心筋梗塞の予防に食物繊維は効果がある?

便秘や腸内環境に役立つと言われることが多い食物繊維は、心筋梗塞の予防にも有用です。食物繊維の種類や、実際に食物繊維が体内でどんな働きをするのかを見ていきましょう。

食物繊維の働き

高血圧の予防

塩分を摂りすぎると、血圧が上がってしまいます。これは、血液中の塩分濃度が上がるのを抑えようとして体の中の水分が増え、血液量が多くなってしまうためです。そこでナトリウム(塩分)の吸収を抑えてくれるのが、食物繊維です。

食物繊維にもいくつかの種類がありますが、なかでも特に効果的なのが水溶性食物繊維のアルギン酸。体内に取り込まれたアルギン酸は、ナトリウムを排出するだけでなく、カリウムも放出します。カリウムには血圧を下げる働きもあり、心筋梗塞を予防したい方、高血圧の方にとっては非常に有用な成分です。

コレステロール値の低下

食物繊維は、便の量を増やすことで便秘に役立つ成分です。体内に取り込まれた食物繊維は、便になるときにコレステロールを吸着して、一緒に体外へ排出してくれます。この働きによって、コレステロール値を下げることができるのです。

さらに食物繊維には、コレステロールを使って作られる胆汁酸を吸収する働きもあります。体は減少した胆汁酸を増やそうとするため、結果として体内のコレステロールの減少につながるでしょう。コレステロール値を下げるために特におすすめなのは、キノコに含まれる食物繊維です。

食物繊維の種類

水溶性食物繊維

食物繊維のうち、水に溶けるものを水溶性食物繊維と呼びます。血液の中のコレステロールやナトリウムの吸収を防ぐ働きがあり、高血圧やコレステロール値を下げるのにも効果的です。また、食後の血糖値の上昇をゆるやかにするため、糖尿病対策にもなります。

水溶性食物繊維で代表的なものは、果物に含まれるペクチンや海藻類に含まれるアルギン酸やペクチンなどです。日々の食事に上手に取り入れて、食物繊維を摂っていきましょう。

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は、水に溶けにくい食物繊維のこと。水分を含むと膨らむため、便の量を増やして便秘を解消するのに役立つ成分です。

この不溶性食物繊維は穀物や豆、いも、根菜、キノコなどに多く含まれます。ゴボウや干しシイタケなど、繊維質で細い糸のような見た目の食べ物に含まれていることが特徴です。これらの食べ物には、高血圧予防になるカリウムや、動脈硬化予防に効果的なビタミン類も含まれており、便秘だけでなく、心臓疾患の予防にも有用と言えるでしょう。

食物繊維の効果的な摂り方

摂取目標は18g

食物繊維の1日あたりの目標摂取量は、18グラムです。少ないようにも感じますが、意識して摂るようにしなければなかなか18グラムを達成することはできません。そのため毎日の食事で、意識して食物繊維を含むメニューを組み込むことが大切です。

食物繊維は白米よりも玄米に多く、食パンよりもライ麦パンや全粒粉パンに多く含まれています。これらの食材に切り変えることで、自然と食物繊維の摂取量を増やすことができるでしょう。また納豆やお豆腐、枝豆などの豆類を積極的に食事に取り入れることもおすすめです。

そのほか、ひじきや切干大根など、昔ながらの和食には食物繊維が多く含まれています。食物繊維を摂りたい方は、和食中心の食事を意識するようにしましょう。

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?