心筋梗塞・狭心症を予防するためのサイト » 心筋梗塞リハビリテーションの基礎知識

心筋梗塞のリハビリ

心筋梗塞〜患者さんとそのご家族のために〜

心臓病と言われるものの中には、「狭心症」と「心筋梗塞」とがあり、「虚血性心疾患」とも言われています。

狭心症とは、動脈が硬化してしまい、その症状が進行し、心臓の血管における内腔が狭くなってしまうという状態です。そのため体内の血行が悪くなってしまっています。心臓を動かすために必要な血液まで不足してしまうため、「心筋虚血」になります。つまり動脈硬化によって冠動脈の血流が悪くなり、心臓の筋肉に充分な血液が行き渡らなくなってしまうのです。そのため症状としては動悸や息切れ、胸を圧迫されるような痛みなどを自覚するようになります。痛みは激痛まではいかず、数分以内におさまります。胸を手でおさえて、呼吸を落ち着かせたり、痛みが気になって動作を止めるというような状態になることが多いです。

狭心症からさらに動脈硬化が進行すると心筋梗塞となります。しかし、狭心症の症状がないのに、心臓の血管が血栓(血の塊)で塞がれて心筋梗塞を発症するケースもあるのです。

血栓ができて血管が詰まると血流が途絶えます。そして心臓の筋肉や組織が壊死(細胞が壊れる)し、機能しなくなってしまいます。心筋梗塞を発症すると動悸、息切れ、胸の激痛、呼吸困難、不整脈、吐き気、冷汗、顔面蒼白などの症状がみられます。胸の痛みは長く続き、20分から数時間続くこともあります。

動脈硬化が原因

動脈硬化症とは、本来しなやかであるはずの動脈が硬くなることを言います。動脈が硬化することで、血液の循環が悪くなり、心臓に負担がかかってしまいます。

動脈が硬化すると血管も弱くなっていき、コレステロールなどが溜まってコブのようなものができてしまします。それが血管内部を狭くしてしまう原因です。また、このコブが剥がれて血液の中を浮遊してさらに細い血管に詰まってしまったりします。

動脈硬化症が進行すると、さらに血管の内腔が狭くなり、心臓への負担が増していきます。そのため、高血圧、心不全、心肥大などの心疾患の原因となったり、血管が狭くなったり詰まることで狭心症や心筋梗塞などを引き起こすのです。

血管が破裂してしまうと、くも膜下出血など脳出血の危険性もまります。つまり動脈硬化症は、危険な病気へと発展する可能性のある危険な症状なのです。

心筋梗塞の再発予防に役立つリハビリで体力と気力を増加

心筋梗塞を発症すると、体力が著しく低下して、もとの生活を取り戻すのにも時間がかかります。そんなとき頼りになるのが、リハビリテーション(以下、リハビリ)です。社会復帰できる体力や気力をつけ、心筋梗塞の再発予防にもなるといわれています。心筋梗塞の再発予防に、リハビリがどのような意味を持っているか見ていきましょう。

心臓リハビリテーションとは

心臓病を発症した後に行うリハビリが、心臓リハビリテーションです。心筋梗塞後には心臓の働きが低下し、体を動かして調節する機能も低下してしまいます。リハビリをすることで、安全に体力を回復しながら、自信を持つこともできます。

心臓リハビリテーションの目的

心筋梗塞には、再発の可能性もあります。心筋梗塞の原因は、心臓の表面を走っている冠動脈の動脈硬化。原因となる動脈硬化の進行を防ぐには、食事療法や生活習慣の改善と運動療法が有効です。リハビリというと、運動療法のみのイメージを持たれがちですが、心臓リハビリテーションでは運動療法だけでなく食事や生活習慣の改善指導も受けます。これは快適で質のよい生活を取り戻し、社会復帰をして、気持ちよく過ごすことが目的となるためです。

心臓リハビリテーションの効果

心臓リハビリテーションの具体的な効果は、複数あります。まず、運動能力が増加することによって、歩行が楽になります。狭心症や心不全など、心疾患症状が軽減されるのも効果のひとつです。また、血管内皮機能や自律神経が働きやすくなり、血栓を予防できるため、動脈硬化の危険因子を低減させることにもつながります。その結果、心筋梗塞の再発や突然死のリスクが減り、死亡率が低下すると考えられているのです。さらには、不安やうつから解放されて、社会生活を送りやすくもなります。

「心臓リハビリテーションでQOLが変わる!」と言われても…

QOL…Quality of life

「生活の質」、「生き方の質」のように訳されます。

身体的にも精神的にも苦痛がなく、社会的な活動や趣味などの生きがいを持って、充足感を持っていきていけることです。

心臓リハビリテーションは運動療法を中心として行われることが多いです。体を動かすことで体力の向上、筋肉が鍛えられる、血行が良くなるなど、多くのメリットがあります。また、食習慣とともに運動習慣を意識することで、生活習慣の根本的な改善へとつながります。

しかし、運動療法のみではなく、さまざまな観点からリハビリテーションとして必要なプログラムを総合的に実践したことで、QOLの改善効果があったというケースも報告されています。具体的には運動療法に加えて、ストレスや不安などの精神的なケアを組み合わせたプログラムによる効果も実際に報告されているようですが、まだ充分な根拠が得られておらず、研究の途上にあるといえます。

このように、深刻なのは身体的な負担だけではなく、精神的にも大きな負担を抱えてしまうということです。心臓病や脳卒中などの循環器系疾患罹患をすると、うつ病を発症する人が15%〜23%と言われています。そして心筋梗塞後や冠動脈バイパス術後にうつ病を発症すると生存率は悪化していることが複数の研究結果からわかっています

参考文献

「リハビリをしなくてはいけない」「リハビリをすることでQOL、つまり生活の質が向上する」と言われても、気持ちがついていかない。そんな状況にある患者さんもいらっしゃいます。

心筋梗塞は突然発症し、生死を彷徨うような状況に陥ることもあります。治療に関することや今後の生活などに関しても、患者さんは失望感や不安、苛立ち、自責の念など、さまざまな思いが交錯し、大きな心理的負担を抱えることになります。心筋梗塞後のリハビリには、精神的なケアが必要不可欠なのです。

また、特に女性は心臓リハビリテーションの参加率が低く、心筋梗塞後にも、女性のほうがうつ病になる人が多いという結果が出ています。そのため、重症化して罹患期間も長くなってしまいます。そのため、女性の心と体のことを考えたリハビリのプログラムを考えていく必要があるといわれています。

参考文献

心もつらくなってしまったら

心筋梗塞に罹患したことが原因となって、うつ病を発症することもありますが、心筋梗塞の原因の一つとしても、ストレスやうつが挙げられています。つまりストレスやうつが原因で心筋梗塞になってしまう人もいるということです。

そのため、医療機関でも心筋梗塞罹患者に対して、初期段階での問診から、精神的な関連性がないか留意することが求められています。問診では、どんな些細なことでも身体的なことだけではなく、精神的なことに関しても正直に、医師に伝えてください。つらい気持ちや不安など、いつ頃からどのような状態であったかを伝えることで、リハビリや投薬の内容が変わってくる可能性もあります。

リハビリの効果を充分に発揮するためには、目に見えない「心」の治療も必要なのです。つらい気持ちや不安を隠さずに、蓋をせずに。まずはそこから、リハビリが始まります。

リハビリの流れ

リハビリは、急性心筋梗塞で入院し、集中治療室で急性期治療を受けた後に始まります。4日目頃に歩行試験を受け、合格なら急性期のリハビリがスタート。退院後は回復期リハビリが始まり、維持期のリハビリへと引き継がれます。

リハビリは医師が患者さんの予後を見ながら離床プログラム、運動療法、服薬指導、食事指導、病気についてや生活習慣などの知識、カウンセリングなどを段階を経ながら総合的に進めていきます。内容など、さまざまな面での個人差がありますので、一般的な目安としての内容をご紹介します。

初期のリハビリ

初期のリハビリは、集中治療室での治療後、4日目頃に200m歩行試験を受けてから始まります。試験に合格すれば、病棟の廊下などで歩行練習が行われるのです。ここまでが、急性期リハビリと呼ばれる、初期のリハビリ。元気なときは簡単に思える廊下の歩行が、心筋梗塞発症直後には、難しくなってしまいます。その後の歩行テストで安全が確認されれば、カウンセリングで今後のリハビリの説明を受け、回復期の心臓リハビリテーションに進むという流れです。

退院後のリハビリ

退院後のリハビリは、回復期リハビリにあたります。回復期には退院前と退院後が含まれ、退院前には病院内で医療スタッフの監視のもとに運動トレーニングが中心です。退院前には運動負荷試験や血液検査を受けて、カウンセリングにて退院後のリハビリ指導をしてもらいます。退院後の回復期リハビリは、数ヶ月間です。外来通院リハビリとして、週に1~3回の運動療法を行いますが、自宅でも運動療法は欠かせません。自宅では、食事や生活習慣などのリハビリも行います。

リハビリの注意点

心臓リハビリテーションに欠かせない運動療法は、効果的に、なおかつ安全に行うことが大切です。病院内では医療スタッフが立ち会って、不整脈やめまいなどの症状が起こらないよう備えています。自宅でのリハビリ前にも、入念な指導が行われるのも同様の理由です。

運動療法は適切な方法で行う

運動療法を行う前には、一人ひとりに最適な運動処方を決定します。運動の種類、強さ、時間、頻度を指定してもらうのです。これをもとに、体調や環境条件にも十分に配慮します。体調が悪いときや天候不順のときには、休みましょう。前日の疲れが残っているときや、息苦しさや動悸、めまいなどがあるときも、無理をしてはいけません。暑い日には、しっかり水分補給、逆に寒い日には防寒することも大切です。運動前には準備体操、運動後には整理体操をしてください。
→心筋梗塞後の運動するときの注意点をチェック

食事にも注意する

リハビリの内容は、運動療法だけではありません。食事療法や生活習慣の改善、禁煙なども、リハビリの一環です。食事は、毎日誰もが習慣的に行うこと。その内容によって、体調をよくも悪くもします。入院している間は栄養士が食事内容を管理してくれますが、退院後は自宅で減塩やカロリー、栄養のバランスに注意することが必要です。例えば、循環器病専門の病院で入院患者に提供している、塩分が1食2グラム程度、1日合計6グラム未満の食事が目安となるでしょう。

リハビリの中止基準について

運動療法のリハビリをしているときには、体調に異変が起こるときがあります。少しでも異変を感じたら、リハビリを中止、あるいはいったん様子を見てから再開という選択をすることも必要です。これをリハビリの中止基準といいます。

リハビリの中止基準とは?

リハビリを途中で中止すべきケースをリハビリの中止基準といいます。例えば、脈拍が140/分を超えた場合です。30回/分以上と呼吸の頻度が上がり、息切れする場合も中止基準に該当します。徐脈が出現した場合、不整脈が増えた場合なども、リハビリは中止すべきでしょう。運動時の収縮期血圧が40mmHg以上、あるいは拡張期血圧が20mmHg以上の上昇となったときも同様です。意識状態の悪化、呼吸困難、めまい、吐き気、頭痛、狭心痛、強度の疲労感も中止基準となるため注意しましょう。

不整脈には注意

リ心室細動と呼ばれる不整脈は、心筋梗塞後に起こりやすいといわれています。心室細動は、心臓の血液を全身に送っている心室が震えて細動し、血液を送り出せなくなる状態のこと。体の重要な臓器にも血液が行き届かなくなり、やがては心臓が完全に停止してしまいます。また、不整脈は血管攣縮によっても起こるので注意が必要です。血管攣縮は突発的血管がけいれんする現象で、心臓で起こると心筋梗塞にもつながるといわれています。
→不整脈についての詳しい情報をチェック

リハビリで行う運動

リハビリでは、運動療法が中心に行われます。運動をすると運動能力が鍛えられて、日常の生活が楽になるためです。また、心筋梗塞の再発予防にもなり、心筋梗塞の危険因子である動脈硬化の低減にもつながります。

具体的な運動の目安

心筋梗塞発症直後は心臓の働きが低下し、数日間安静に過ごしていることで体力が落ちてしまいます。寝たきりでいれば、ますます体を動かせなくなるため、急性期のリハビリが必要となるのです。歩行トレーニングから始め、回復期には社会復帰を目指して自転車こぎや体操などの運動も取り入れられます。リハビリの運動強度の目安として、心拍数や自覚症状に注意することが大切です。ややきつい、軽く息がはずむ、軽く汗をかくといった症状のときが最適な運動の目安になります。

運動強度

病院でリハビリをしているときに定められるのが、運動処方です。中でも、運動強度は、どのくらいの強度で運動をすればよいかの目安となります。基本的な考え方は、自分の最大運動能力の40~60%の強度で運動すること。運動の効果は、運動強度が強いほど高いです。しかし、運動選手のように最大の運動強度のトレーニングでは、体への負担も大きくなってしまいます。骨折や腰痛などのリスクも高まり、心臓への負担も増加するでしょう。心臓リハビリテーションの目的は、健康を維持することだと忘れてはいけません。

運動療法の種類

準備運動

ストレッチを行い、筋肉をほぐし、関節の可動域も広げておきます。血液循環を促して、次のステップへと徐々に運動強度を強めていくために備えます。

有酸素運動、レクリエーション運動

ウォーキング、ランニング、サイクリング、スイミングなどの有酸素運動を20分〜60分間行います。運動強度はこれまでの体力や運動習慣、年齢、予後の状態などによって、無理なくおこなっていきます。有酸素運動の後に、レクリエーション運動を入れて楽しみながら継続できるようにする場合もあります。

レジスタンス運動

レジスタンス運動とは、筋肉に負荷をかける動作を繰り返し行う運動で、いわゆる筋力トレーニングのことです。下半身と上半身の筋肉を鍛えます。回数は一つの動作を8回〜15回を1〜3セット繰り返すことが「心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン」で推奨されています。

どの程度の運動が良いか、種類や時間、強度などの確認と運動を中止したほうが良い場合などを主治医からのアドバイスを守りながら、無理なくおこないましょう。リハビリ、と構えるのではなく、「健康のためにスポーツをする」という気持ちで、楽しんでください。それが継続の秘訣です。体調や天気が良くないときは無理する必要はありません。

リハビリ期間はどれくらい?

心臓リハビリテーションの期間は、急性期・回復期・維持期と3つに区分されています。急性期と回復期には、大体の目安の期間が設定されていますが、維持期には限定された期間がありません。維持期は生涯にわたるリハビリのため、心臓リハビリテーションには長期的な展望が必要です。

急性期・回復期・維持期の3つの期間

心臓リハビリテーションは、急性期・回復期・維持期に分かれてリハビリが進められます。急性期は、心筋梗塞発症から集中治療を経た後の1~2週間。回復期は、それに続く2~3ヶ月です。回復期には入院中と退院してからのリハビリが含まれ、退院後には通院リハビリと在宅リハビリが行われます。回復期のリハビリを終えると、ほぼ完全に在宅でのリハビリがスタートする維持期となります。維持期は生涯にわたって続くリハビリ期間で、専門施設に通いながらのリハビリも可能です。

医療保険が使える5ヶ月間

回復期も含めて、維持期には、医療保険を用いての通院リハビリが可能です。ただし、医療保険を使えるのは、心筋梗塞と診断されてから5ヶ月間まで。期間が限定されているため、いずれは在宅か介護施設に入院・入所しての維持期リハビリをすることになります。しかし、維持期リハビリには、終わりがありません。心筋梗塞の再発予防も兼ねているためであり、生活の質の向上や機能改善のためにも、長期的な視野でリハビリを続けることが大切です。

急性期のリハビリ

急性期のリハビリは、集中治療室での治療後、数日経ってから開始します。早い段階から体を動かし始めることによって、寝たきりによる体力や気力の低下を防ぐことが目的です。回復期を目指すものの、体力の増加を積極的に目指すものではありません。

急性期とは

急性期は、心筋梗塞を発症してから1~2週間を指します。集中治療室での急性治療を終えて間もない時期ですが、数日後には歩行テストが行われ、歩行訓練がスタートする時期でもあります。病気や治療によって体力が著しく低下しているため、ベッドで安静にばかりしていては、さらに体力や気力が低下してしまいます。そこで、洗面やトイレなどの簡単な日常の動作や歩行トレーニングから開始し、寝たきりでの体力低下を防ぐのが目的です。

急性期のリハビリの内容

急性期は、心筋梗塞の発症によって入院して間もない時期です。集中治療後には、顔を洗ったり、トイレに行ったり、シャワーを浴びたりといった日常的な動作すら難しくなっていることがほとんど。そこでこれらの日常動作を完全にこなせるようになることが急性期リハビリの目標です。段階的に活動量を増加し、心臓機能評価のテストを経て、回復期へと向かいます。生活指導や禁煙指導を受けることも、リハビリの一環です。

回復期のリハビリ

回復期のリハビリは、入院中と退院してからの2~3ヶ月が対象です。歩行訓練より進んだ運動療法が取り入れられるため、目覚ましく体力が回復する期間であり、社会復帰に向けての座学も行われます。多方面から学ぶのが、回復期のリハビリです。

回復期とは

回復期は、急性期を終えてから、次に進んだ段階のこと。心筋梗塞で入院した後、1~2週間後から3ヶ月間くらいの期間のことで、回復期には快適な社会復帰が目標となります。次の段階である維持期リハビリに向けて、多くの心臓リハビリテーション方法を学ぶのも特徴です。回復期のリハビリは、入院中の前期と退院してからの後期に分けられます。退院してからは、週に1~3回ほどの通院リハビリをすることになり、在宅でのリハビリも行うことで維持期の準備ができるのです。

回復期のリハビリの内容

回復期のリハビリは、入院期間が短い場合はリハビリ入門や心臓機能評価の指導が中心となります。リハビリの内容は、運動療法や座学です。運動療法では自転車こぎや体操などが始まり、体力が一気に回復してくる期間。退院後は、通院でのリハビリを週1~3回行い、毎日の在宅でのリハビリも続けます。その際には、病院で定められた運動処方を守ることや、病院で学んだ食事法を心がけることも重要です。回復期のリハビリでは心筋梗塞再発予防のための知識も学びます。

維持期のリハビリ

維持期のリハビリは、回復期後から生涯にわたって続けることが大切です。主に在宅でのリハビリとなるため、適切なリハビリ方法を守ったり、意欲を持ち続けたりすること、周囲の協力なども不可欠となります。維持期のリハビリの内容について確認しておきましょう。

維持期とは

維持期は、回復期の2~3ヶ月を経て、在宅リハビリに入ってからの期間です。生活期とも呼ばれる維持期は、生涯にわたって続くのが特徴です。在宅での日常生活もリハビリであり、人によっては各種施設に通所・通院などをしてリハビリを行います。介護施設内でリハビリを受けるケースもあるでしょう。生活の質を向上させるため、社会復帰をするため、身体機能をより改善するために、長期的な展望でリハビリを続けていくのが、維持期です。

維持期のリハビリの内容

維持期のリハビリの内容は、日常生活全般が対象になります。起床や就寝、起立や着席、階段の登り下り、入浴やトイレでの動作、歯磨きや食事など、毎日のように繰り返している動作がリハビリになるのです。料理が可能な程度の症状の人もいますし、趣味がリハビリになることもあります。また、リハビリを行ううえでは不整脈に注意することが大切です。維持期でも不整脈は起こりやすいため、血管攣縮への対応も行っていきましょう。

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?