EPA

 

動脈硬化は食生活と密接な関係があります。特にEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富な青魚には動脈硬化を防ぐ働きがあると言われています。EPAから作られるプロスタグランジンは、血液濃度を下げる働きや、血小板の凝固を抑える作用による血栓の予防が期待されている成分です。また、生魚に含まれるEPAには冠動脈が痙攣して起こる冠攣縮性狭心症を予防する働きがあると言われています。

 

EPAの基礎知識

似て非なるもの?血液に作用するEPAと脳神経に作用するDHA

EPAはエイコサペンタエン酸の略で、青魚に多く含まれる脂肪酸として、DHAと同じオメガ3脂肪酸の仲間です。体には欠かせない必須脂肪酸の一つですが、体内では合成されないので、青魚などから摂取する必要があります。またわずかですが、体内でDHAに変わります。分子構造がDHAと似ていて、血液中の中性脂肪やコレステロールをコントロールする働きがあり、EPAと相互に補い合いながら脳の健康を保っています。

免疫力を高めてアレルギーを緩和しリラックス効果も!

EPAは、血液中のコレステロールを低下させて、血液をサラサラにする働きがあります。また血栓をできにくくして、血管をしなやかにし、赤血球を全身にくまなく送り届ける作用もあります。その他に、1.生活習慣病の予防、2.アレルギー症状の緩和、3.免疫力の向上、4.精神を安定させる効果も。体内に入ると酸化しやすいので、ビタミンEのような抗酸化作用のあるものと一緒に摂取したり、サプリメントを利用するといいでしょう。

EPAにはシス型とトランス型がある

EPAには「シス型」と「トランス型」の2種類があり、冠攣縮性狭心症の予防に働くのは「シス型」のEPAとされています。この「シス型」のEPAは、生の青魚などに含まれている状態のEPAを指します。逆に、一般的に販売されているサプリメントに含まれているEPAは「トランス型」です。
この「シス型」のEPAは抽出が非常に難しいと言われていますが、山口大学医学部の小林教授らの研究グループによって抽出技術が開発され、高濃度の状態で加工することにも成功。このようにして生まれたEPAが「小林式EPA」とも呼ばれる成分です。

 

EPAの由来

EPAは魚に含まれる脂肪酸ですが、αリノレン酸系の植物系の脂肪に分類されます。不思議に思うかもしれませんが、EPAのルーツがαリノレン酸だから。EPAの豊富な青魚はもともと海で生息する生物です。海藻類の中には、自分でEPAを作り出すものがあります。動物プランクトンがそれを食べてEPAを身体に取り込み、青魚が動物プランクトンを食べてEPAが蓄積されます。こうした食物連鎖によって、青魚から豊富なEPAを摂取できるのです。

 

EPAの効果・効能

コレステロールの調整役。血液をサラサラにして動脈硬化を予防する

EPAには血管年齢を若く保ち、動脈硬化を予防する効果があります。血液中の中性脂肪を抑えることで、血管壁のコレステロールが低下して、血栓ができにくくなります。また常温で固まりにくい性質があるので、血液がサラサラになり、血圧が低下します。最近の研究では、プラークを安定化させて、血管内で破裂するのを防いでいるとの報告もあります。これらの作用により、動脈硬化の予防につながっていると考えられています。

アレルギー抑制効果から感染症予防・認知機能向上まで

近年の研究により、EPAにはアレルギー症状の抑制効果があることがわかってきました。アレルギーを起こす物質の一つに、プロスタグランジンがあります。EPAを摂取すると、アラキド酸と拮抗して、プロスタグランジンの合成に関わる酵素の分泌を阻害し、アレルギーを緩和してくれます。感染症の予防やイライラを鎮める効果もあります。認知症予防効果もあり、アルツハイマー病の患者にEPAを投与にしたことにより、症状が改善した報告があります。

心筋梗塞の知られざる原因「血管攣縮」を抑制する効果も!

「動脈硬化」、「血栓」のほか、心筋梗塞を引き起こす原因と言われている「血管攣縮(れんしゅく)」EPAには、その血管攣縮を抑制する効果のあることが、山口大学小林誠教授のチームの研究により明らかになりました。

ただし通常、生魚に存在しているEPAは、血管攣縮に対する高い抑制効果があるものの、加熱することでこの立体構造が崩れると、効果も弱くなります。

そこで、山口大学小林誠教授のチームは、EPAの立体構造をこわさないように、抽出精製する方法も生みだしました。これを、「小林式EPA」と呼ばれています。

注目の成分「小林式EPA」開発の経緯やメカニズム、また、唯一「小林式EPA」が配合されている商品の説明は以下のサイトで確認してください。

EPAが冠攣縮性狭心症を予防するメカニズム

これまでの研究により、「SPC」と呼ばれる脂質の一種が、冠攣縮を引き起こす酵素の働きを促進させることがわかってきました。小林式EPAには、SPCと酵素との関係を断つ働きを持っているため、冠攣縮の発生を抑え、冠攣縮性狭心症を予防する効果が期待されています。

