスの蓄積、風邪、過度の運動、長時間の入浴、肥満、喫煙、過剰な塩分摂取、過剰な水分摂取、過剰な飲酒などです。簡単に言えば、体に過度な負担を与える一切の要因を日常生活から排除することが大事ということです。

心筋梗塞の後遺症・うつ

再発恐怖(抑うつ)への対処法

心不全は、再発の恐れがある病気です。たとえ病状が回復して退院することになったとしても、再発の恐れについては、医師から十分な説明を受けているはずです。

どんな人であれ、心不全の再発リスクを考えると、気持ちは落ち着きません。死と隣り合わせた同じ苦しみがまた自分を襲うかも知れないと考えると、気持ちが沈んでしまう人もいるでしょう。再発への恐怖心から、中には抑うつ状態へと陥ってしまう人もいます。

再発への恐怖心によるストレスから抑うつに至る人は、特に心筋梗塞を経験した患者に多いとされています。心筋梗塞から生還した人のうち、実に2割の人は、程度にこそ差はあれ抑うつ症状を経験すると言われています。
抑うつの症状自体、体にとっては大きなストレスとなります。ストレスは心臓に対して大きな負担をかけます。さらに、抑うつが原因で睡眠障害を併発することがあれば、一層、再発へのリスクも高まるでしょう。

一度心不全を経験した方は、「病気と長く付き合う」という意識の中で過ごすことが前提です。特に心筋梗塞を患った患者においては、心臓の機能が著しく低下している可能性があります。一刻も早く心臓の状態を良くしようと焦るのではなく、機能の低下した心臓とともに、何十年も一緒に付き合って行こうという気構えで過ごしたいものです。
定期的に病院に行って検査をしてもらい、医師から指導される内容を忠実に守ってください。薬を飲み忘れることもないように。医師の指導にしたがっている限り、再発リスクを大幅に低下させることができます。

体に無理をさせないよう、気長に構えること。これが心不全後の抑うつに対する対処法です。
なお、抑うつの症状が著しい場合には、自分ひとりで苦しみを抱え込まず、速やかに医師に相談するようにしてください。

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?