心筋梗塞における薬物療法

何らかの原因で血管が収縮する血管攣縮が起こると、心臓に酸素が供給されないことから狭心症が引き起こされます。そしてこの症状を繰り返すと、心筋梗塞に発展する恐れがあります。

血管攣縮を予防するには薬物を用いた対症療法が主です。こちらでは血管攣縮を予防するための薬物療法について紹介します。

使用される薬

硝酸薬

硝酸薬は、収縮した血管を拡張させて血流を改善し、心臓への酸素供給を確保する薬です。投薬することでNO(一酸化窒素)が産生され、グアニル酸シクラーゼと結合しその機能を活性化させます。この働きにより、cGMP(環状グアノシン一リン酸)が血中に増加し、血管を弛緩させて拡張することができるのです。

また体内で酸性されたNOは、血管攣縮を引き起こすとされるRhoキナーゼの働きを抑制し、血管の平滑筋を弛緩させる作用もあります。

カルシウム拮抗薬

血管が収縮する運動は、カルシウムが血管の平滑筋に作用し起こるもの。血管攣縮を発症してしまうのもカルシウムによる作用とされ、その働きを阻害するためにカルシウム拮抗薬が使用される場合があります。詳しい仕組みとしては、カルシウムイオンを受け入れるカルシウムチャネルの働きを抑え、血管が収縮するのを防ぐというものです。

カルシウム拮抗薬には、冠動脈に作用するものや末梢血管に働きかけて血圧を下げるもののほか、心臓の働きを抑制して血圧を下げるものなどがあります。

ニコランジル

硝酸薬と同様に体内でNOを産生させるほか、血管の平滑筋に働きかけて弛緩させる作用も持つものです。血管平滑筋は、カリウムの働きにより弛緩します。これによってカリウムを受け入れるカリウムチャネルの働きを促進し、カリウムを取り込みやすくするのです。その他、カルシウムの流入を抑制する効果も期待されます。

このようなNOによる作用とカリウムの取り込み作用により、狭心症・心筋梗塞の予防や改善が可能です。また、心機能への影響も少ないことから低血圧の人にも投与できます。

β遮断薬

血管攣縮により心臓への酸素供給が不十分になった状態で心拍数が上がると、さらに酸素が足りない状態となり、狭心症などの発作を起こします。その場合、心臓の機能を一時的に抑制して血圧や心拍数を下げ、酸素消費を軽減させることが必要です。心臓の拍動にはβ1受容体が深く関係しており、このβ1受容体の働きを阻害することで心臓機能を緩やかにするのです。

β遮断薬の種類は、β1受容体に優先的に働くものと、気管支拡張に関連するβ2受容体にも作用するものなどがあります。

服用時の注意点

副作用が起こることも

今回紹介した薬には、それぞれ副作用が起こることもあります。副作用が出現した場合は、速やかに医療機関を受診することが大切です。薬ごとの副作用と注意点について見ていきましょう。

硝酸薬
副作用
  • めまい
  • 動悸
  • 急激な血圧の低下(発作時に投与する薬)
  • 頭痛
注意点
  • 耐性がつきやすいため、時間を置いて服用する
  • 発作が起きやすい時間帯にに合わせた服用時刻、量を守る
カルシウム拮抗薬
副作用
  • めまい
  • 頭痛
  • 眠気
  • むくみ
  • ほてり
  • グレープフルーツとの併用による急激な血圧低下
注意点
  • 長期間投与の中止による症状悪化が稀にある
ニコランジル
副作用
  • めまい
  • 頭痛
  • 急激な血圧低下
  • 肝機能障害(だるさ、発熱、黄疸など)
注意点
  • ホスホジエステラーゼ5阻害薬、リオシグアクトとの併用は禁忌
β遮断薬
副作用
  • めまい
  • 不眠
  • 眠気
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • うっ血性心不全
  • 呼吸困難(β2受容体に作用する薬)

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?