カルシウムを多く含む代表的な食材として魚が挙げられます。欧米諸国と比べると日本では魚を多く摂る文化がありますが、昨今は食習慣の欧米化が進み、以前よりも魚の摂取量が減少していると言われています。カルシウム不足は、心筋梗塞や狭心症の代表的なリスク要因の一つ。突然の発作を予防するためにも、魚をはじめとしたカルシウムを多く含む食品を積極的に取り入れ、栄養バランスに気を配るようにしましょう。

カルシウム不足が心筋梗塞・狭心症を招くメカニズムとは

カルシウムが体内で担っている役割や、カルシウム不足が心筋梗塞・狭心症を招くメカニズムについて確認しましょう。

カルシウムの99%は骨に、残り1%は血液中と細胞内に存在する

カルシウムの代表的な役割は、骨の新陳代謝。食事などから摂取されたカルシウムの99%は骨に運ばれ、古くなった骨の成分と入れ替わるようにして骨の新陳代謝を進めています。

残り1%のカルシウムは、血液中や脳・軟骨などの細胞内に存在。体内のカルシウム量のわずか1%とは言え、神経を伝達する働きや血を止める働きなど、健康を保つ上で非常に重要な役割を担っています。

カルシウム不足になると骨から血液中にカルシウムが溶け出す

血液中や細胞内に存在するカルシウム量は、骨に存在するそれに比べればわずかなもの。しかし、血液中に存在するカルシウムは非常に重要な役割を持っているため、たとえ食事によるカルシウムの摂取量が不足したとしても、血中カルシウム濃度は常に一定に保たれる仕組みになっています。

とは言え、カルシウムは体内で自然に生成される成分ではありません。よって体内のカルシウム量が不足した場合には、骨に存在するカルシウムが血液に溶け出して、血液中に不足するカルシウムを補うよう働きます。これは体内におけるカルシウムの正常な動きなのです。

カルシウム不足が慢性化すると血中カルシウム濃度が上昇する

カルシウム不足が慢性化してしまうと、骨から血液中に流れ出すカルシウム量が過剰になってしまう場合があります。その結果、体全体ではカルシウム不足であるにも関わらず、血中カルシウム濃度が異常に上昇するという逆転現象が発生。これを、カルシウム・パラドックスと言います。

なお、カルシウム・パラドックスは、血液中だけで発生するものではありません。先に説明した通り、比率はわずかであるものの、カルシウムは脳や軟骨の細胞内にも存在する成分。よってカルシウム・パラドックスに陥ると、血液中だけでなく、体のあらゆるところに過剰なカルシウムが流れ込んでしまうことになります。

血管の骨化(中膜硬化)が心筋梗塞・狭心症のリスク要因になる

カルシウム・パラドックスにより血中カルシウム濃度の高い状態が続くと、やがて過剰なカルシウムは血管の壁に蓄積します。その結果として血管の壁が硬くなり、骨化という状態になってしまいます。

血管の骨化とは、別名、中膜硬化と呼ばれる動脈硬化の一種。中膜硬化は体内の動脈のどこにでも生じる症状なので、仮に心臓の冠動脈に生じたとしても、何ら不思議ではありません。心臓の冠動脈に中膜硬化が生じた場合には、これが引き金となって心筋梗塞・狭心症の発作を招いてしまうことがあります。

中膜硬化による心筋梗塞・狭心症を予防するためには、日ごろから十分な量のカルシウムを摂取することが必要です。

理想的なカルシウムの摂取方法

日本の場合、成人の1日あたりの推奨カルシウム摂取量は650~800mg。それに対し、実際のカルシウム摂取量は、成人男性が520mg、成人女性が489mgという調査結果があります。この数字に多少の誤差があったとしても、現代の食生活の状況から考えれば、日本人全体がカルシウム不足に陥っていることは容易に想像できますね。

慢性的なカルシウム不足に陥らないようにするためには、生活習慣において以下の点を意識することが大切です。

カルシウムを多く含む食材を積極的に摂る

一番に心掛けるべきは、カルシウムを多く含む食材を積極的に摂るようにすることです。カルシウムを多く含む食材は、魚介類、大豆製品、海藻類、乳製品など。幸い、日本人にとってはなじみ深い食材ばかりなので、頻繁に食べてもそうそう飽きるようなことはないでしょう。

また、食事から十分な量のカルシウムを摂ることが難しい場合は、補助的にサプリメントを活用するのも有効な手段と言えます。

体内でビタミンDを合成させる

豊富なカルシウムを摂取したとしても、それが体に吸収されなないと意味がありません。カルシウムの吸収には、ビタミンDの働きが不可欠。ビタミンDはキノコ類に多く含まれる成分ですが、あえて食事から摂らなくても、日光を浴びることで体内でも合成することができる成分です。

1日のうち、ある程度の時間は意識的に外に出て、日光を浴びるようにすると良いでしょう。

マグネシウムをしっかり摂る

カルシウムの吸収のためには、ビタミンDに加えてマグネシウムも必須の成分。海藻類、大豆製品、魚介類、さつまいも、果物、緑黄色野菜など、マグネシウムを多く含む食材を積極的に摂りましょう。

なお、カルシウムが多く含まれる食材には、マグネシウムも多く含まれる傾向があります。

禁煙する

喫煙は胃腸の働きを悪くし、カルシウムの吸収を阻害します。自力で禁煙することが難しい人は、医療機関の禁煙外来を利用するなどし、一刻も早く禁煙するよう心がけてください。

過度なアルコール摂取や、過度なカフェイン摂取を控える

過度なアルコール摂取やカフェイン摂取は、カルシウムの吸収を妨げるとともに、カルシウムの排泄量を増やしてしまいます。カルシウム不足を避けるためには、適量を嗜む程度に抑えておきたいものです。

心臓の血管攣縮を原因とした心筋梗塞・狭心症にも要注意

カルシウム不足が心臓の冠動脈の骨化を招き、その結果、心筋梗塞や狭心症の発症リスクを高めることは理解できたと思います。冠動脈の骨化を予防するためには、日ごろから十分なカルシウムを摂取することに加え、カルシウムの吸収を阻害する要素を一つ一つ取り除いていくことが大切です。

しかし、心筋梗塞・狭心症の原因は血管の骨化だけではありません。食習慣を主な原因としたアテローム型動脈硬化や、心臓の「血管攣縮」が引き金となって生じる心筋梗塞・狭心症もあります。

特に、心臓の血管攣縮を原因とした心筋梗塞・狭心症には要注意。何の前兆もなく突然死を招くこともある、非常に恐ろしい症状なのです。

心臓の血管攣縮とは

心臓の血管攣縮とは、心臓の冠動脈が痙攣を起こして収縮する現象のこと。冠動脈が収縮して血流が悪くなった状態を狭心症と言い、さらに悪化して血流が遮断された状態を心筋梗塞と言います。前触れなく、朝方や深夜の安静時に、突如として発症することがある症状です。

血管攣縮を原因とする心筋梗塞や狭心症を発症した人は、その大半が動脈硬化も持っているとされています。よって発作の予防のためには、まず生活習慣の改善等により、日ごろから動脈硬化自体の予防を意識することが大切となります。

しかし、冠動脈の血管攣縮は、動脈硬化のみを原因として生じるものではありません。より確実に血管攣縮を予防するためには、生活習慣の改善だけでは十分とは言えないのです。

心臓の血管攣縮の恐ろしさや対策の手段については以下のページで詳しくまとめているので、ぜひ参考にしてください。

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?