冠攣縮性狭心症患者へのEPA投与について

エスエル医療グループ 長谷川内科は、EPA製剤を冠攣縮性狭心症患者へ投与した際にどのような影響を与えているかを調査。この調査ではFDA検査(血管内皮機能検査)が実施され、腕を圧迫して血管内細胞から生成される一酸化窒素(NO)によって、解放後どれだけ動脈が広がるかを超音波で観察しました。

ここでは冠攣縮性狭心症患者で、EPAにどのような効果があるのか、FMDへの影響を通して見てみます。26人の患者を2つのグループに分け、半年後で比較しました。①カルシウム拮抗剤(+)、EPA(−)の群、②カルシウム拮抗剤(+)、EPA(+)の群。結果は、①ではFMDの値に有位差はなく、②ではFMDの値は有意差をもって上昇していました。

EPA製剤をカルシウム拮抗剤とともに投与した際にFMDの値が著しく増加したということは、血管内皮機能が改善したということを表しています。このことから、EPAの投与が冠攣縮性狭心症の改善に効果的であると考えられます。

 

摂取の目安量と方法

1

良質な青魚を
1日1000㎎摂取が目安

厚生労働省では、1日に1000㎎のEPA・DHAの摂取を推奨しています。EPAの多い食材は、マイワシの缶詰、ウナギのかば焼き、焼きサンマ、マアジの開きなど。マアジやサンマなど、安く手に入る食材でしたら、毎日食べられます。EPAは魚の油部分に含まれているので、焼いたり煮たりすると、油部分が落ちて摂取量が20%ほど低下します。また酸化しやすいので、なるべく鮮度のいいものを選びましょう。

2

サプリメントを取り入れ
不足しがちなEPAを補う

EPAは調理方法によって、含有量が減り、しかも酸化しやすいので、青魚だけで1日1000㎎補うのは困難です。ライフスタイルの多様化により、食事が不規則になっている人は、サプリメントを利用するといいでしょう。サプリには色々な種類があり、EPAだけのものから、ビタミンCやその他の健康成分をブレンドしたものまで様々です。含有量も異なるので、いろいろ比較した上で自分の体に合ったものを選ぶといいでしょう。

 

 

人気のサプリメント

 
オリエンタルバイオの「ラフィーネ-エパゴールド600」

出典元:オリエンタルバイオ公式通販(https://www.orientalbio.co.jp/products/559)

オリエンタルバイオの
「ラフィーネエパゴールド600」


オリエンタルバイオと、山口大学大学院の小林誠教授が、共同で開発したEPAサプリメントです。シス体のEPAを主成分に、西洋タンポポやウコンエキス、タウリン等の健康成分をブレンドし、EPAを609ℊ(4粒/日)配合しています。同社は、発酵技術と西洋技術の融合を目指し、様々な研究開発に取り組む企業。小林教授と取り組んでいる、青魚の血管病予防食品共同研究事業はNEDOの助成金交付対象事業。バイオテクノロジーの粋を集めたサプリメントです。

 
 
ニッスイの「海の元気EPA」

出典元:Amazon
(https://www.amazon.co.jp/海の元気-EPA-120粒入(半額お試し)-サプリメント(DHA含有)/dp/B0098WE4PI)

ニッスイの「海の元気EPA」


ニッスイが開発したEPAサプリメント。1日4粒でEPA332㎎とDHA142㎎が摂取できます。同社は世界で唯一、マイワシからの高純度のEPA抽出・精製に成功。高品質のEPAサプリメントを完成させました。イマークSはドリンクタイプのEPAサプリメント。1日1本でEPA600㎎・DHA200㎎が摂取できます。4~12週間飲み続けて、血中中性脂肪の20%低下が、モニター調査でも認められました。

 
 
マルサンヘルスサービスの「青魚博士」

出典元:まるさん倶楽部(http://www.mh-s.jp/detail/aozakana3.html)

マルサンヘルスサービスの
「青魚博士」


1日6粒でアジ1.5匹分のEPAを摂取できるサプリメント。日本人が不足しているEPAの量は700㎎。このデータに着目し、オメガ3脂肪酸700㎎を目安に、EPA500㎎・DHA200㎎をカプセルに濃縮しました。ビタミンC配合と、個別包装で、酸化を防止。EPA・DHA以外の余分な健康成分は、一切入っていません。オメガ3脂肪酸への徹底したこだわりが、リピーター率90%の秘密といえそうです。

 

 

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE