イラスト大阪医科大学附属病院【大阪府】

大阪医科大学附属病院
*画像引用元:大阪医科大学附属病院公式HP
http://hospital.osaka-med.ac.jp/

一般的な診療科とは別に化学療法センターや周産期センター、血液浄化センターなどの診療部門がある大阪医科大学附属病院。高度な医療を提供すべく日々努力を重ねています。小児のための心臓血管外科もあり、多くの人を助けてきました。

大阪医科大学附属病院にはどのような特徴があるのでしょうか。心筋梗塞や狭心症などの治療を行う診療科の情報とあわせてご紹介します。

大阪医科大学附属病院の理念と患者さんへの診療方針

大阪医科大学附属病院は1930年5月に三島病院として開院しました。それ以降地域社会でさまざまな役割を担っています。今では診療科の数が30で、そのほかに14の中央診療部門があります。大阪医科大学附属病院の医療を支えているのが1,800名ほどいるスタッフです。

一般的な病院にある診療科以外に、化学療法センターや消化器内視鏡センター、周産期センター、血液浄化センターが専門的な治療を行っています。複雑で難しい症例を相談するなら大阪医科大学附属病院がおすすめです。

がん治療の面では、高度型のがん診療拠点病院として指定されています。がんゲノム医療連携病院としても認定されているので、先進的ながん治療を受けられるでしょう。

大阪医科大学附属病院は主に急性期の治療を行う病院です。しかし、三島南病院と連携することで、療養やリハビリ、慢性期のケアも提供できるようになりました。訪問看護ステーションがあるので、在宅でのケアも可能です。難病総合センターで難病に関する情報や在宅での治療法を提供しています。

さまざまな高度医療を提供する大阪医科大学附属病院ですが、大切にしているのは患者との信頼関係です。患者ひとりひとりの尊厳を大事にし、安全な治療を公平に提供しています。

心筋梗塞・狭心症診療を行う科・部門の医療情報

■特徴

大阪医科大学附属病院には循環器内科と心臓血管外科・小児心臓血管外科があります。総合病院に循環器内科や心臓血管外科があるのは一般的です。小児心臓血管外科があるのは大阪医科大学附属病院の長所といえるでしょう。

循環器内科では心臓や血管が関係するさまざまな病気の診察や治療を行っています。そして、ふさわしい治療を行うべく、毎日24時間努力を続けています。ときには専門分野が異なる医師と協力できるのが大阪医科大学附属病院の循環器内科です。心疾患のほかに病気を患っている場合でも、チームとして円滑な治療を行います。

長年症状に苦しんでいる方も循環器内科で相談できます。新しい薬や治療法が導入されているからです。負担の少ない治療方法も選べるので、まずは相談してみるのはいかがですか。

心臓血管外科では精密検査の結果をふまえて治療方法を検討しています。技術も常に最善の状態で提供するのが大阪医科大学附属病院の心臓血管外科が目指すところです。

心臓血管外科の医師は病状の大きさにかかわらず、真剣に対応してくれます。症状がないのに検査結果に異常がある場合も、気兼ねなく相談できるでしょう。検査を行いたいので大阪医科大学附属病院の心臓血管外科にお願いすることもできます。大阪医科大学附属病院で診療を受けたい場合、かかりつけ医に紹介状を書いてもらいましょう。

■診療概要

循環器内科では常に最新の医療情報を活用して治療を行っています。心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患の場合、さまざまな検査機器がそろっています。たとえば、運動負荷試験や核医学検査、冠動脈CT検査などです。適切な検査方法を選び、早い段階で病気を見つけられます。病気が見つかるのが早いほど、深刻な結果を避けられるようになるでしょう。

治療が必要な場合、薬を処方したりその他の治療法を選択したりします。治療法のひとつは薬剤を塗ったステントという器具です。動脈を広げるために用いられます。ロータブレータという方法で動脈硬化の治療をすることもあります。

循環器内科で治療が難しい場合、心臓血管外科に治療をお願いできます。連携体制が整っているので、不安を覚えることはないでしょう。

心臓血管外科では外科手術によって心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患を治療します。選択肢として用意されているのが、冠状動脈バイパス手術や心室瘤切除術、心室中隔穿孔閉鎖術、Dor手術などです。

■実績

  • 冠動脈疾患:59
  • 弁膜症:113
  • 大血管(胸部):85
  • 大血管(腹部):83
  • 先天性疾患(成人):3
  • 先天性疾患(小児):71
  • その他:55

(※2018年のデータです)

科・部門の名医: 小澤 英樹 (おざわ ひでき) 医師

■医師について

大阪医科大学附属病院の心臓血管外科で医長を務めているのが小澤医師です。1993年に卒業し、心臓血管外科医としてのキャリアを築いてきました。

小澤医師が専門としているのは複数の分野です。心筋梗塞や狭心症を含む虚血性心疾患も得意としています。弁膜症や大動脈疾患、末梢血管疾患などの分野でも専門知識があります。

小澤医師は各学会からも知識や経験が認められてきました。外科専門医を始め心臓血管外科や循環器の学会や機構からも専門医として認められています。

心臓血管外科で部長を務める小澤医師ですが、現在も外来の診察を行っています。心臓血管外科の外来は日によって担当する医師が変わりますが、タイミングが合えば小澤医師が見てくれるかもしれません。

■医師の経歴

  • 公式サイトに記載がありませんでした

大阪医科大学附属病院の詳細情報

  • 病院名:大阪医科大学附属病院
  • 所在地:〒569-8686 大阪府高槻市大学町2-7
  • アクセス情報
    - 電車:JR東海道本線「高槻」駅 徒歩8分
    - 自家用車
    新大阪駅から約35分
    関西国際空港から約1時間7分
  • 診療時間
    - 予約制です
    - 予約がない場合
    8:30~11:00の間に受付
  • 休診日:第2・4土曜、日曜、祝祭日
  • 電話番号:072-683-1221
  • 公式ページURL http://hospital.osaka-med.ac.jp/

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE