心筋梗塞の予防とコレステロールの関係

コレステロールが高いと、心筋梗塞のリスクが上昇することはご存知でしょうか。コレステロールと心臓疾患の関係性や、コレステロールを健康的に下げるために知っておきたいポイントについてご説明します。

脂質の働き

脂質は体に必要な成分

コレステロールは、油脂やオレイン酸などと同じ脂質の一種です。脂質は、肥満や不健康の原因になると思われてしまうこともありますが、それと同時に、人間の健康を維持するために必要な栄養素でもあります。脂質は高いエネルギー価を持っており、脂溶性ビタミンを吸収するのにも役立つ成分です。

またオレイン酸には悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす働きがあり、心臓疾患の予防になります。そのため、脂質が一概に悪い成分とはいえないでしょう。

脂質の過剰摂取は動脈硬化の原因

動物性食品に含まれる飽和脂肪酸を摂り過ぎると、悪玉コレステロールが増えて動脈硬化の原因になります。悪玉コレステロールが血管の中に入り込むと、内膜に沈着して塊状になってしまうのです。さらに、脂質を摂り過ぎると血液中の中性脂肪も増加します。そうなれば、悪玉コレステロールが増えたり内臓脂肪として蓄積されたりすることになるでしょう。

洋食には多くの飽和脂肪酸が含まれています。食生活が欧米化するに従って、脂質を摂り過ぎる人が増えているのはこのためです。肉を食べるときは脂身を取り除き、肉のゆで汁は捨てるようにしてください。また、ササミや豚のひれ肉は比較的脂質の少ない部位。動脈硬化を防ぐためにも、また肥満を予防するためにも、脂質の摂取量を意識した食事を心がけましょう。

脂質の見極めが重要

摂りたい脂質

脂質のひとつである不飽和脂肪酸には悪玉コレステロールを減らす働きがあるため、積極的に摂りたい脂質です。摂りたい脂質には、次のようなものがあります。

  • オレイン酸
    オリーブオイルやアーモンドオイル、菜種油などに含まれる脂質です。悪玉コレステロールを減らしてくれます。
  • DHAなど
    青魚やえごま油、しそ油などに含まれる脂質です。中性脂肪を減らしてくれます。
  • リノール酸など
    総コレステロール値を下げる効果が期待できます。ひまわり油やコーン油などに含まれる脂質です。

避けたい脂質

牛や豚の脂、バター、ヤシ油などに含まれる飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールや中性脂肪を増やしてしまう避けたい脂質です。フライやハンバーグなどの飽和脂肪酸が多く含まれるメニューが好きな方は、食べ過ぎに注意しましょう。

脂質の上手な摂り方

不飽和脂肪酸は積極的に摂る

不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールを減らして血液をサラサラにしてくれます。毎日の食事のなかで積極的に摂りましょう。

具体的には、1日1度は魚をメインにした食事を意識する方法がおすすめです。外食は飽和脂肪酸が含まれるメニューが多いため、フライや唐揚げなどは避けること。揚げ物が食べたいときは、自宅でオリーブオイルや菜種油を使って揚げ焼きにするようにしてください。また、コレステロールの吸収を抑える食物繊維を摂ることも大切です。

ただし不飽和脂肪酸であっても、過剰摂取は肥満の元になります。食事をするときは、総摂取カロリーについても意識しましょう。

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?