イラスト新久喜総合病院【埼玉県】

新久喜総合病院
*画像引用元:新久喜総合病院公式HP
http://shinkuki-hp.jp/

緊急医療の現場としても活躍している新久喜総合病院。1年中ずっと急患の患者を迎え入れています。災害拠点病院としても登録されていて、頼りにできる病院です。循環器系の内科や外科もあります。診療方針や診療科の特徴をご紹介します。

新久喜総合病院の理念と患者さんへの診療方針

新久喜総合病院が大事にしているのは医療の知識と技術です。しかし、大事にしているのはそれだけではありません。知識と技術にプラスして、患者への愛を重視しています。

地域の人々が健康で過ごせるように近隣の医療機関とよいコミュニケーションを図っています。新久喜総合病院は福祉施設のことも気にかけています。健康面での問題が発生したときは、いつでも新久喜総合病院を利用できるようにサポートを受けられるでしょう。

また、新久喜総合病院は総合的な医療を受けられる病院です。緊急性の高い病気を治療するために、24時間眠らない医療を提供することが新久喜総合病院のモットーです。

治療後のリハビリをできるだけ早いタイミングで行うことで、患者の社会復帰を助けています。在宅医療もフォローできるので、さまざまな状態の患者が新久喜総合病院を頼りにしています。

新久喜総合病院は災害時にも助けになります。病院を建てる際には災害に対応できるように病院の設計を考えていました。負傷者の治療はもちろん、近隣住民の支援も行えるように計画が立てられています。災害時の拠点病院として、多くの人の命を救うことになるでしょう。

心筋梗塞・狭心症診療を行う科・部門の医療情報

■特徴

新久喜総合病院には、循環器内科と心臓血管外科があります。それぞれ役割が違うため、患者の病状や容態に合わせて担当する診療科が決められるでしょう。

循環器内科の特徴は高度な医療を提供していることです。心臓エコー検査や経食道心エコー検査、Holter心電図などの検査機器がそろっています。特に冠動脈CTや心臓MRI・末梢血管MRA・シネMRI、心臓カテーテル検査など、循環器系に特化した検査機器が充実しています。

検査機器の購入元も東芝やSIEMENS、テルモなどさまざまです。それぞれ高性能の機器を導入しています。選べる治療の選択肢も多いです。経皮的冠動脈形成術・ステント留置術や大動脈バルーンパンピング、体外式ペースメーカー留置術など、患者の状態を的確に判断して治療法を決定します。

心臓血管外科は手術で心臓疾患を治療する部門です。レベルが高い医療を提供すべく、日々努力を重ねています。循環器内科と心臓血管外科というふたつの診療科がありますが、お互いの連携に問題はありません。毎週定期的に会議を開いています。患者にとってベストな決定ができるように、お互いに刺激し合っています。

■診療概要

新久喜総合病院の循環器内科では検査や治療法のなかでも重きを置いている分野があります。冠動脈CTや心臓カテーテル検査、心臓カテーテル治療、血管カテーテル治療、心臓カテーテルアブレーション、ペースメーカー治療です。

冠動脈CTはまさに心筋梗塞や狭心症をチェックする検査方法です。最新鋭の検査機器を用いることにより、細部にわたって検査結果を確認できます。冠動脈の内側にある動脈硬化の状態まで分かります。治療をするうえで大いに助けとなる情報です。

心臓カテーテルを使った検査や治療はいつでも受けられます。急患対応の際にも対応しているので、一刻を争う状況でも迅速な検査と治療が可能です。また、検査を行う部屋が2部屋あります。通常の検査時間は15分程度です。順番待ちを回避して、スムーズに検査を受けられるでしょう。

心臓血管外科では、患者の状態に合わせて外科手術を行います。急性心筋梗塞が発生している場合、一般的に考えられるのは心室中隔穿孔や左室自由壁破裂、乳頭筋断裂などです。

一定時間が経過した陳急性心筋梗塞の場合、手術の方法は変わります。心室瘤に対する左室形成術や、虚血性僧帽弁閉鎖不全症に対する僧帽弁形成術など、症状に応じた治療法が選ばれます。

■実績

  • 緊急カテーテル:213
  • 心臓カテーテル治療:768
  • 末梢血管形成術:67
  • 不整脈アブレーション:6
  • ペースメーカー植込み:31

(※2013年のデータです)

科・部門の名医:岡崎 幸生 (おかざき ゆきお) 医師

■医師について

新久喜総合病院の院長も務めるのが岡崎医師です。外科専門医として、心臓血管外科を専門としています。ほかに保有している肩書は、外科指導医、胸部外科学会指導医、心臓血管外科修練指導医などです。自ら心臓疾患の治療を行うだけでなく、後任医師の指導も行っています。

さらには日本心臓血管外科学会評議員としての顔を持っています。心筋梗塞や狭心症などに対する学術的な知識もあるに違いありません。新久喜総合病院の院長として忙しく過ごしていますが、患者の手術も行っています。

自分が患者の家族だったらどういう判断をするか?そのように自分に問いながら手術に臨みます。自分や家族の命を預けるうえで、とても大切なポイントではないでしょうか。岡崎医師になら信頼して命を預けることができるといえるでしょう。

岡崎医師は執刀できる手術の幅も広いです。冠動脈バイパス術や弁膜症手術、大動脈外科手術など、どのような状況でも対応できるよう努力しています。

■医者経歴

  • 1985年:産業医科大学卒業
  • 1986年:静岡赤十字病院外科
  • 1989年:福岡和白病院外科
  • 1991年:佐賀医科大学胸部外科助手
  • 1992年:古賀病院心臓血管外科部長
  • 1995年:クリーブランドクリニックフェロー
  • 1997年:佐賀医科大学胸部外科助手
  • 2000佐:賀医科大学胸部外科講師
  • 2006年:佐賀大学医学部胸部心臓血管外科学助教授後に准教授
  • 2011年:福岡和白病院心臓・脳・血管センター長
  • 2016年:新久喜総合病院心臓血管外科部長 救急科部長

新久喜総合病院の詳細情報

  • 病院名:新久喜総合病院
  • 所在地:〒346-8530 埼玉県久喜市上早見418-1
  • アクセス情報
    - 電車:アクセス情報 - 電車:JR宇都宮線・東武伊勢崎線「久喜」駅 徒歩30分
    - 自家用車
    久喜駅から約10分
    久喜インターチェンジから約7分
  • 診療時間:9:00~16:00
  • 休診日:土曜、日曜、祝祭日
  • 電話番号:0480-26-0033
  • 公式ページURL http://shinkuki-hp.jp/

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE