心筋梗塞・狭心症を予防するためのサイトHOME » 心筋梗塞や狭心症のリハビリセンター【全国 】

心筋梗塞 狭心症の治療後に利用できるリハビリセンターリスト

心筋梗塞や狭心症の治療が終わったあとに利用できるリハビリセンターをご紹介します。各院の特徴やおすすめポイントをぜひ参考にしてみてください。

※病院掲載数:10院 最終更新日:2020/1/24

東京

東京医科大学病院

東京医科大学病院公式公式HP
*画像引用元:東京医科大学病院公式HP
https://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/

  • ■病院名
    東京医科大学病院
  • ■所在地
    〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-7-1
  • ■時間
    平日8:00~14:30
    土曜日8:00~11:00
  • ■定休日:第2・4土曜日、日曜日、祝祭日
  • 電話番号:03-3342-6111
  • ■サイトURL https://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/

東京医科大学病院の特徴

  • 資格を持った担当者がリハビリをサポート
  • 東京医科大学病院では、リハビリを開始する経緯がいくつかあります。東京医科大学病院で手術を受けた場合はそのままリハビリを案内されます。外来でリハビリを希望する人やほかの病院から紹介を受けてリハビリを受けることも可能です。

    どのような形態でリハビリを始めるにしても、リハビリをしっかり受けられます。心臓リハビリテーション指導士という資格を持ったスタッフがいるからです。リハビリに関する正確な知識でひとりひとりの回復をサポートします。

  • 回復に向けた設備が充実
  • 東京医科大学病院には病院ならではの設備がそなわっています。外来や他院からの紹介でリハビリを始めるにあたり、まず病状の検査を行います。数値にもとづいてリハビリを受けられるのが東京医科大学病院でリハビリを受けるメリットです。

    リハビリ中も心肺運動負荷試験装置といった機器を使ってリハビリの順調度をチェックします。自転車エルゴメータやトレッドミルといった本格的な設備もそろっています。

    設備を用いたリハビリ以外に、ゴムバンドやボール、ストレッチマットを使って体の動かし方を覚えます。有酸素運動や自体重トレーニングなど、リハビリのバリエーションが豊富です。

いたばし・ハートクリニック

いたばし・ハートクリニック公式HP
*画像引用元:いたばし・ハートクリニック公式HP
http://www.itabashi-heart.com/

  • ■病院名
    いたばし・ハートクリニック
  • ■所在地
    〒173-0004 東京都板橋区板橋1-21-7 1F
  • ■時間
    平日9:00〜12:00、14:00〜19:00
    土曜日9:00〜12:00、14:00〜17:00
  • ■定休日:日曜日、祝祭日
  • 電話番号:03-5248-0880
  • ■サイトURL http://www.itabashi-heart.com/

いたばし・ハートクリニックの特徴

  • チームで回復を手助け
  • いたばし・ハートクリニックは大学病院の循環器内科や心臓血管外科で経験を積んだ医師が開院しました。院長の原田医師は心臓リハビリテーションの分野でも経験があります。現在はいたばし・ハートクリニックでチームとして患者の回復を手助けしています。

    チームに含まれるのは医師や理学療法士、看護師、そして、管理栄養士です。患者が普段の生活を送ったり、再び社会で活躍したりできるように全員で取り組んでいます。管理栄養士がチームに加わることによって、リハビリを順調に進められるように栄養指導ができます。

  • リハビリを行うことで得られる効果が豊富
  • いたばし・ハートクリニックが目指しているのは、リハビリをとおして患者が快適な生活を取り戻すことです。しかし、いたばし・ハートクリニックが願っているのは、患者が身体面で回復することだけではありません。患者が自信を付けて毎日を楽しめるように願っています。

    実際にいたばし・ハートクリニックが謳っているリハビリの効果には精神面での効果も含まれます。不安な気持ちやうつ傾向の改善です。リハビリをとおして本来の自分を取り戻せるかもしれません。狭心症の症状を軽くしたり、心筋梗塞が再度起こらないようにしたりするのと同じくらい大切なことでしょう。

横浜(神奈川県)

昭和大学藤が丘リハビリテーション病院

昭和大学藤が丘リハビリテーション病院公式HP
*画像引用元:昭和大学藤が丘リハビリテーション病院公式HP
http://www.showa-u.ac.jp/SUHR/index.html

  • ■病院名
    昭和大学藤が丘リハビリテーション病院
  • ■所在地
    〒227-8518 神奈川県横浜市青葉区藤が丘2-1-1
  • ■時間
    平日8:30~17:00
    土曜日8:30~13:00
  • ■定休日:日曜日、祝祭日
  • 電話番号:045-974-2221
  • ■サイトURL http://www.showa-u.ac.jp/SUHR/index.html

昭和大学藤が丘リハビリテーション病院の特徴

  • 病院ならではの相談システムが充実
  • 昭和大学藤が丘リハビリテーション病院では入院患者以外に、外来でもリハビリを受けられます。体の動かし方を学んで身体機能を向上させることだけを目標としているわけではありません。昭和大学藤が丘リハビリテーション病院が目指しているのは、患者の病気が再発しないことです。

    狭心症や心筋梗塞は生活習慣の見直しが求められ病気です。昭和大学藤が丘リハビリテーション病院では、病気が再発しないようにできる限りのサービスを提供しています。たとえば、睡眠時無呼吸外来や外来栄養指導、外来看護相談、禁煙外来などです。生活スタイルをあらためて、健康的な生活を送れるようになるでしょう。

  • スポーツ運動科学研究所と力を合わせたリハビリ
  • 昭和大学藤が丘リハビリテーション病院がある神奈川県横浜市では、心臓リハビリ普及事業に力を入れています。昭和大学藤が丘リハビリテーション病院も事業に参加し、リハビリの市民講座を定期的に開催しています。

    病院内のリハビリで注目に値するスタッフは、リハビリ専門職です。ほかにも医師や臨床検査技師、管理栄養士、看護師、薬剤師などがそれぞれの知識や経験を生かして患者をサポートします。昭和大学のスポーツ運動科学研究所もリハビリ事業を後押ししています。

横浜市立大学付属病院

横浜市立大学付属病院公式HP
*画像引用元:横浜市立大学付属病院公式HP
https://www.yokohama-cu.ac.jp/fukuhp/

  • ■病院名
    横浜市立大学付属病院
  • ■所在地
    〒236-0004 横浜市金沢区福浦3-9
  • ■時間:9:00~16:00
  • ■定休日:土曜日、日曜日、祝祭日
  • 電話番号:045-787-2800
  • ■サイトURL https://www.yokohama-cu.ac.jp/fukuhp/

横浜市立大学付属病院の特徴

  • 医学的立場からのリハビリ指導
  • 横浜市立大学付属病院は入院患者と外来患者の両方にリハビリサービスを提供しています。入院患者の場合、最長で150日のプログラムです。外来患者のためにも病状に合わせて計画を組み立てています。通院によるリハビリは週1回~3回が一般的です。しかし、日程が難しければ調整できます。

    横浜市立大学付属病院では、リハビリを受けている患者に対して医師や看護師などの医療スタッフがしっかり指導します。集団講義で生活習慣や食習慣の指導を行うこともあります。医師や看護師が患者ひとりひとりの状態をチェックしながらリハビリが進むのが、病院でリハビリを受けるメリットです。医学的な知識にもとづいたリハビリを受けられます。

  • 安全性を大事にするリハビリ
  • 手術を受けたあとや服薬中の患者が着実に回復できるように、横浜市立大学付属病院のリハビリは安全性を重視しています。運動負荷試験を行うことで、患者のもつ体力や運動能力をチェックします。

    リハビリでは無理をしすぎないことも重要です。科学的な数値にもとづくリハビリで効率的に回復を目指せるでしょう。

名古屋(愛知県)

名古屋市総合リハビリテーション事業団

名古屋市総合リハビリテーション事業団公式HP
*画像引用元:名古屋市総合リハビリテーション事業団公式HP
http://www.nagoya-rehab.or.jp/index.html

  • ■病院名
    名古屋市総合リハビリテーション事業団
  • ■所在地
    〒467-8622 名古屋市瑞穂区彌富町字密柑山1-2
  • ■時間:8:45~16:00
  • ■定休日:土曜日、日曜日、祝祭日
  • 電話番号:052-835-3811
  • ■サイトURL http://www.nagoya-rehab.or.jp/index.html

名古屋市総合リハビリテーション事業団の特徴

  • 生活全般のリハビリを受けられる
  • 名古屋市総合リハビリテーション事業団には医療リハビリテーション部門があり、さまざまな背景の人を援助しています。心筋梗塞や狭心症の患者が利用できるのが理学療法科です。心疾患に特化したリハビリテーションも用意されています。心電図を用いながらリハビリを受けられるプログラムです。

    名古屋市総合リハビリテーション事業団では一般的な運動リハビリ以外に、寝がえりや起き上がりなどのリハビリも行っています。自動車の乗り降りや電車やバスの利用など、生活シーンをイメージしたリハビリを受けられます。

  • 福祉相談もできる
  • 名古屋市総合リハビリテーション事業団の強みは福祉相談にも対応できることです。車いすなど、移動や行動を補助する器具を使うべきかどうか、どのように選べばいいかを相談できます。

    家の改修も相談可能です。心筋梗塞や狭心症の後遺症によっては、以前暮らしていたままの家では住みづらく感じるかもしれません。名古屋市総合リハビリテーション事業団に相談すれば、患者の能力に応じて快適な生活を送れるように改修を提案してくれるでしょう。家の構造に合った介助・介護方法も教えてもらえます。

名古屋共立病院

名古屋共立病院公式HP
*画像引用元:名古屋共立病院公式HP
https://www.kaikou.or.jp/kyouritsu/index.html

  • ■病院名
    名古屋共立病院
  • ■所在地
    〒454-0933 愛知県名古屋市中川区法華1-172
  • ■時間:要問合せ
  • ■定休日:土曜日、日曜日、祝祭日
  • 電話番号:052-362-5151
  • ■サイトURL https://www.kaikou.or.jp/kyouritsu/index.html

名古屋共立病院の特徴

  • 急性期から始まるリハビリ
  • 名古屋共立病院にはリハビリテーション科という診療科が独立して存在します。脳血管疾患や呼吸器疾患、がん患者向けのリハビリも提供している比較的大きな診療科です。心臓リハビリテーションにも力を入れていて、リハビリは急性期から始まります。

    病気の重症度によっては集中治療室で患者の様子をチェックすることもあります。そのような状態ではまだリハビリは行えないと思うかもしれません。しかし、体を動かし起き上がれるように少しずつリハビリを行います。そして、歩行や運動などへとリハビリは続いていきます。

    名古屋共立病院で手術や治療を受けていない場合でも大丈夫です。ほかの病院からの紹介を受ければ名古屋共立病院のリハビリ設備を利用できます。

  • 併設する施設で長期にわたるサポートを受けられる
  • 名古屋共立病院では継続的なリハビリを受けられます。急性期からリハビリが始まって、回復期にもリハビリは継続します。退院しても通いながらリハビリを受けられるので、着実にリハビリの効果が出ていることを実感できるでしょう。

    回復期に入って3か月が経った時点で一度心肺運動負荷試験のチェックを行います。その検査で十分に身体機能が回復していることが分かれば、リハビリを終わらせることもできます。

    しかし、不安がまだ残るためにリハビリを続けたいと思う人もいるかもしれません。その場合は、名古屋共立病院の隣にある偕行会ウェルネスセンターで引き続きサポートを受けられます。安心できるまで体の動かし方や生活の仕方について相談できるでしょう。

大阪

愛仁リハビリテーション病院

愛仁リハビリテーション病院公式HP
*画像引用元:愛仁リハビリテーション病院公式HP
http://www.aijinkai.or.jp/reha/index.html

  • ■病院名
    愛仁リハビリテーション病院
  • ■所在地
    〒569-1116 大阪府高槻市白梅町5-7
  • ■時間:要問合せ
  • ■定休日:要問合せ
  • 電話番号:072-683-1212
  • ■サイトURL http://www.aijinkai.or.jp/reha/index.html

愛仁リハビリテーション病院の特徴

  • 入院と通院が選べる
  • 愛仁リハビリテーション病院は入院によるリハビリを提供している病院です。自宅での生活に不安を抱えている人は、入院して生活面での支援を受けながら体の回復を目指せます。医師や看護師が体の状態をチェックしてくれるので、合併症などを抱えている人にもおすすめです。

    入院をする必要がない人やすでに退院した人は通院によってリハビリを継続できます。院内のリハビリテーション技術部のなかに理学療法科があり、体操やマッサージ、電気刺激、温熱などのさまざまな方法を用いています。通院によるリハビリは最大3か月です。

  • 訪問によるリハビリも行っている
  • 愛仁リハビリテーション病院は訪問によるリハビリサービスも提供しています。入院をする必要はないが、外出が困難な人に向けたサービスです。訪問サービスでも理学療法士や作業療法士など、ふさわしい人材が患者を訪問します。介護の相談もできるので、家族としても助かるでしょう。

    愛仁リハビリテーション病院訪問サービスを利用するには住んでいるエリアなど、いくつかの条件をクリアする必要があります。介護認定を受けている必要もあるので、医師やケアマネジャーに相談するといいでしょう。

市立豊中病院

市立豊中病院公式HP
*画像引用元:市立豊中病院公式HP
https://www.chp.toyonaka.osaka.jp/index.html

  • ■病院名
    市立豊中病院
  • ■所在地
    〒560-8565 大阪府豊中市柴原町4-14-1
  • ■時間:9:00~17:00
  • ■定休日:土曜日、日曜日、祝祭日
  • 電話番号:06-6843-0101
  • ■サイトURL https://www.chp.toyonaka.osaka.jp/index.html

市立豊中病院の特徴

  • 医療スタッフが無理のないプログラムを作成
  • 市立豊中病院のリハビリテーション科では、入院と外来のそれぞれの患者がリハビリを受けています。在籍する医師は日本整形外科学会や日本内科学会の専門医として認定されれている医師です。動作解析装置や低周波刺激装置をはじめとするさまざまな機器を利用して、検査や治療を行っています。

    リハビリテーション科のなかにあるのが心臓リハビリテーション外来です。いわゆる心リハ専門スタッフが患者のサポートに務めています。リハビリテーション科が大事にしているのは、患者のペースに合わせたリハビリプログラムです。

    回復を急ぎ過ぎると患者が動作に不安を感じるかもしれません。患者が安心してリハビリに取り組めるように、市立豊中病院のスタッフがふさわしくペース配分しています。

  • 集団講義で病気の再発を防げる
  • 市立豊中病院でリハビリを受けるメリットのひとつは、集団講義を受けられることです。月2回の集団講義が予定されています。1回は医師か薬剤師、理学療法士が行なう講義です。もう1回は看護師や管理栄養士が講義を行います。

    心臓の病気に関する説明を専門家から聞くことができる集団講義。生活するうえで注意するべきポイントについても聞けるでしょう。家族と一緒に参加することもできるので、家族として快適で健やかな生活を目指せます。

福岡

福岡県済生会二日市病院

福岡県済生会二日市病院公式HP
*画像引用元:福岡県済生会二日市病院公式HP
http://www.saiseikai-futsukaichi.org/

  • ■病院名
    福岡県済生会二日市病院
  • ■所在地
    〒818-8516 福岡県筑紫野市湯町3-13-1
  • ■時間
    平日9:00~12:30、13:30~17:00
    土曜日9:00~12:30
  • ■定休日:日曜日、祝祭日
  • 電話番号:092-923-1551
  • ■サイトURL http://www.saiseikai-futsukaichi.org/

福岡県済生会二日市病院の特徴

  • 専門スタッフが在籍している
  • 福岡県済生会二日市病院ではリハビリテーションセンターを設けてリハビリが必要な患者の対応を行っています。2018年度にリハビリを受けた人の数は3,327人でした。心疾患以外にも脳血管疾患や呼吸器疾患、運動器疾患が原因でリハビリを行う人がいました。

    福岡県済生会二日市病院のリハビリテーションセンターには、1名の医師や何名もの理学療法士や作業療法士、言語聴覚療法士がいます。そのなかには心臓リハビリテーション指導士もいて、心疾患の治療でリハビリを受ける際も安心です。普段の生活をするうえで不安になることがあれば、気軽に相談できるでしょう。

  • 心疾患患者対象のリハビリを受けられる
  • リハビリは患者の患う病気によって注意点が異なります。心筋梗塞や狭心症を患う人の場合、一番適しているのは心臓リハビリテーションです。手術を受けたあとに体力をアップできるようにトレーニングを受けられます。また、活動範囲を広げるのもリハビリの目的のひとつです。

    心臓リハビリテーションで大事なのは、病気の再発防止でしょう。リハビリを続けることで、症状が悪化するのを回避できる可能性が高くなります。

    リハビリから効果を得るためには、有酸素運動や筋トレなどをうまく組み合わせたリハビリを計画的に行わなければなりません。心臓リハビリテーションで、心筋梗塞や狭心症の治療や回復に特化したリハビリを受けられます。

ふくだ内科

ふくだ内科公式HP
*画像引用元:ふくだ内科公式HP
http://fukuda-c.com/

  • ■病院名
    ふくだ内科
  • ■所在地
    〒811-1362 福岡県福岡市南区長住2-1-11
  • ■時間
    月~水・金曜日8:30~13:00、14:00~17:30
    木・土曜日9:00~13:00
  • ■定休日:日曜日、祝祭日
  • 電話番号:092-552-1122
  • ■サイトURLhttp://fukuda-c.com/

ふくだ内科の特徴

  • 楽しくリハビリをできる
  • ふくだ内科は循環器科や糖尿病科の診察を行っています。心筋梗塞や狭心症のリハビリもふくだ内科が提供している医療サービスのひとつです。ふくだ内科が目指しているのは、患者が楽しみながらリハビリを続けることです。スタッフとの会話を楽しみながら、少しずつ回復に向けてリハビリを続けられます。

    リハビリ前やリハビリ中に疑問点を解消することも大切です。医師や看護師、そのほかのスタッフに疑問点を何でも尋ねてみてください。患者の質問に丁寧に応えてくれるでしょう。

    ふくだ内科のリハビリは1回1時間程度です。準備運動やストレッチ、運動など、いろいろな方法で体を動かします。心臓病で気をつけたい食事のポイントや病気との付き合い方なども学ぶことができます。総合的なサポートを受けられるので、効率的に体を動かせるようになるでしょう。

 

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE