心筋梗塞のリハビリで行われる運動

心臓リハビリテーションにおける運動の重要性と注意点
心筋梗塞発症後には、運動療法を中心としたリハビリがスタートします。急性期治療の数日後には、病状にあわせて歩行トレーニングが開始。順調に進めば、回復期の運動療法が始まり、退院後には維持期のリハビリが生涯にわたって続きます。リハビリでの運動の役割と効果は多面的であり、運動をしなければ心筋梗塞再発のリスクを高める場合もあるのです。ここでは、心筋梗塞後のリハビリにおける、運動の重要性や注意点などについて紹介します。
→心筋梗塞後の運動するときの注意点をチェック

リハビリにおける運動の役割

心臓リハビリテーションに運動療法を取り入れると、運動能力が高まることから、日常生活を満足に送れるようになるでしょう。リハビリが心筋梗塞の再発を予防になるため、突然死を減らす効果も期待可能です。また、心筋梗塞の危険因子となる疾患を予防することもできます。

運動能力の増加で社会復帰がスムーズ

運動療法を始めると、治療や入院により低下していた運動能力が増加していきます。リハビリの目的のひとつは、快適な生活を送れるようになること。その中には、社会復帰も含まれます。社会復帰をスムーズにするためにも、運動療法は大いに役立つのです。退院後には、自宅でも運動療法を続けていくのですが、どの程度までの運動が適切か決めるのにも、入院中の運動療法が役立ちます。退院後に、元の生活に戻っていけるのは、運動療法の効果あってのことなのです。

心筋梗塞の再発を予防

心筋梗塞の再発を予防するためにも、運動療法は欠かせません。運動は、心筋梗塞の原因となる、動脈硬化の進行を食い止めてくれるからです。総コレステロールの減少や善玉コレステロールの増加、肥満の改善などは、食事療法だけでは上手くいかないもの。運動療法と食事療法を両立させることによって、理想的な心臓リハビリテーションの効果が出てきます。運動が心臓病による突然死の確率を低下させることもわかっており、頼りになる運動療法なのです。

運動による効果

心臓リハビリテーションにおける運動の効果は、多面的です。まず単純に体を楽に動かせるようになり、生活しやすくなります。さらに体力が増加して健康的になってくるため、心筋梗塞再発の予防や各種症状の軽減にもつながるのです。

楽に体を動かせる快適な生活

心筋梗塞発症直後は、心臓の働きが低下しているのと同時に、数日間安静に過ごすことから体力も低下するもの。そのまま寝たきりでいれば、ますます体を動かせなくなってしまいます。そこで始まるのが、急性期のリハビリです。歩行トレーニングから始めて、徐々に体を動かせるようになると、発症直後にはできなかったことが楽にできるようになってきます。社会復帰のためには、少しでも体を動かせる体力を増やすことが大切です。

心臓病の症状を軽減

心筋梗塞の治療を受けた後に不健康な生活をしていると、再発のリスクが高まってきます。狭心症や心不全の症状が出てくる可能性もあるため、対策が必要です。運動は、体力を増すのと同時に、心臓病の危険因子を低減させる効果も持っています。心臓病の症状が軽減されることで、治療や社会復帰に向けての自信も高まるでしょう。健康的に生活できるうえに、精神的にも不安が解消し、毎日を安心して楽しめるのも運動の効果です。

リハビリで重要なのは運動強度

心臓リハビリテーションで運動療法を行うときには、運動処方が決められます。運動の強度や種類、頻度、時間などを決めて、最適な効果を目指すためです。中でも重要な運動の強度は、弱いと効果を得られず、強過ぎてもリスクになります。

最適な運動強度とは

運動強度は、病院でのリハビリ時に処方されます。基本的な考え方としては、自分の最大の運動能力に対して40~60%の強度で運動することです。運動の効果は、運動強度が強いほど大きくなりますが、アスリートのように最大の運動強度で運動すれば、確実に体に負担がかかります。骨折や腰痛などの傷害のリスクも、高まるのです。もちろん、心臓への負担も増加してしまいます。心臓リハビリテーションはあくまで健康を維持するためのもので、記録を達成したり、伸ばしたりすることが目的ではないことを忘れないようにしましょう。

運動強度の目安

最大の運動能力の40~60%がリハビリの運動強度に最適といっても、ピンとこないかもしれません。運動強度の目安となるのは、心拍数や自覚症状。運動負荷試験の結果に基づいて決められるのが、トレーニング心拍数です。目指す数値がわかると、運動もしやすくなります。もうひとつの目安となる自覚症状は、ややきつい、軽く息がはずむ、軽く汗をかくといった症状を感じるときが最適です。個人差もあるため、主治医との相談し、自分にあわせた運動になるように調整していきましょう。

運動時の注意点

運動療法では、注意すべきポイントもあります。運動を始めて効果を感じてくると、つい注意点がおろそかになりがちです。最大の効果を得るためにも、運動療法の注意点をあらかじめ把握し、継続するように心がけましょう。

安全に無理せず行う

安全を心がけて、運動療法を進めることは重要です。安全に運動するために重要なのは、無理をしないこと。疲れているのに休まなかったり、異常を感じても我慢して頑張ったりしてしまうのは逆効果です。過剰な運動は、健康に有害にもなる場合も。病院で指示された、適切な運動の強度や時間を守ることで、十分な効果が期待できます。楽しんで運動できる程度が、無理なく体を動かせる範囲でもあるはずです。やり過ぎないように、自分を制することも念頭におきましょう。

食事療法と共に長く継続する

運動療法は、食事療法と組み合わせることによって、最大の効果へとつなげることが可能です。せっかく運動療法を行っていても、食事療法や禁煙をしないことで、運動が無駄になってしまうこともあります。運動療法と食事療法は、無理し過ぎず、長く続けることが大切です。コツコツ継続することによって、体力が増して心筋梗塞の再発リスクを予防することが期待できます。生涯にわたって運動を続けるために、無理なく、自然な形で生活に取り入れていきましょう。

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?