「心筋梗塞・狭心症を予防するためのサイト」

編集方針

「心筋梗塞・狭心症を予防するためのサイト」をご覧いただきありがとうございます。当サイトは心筋梗塞・狭心症などの心疾患の発症リスク、予防法、治療法についてまとめたポータルサイトです。

バリバリに働き、健康そうに見える人がある日突然、何の前兆もなく帰らぬ人になった――このような話も聞いたことがあるでしょう。こうした突然死の原因には、急性心筋梗塞、狭心症、不整脈、など心疾患によるものが六割以上。ひとりでも多くの人に心筋梗塞や狭心症のリスクに早期に気付いていただき、生活習慣の見直しや適切な処置を心がけていただくために作ったのが、「心筋梗塞・狭心症を予防するためのサイト」です。

下記の3つの項目を編集方針として掲げております。

1. 情報の信頼性・正確性を最優先
当サイトに掲載されている記事は、専門書籍や研究論文に基づき、しっかり調査したうえで作成。

2. 専門性の高い内容をわかりやすく
医療機関や研究機関の論文やレポートは専門性が高く、一般ユーザーが読んでもわかりにくいものが多いです。本サイトでは一般ユーザーでも分かりやすいように、できる限り平易な表現を使用しています。

3. 患者様の立場に寄り添う
閲覧してくださった皆様の立場で考え、情報発信と真摯に向き合います。

本サイトの情報が、一人でも多くの人を心疾患による突然死や心筋梗塞の再発から救えることを心より願います。

運営者情報

サイト名 心筋梗塞・狭心症を予防するためのサイト
運営者 「心筋梗塞・狭心症を予防するためのサイト」編集部
メールアドレス angina.yobou.info@gmail.com
免責事項 当サイトの全てのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・安全性等を保証するものではありません。
当サイトの利用により生じたいかなる損害も、一切責任を負いかねます。
また、当サイトに掲載しているすべての記事・情報は予告なしに変更・削除されることがあります。 あらかじめご了承ください。

参考文献

・林田憲明(2004), 『狭心症・心筋梗塞―治療の最前線と患者の心得 (聖路加国際病院健康講座) 』, 株式会社双葉社

・聖路加国際病院(2013), 『ゼロからわかる 狭心症 心筋梗塞 (聖路加国際病院の健康講座)』, 世界文化社

・青野 治朗(2013), 『心臓病の予防と治療のコツがわかる本―自分で、すぐできる!生活習慣リセット法』, 株式会社永岡書店

・赤塚 宣治(2006), 『動悸・息切れ・胸の痛みが気になったら読む本 (早わかり健康ガイド)』, 小学館

・小川久雄(2008), 『冠攣縮性狭心症の診断と治療に関するガイドライン』, 日本循環器学会,日本冠疾患学会,日本胸部外科学会,日本心血管インターベンション学会,日本心臓病学会,日本心臓血管外科学会

・張念中, 河合祥雄, 加納達二, 岡田了三, 北村和夫, 『心筋梗塞と職業の関係-日本病理剖検輯報を用いた統計的研究-』, 順天堂大学医学部循環器内科

・川道穂津美,岸博子,加治屋勝子,高田雄一,小林誠(2009), 『血管異常収縮の分子機構と分子標的治療薬の探索』, 日薬理誌(Folia Pharmacol. Jpn.)133,124~129

・国立循環器病研究センター循環器病情報サービス, http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/

・Groppelli A, Omboni S(1992), "Persistent blood pressure increase induced by heavy smoking."

・Ikehara S1, Iso H(2013), JPHC Study Group, "Alcohol consumption and risk of stroke and coronary heart disease among Japanese women: the Japan Public Health Center-based prospective study", Public Health, Department of Social and Environmental Medicine, Graduate School of Medicine, Osaka University, Osaka, Japan.

・『飲酒の基礎知識』, 公益社団法人アルコール健康医学協会(http://www.arukenkyo.or.jp/index.html)

・『食事バランスガイド』,農林水産省(http://www.maff.go.jp/j/balance_guide/attach/pdf/index-2.pdf),

・『脳動脈瘤によるくも膜下出血の管理に関するガイドライン』, Stroke 日本語版 Vol. 7 No. 2

・Gregg EW1, Gerzoff RB, Caspersen CJ, Williamson DF, Narayan KM, "Relationship of walking to mortality among US adults with diabetes.", 2003 Jun 23

・平澤 玲子 , 曽根 博仁, 『日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要』, 厚生労働省(http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf)

・小菅 雅美 , 木村 一雄『心筋梗塞二次予防に関するガイドライン』, 日本内科学会雑誌 106(3), 568-573, 2017-03-10

・百村伸一, 赤柴恒人, 麻野井英次, 『循環器領域における睡眠呼吸障害の診断・治療に関するガイドライン』, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 74, 963-1084, 2010-11-25

・"My Life Check - Life's Simple 7"(http://www.heart.org/HEARTORG/Conditions/My-Life-Check---Lifes-Simple-7_UCM_471453_Article.jsp#), American Heart Association

・島本 和明(2014), 『高血圧治療ガイドライン2014』, 公益財団法人 日本心臓財団

・原 眞純(2017), 動脈硬化性疾患予防ガイドライン, 循環器内科 = Cardioangiology 82(3), 266-269, 2017-09

・『21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)』(http://www.kenkounippon21.gr.jp/index.html), 厚生労働省

・奥村謙(1999), "心臓突然死の病態と対策",日本未病システム学会雑誌5(1):12-15

・新田隆(2013), "日本における心臓突然死の現状", JMS(Japan Medical Society)

・高野 照夫 , 小川 聡 , 笠貫 宏 , 木村 一雄ら(2008), 急性心筋梗塞(ST上昇型)の診療に関するガイドライン(ダイジェスト版,循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2006-2007年度合同研究班報告)), Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 72(Supplement_IV), 1443-1464, 2008-11-20

・『心筋梗塞と狭心症』(http://www.kumadai-junnai.com/cardiopathy/angina/), 熊本大学大学院生命科学研究部 循環器内科学

・脂質 - 厚生労働省(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000042631.pdf)

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?