イラスト大阪警察病院【大阪府】

大阪警察病院
*画像引用元:大阪警察病院公式HP
https://www.gh.opho.jp

こちらの病院は大阪市天王寺区にある警察病院で、地域医療の中核的な病院として診療を実施。また、新しい医療機器の充実や優れた医療スタッフを揃えるなど、最先端医療・高機能医療の実現を目指しています。

大阪警察病院の理念と患者さんへの診療方針

「こちらの病院の基本理念は、「最高のレベル、最新の医療技術・機器を取り入れ、高度先進の医療と、安心と信頼を頂ける医療を提供する」「救急および災害時医療、心・脳血管障害、癌などの成人病治療・予防などに対応する、安全で、根拠に基づく良質な医療を提供する」「中核病院として、地域との連携を図り、住民の方々の健康を守る」「医の倫理を尊重し、常に自己研鑽し、誠実に医療に取り組む」の4つです。

心筋梗塞・狭心症診療を行う科・部門の医療情報

■特徴

急性心筋梗塞をはじめ、心臓救急疾患については、24時間いつでも診療ができる体制づくりを行っています。1978年に心臓センターを設立して以来、一貫して心臓病治療における最先端の医療が提供できることを信条に治療を実施。心臓血管外科との協力体制も万全でいかなる病状にも対応することができるチーム医療を行っています。

■診療概要

循環器内科で対応している主な疾患は、狭心症・心筋梗塞、心不全、不整脈など。安定労作性狭心症においては、主にカテーテルによる冠動脈形成術を行い、バルーンやステント、アテレクトミー、ロータブレーターなどによって冠動脈病変を開大する治療を行っています。年間400~500症例に対する待機的冠動脈形成術を施行。一旦、開大された病変は、半年ほどすると再度、狭小化することがあり、このことを再狭窄現象と呼び、その確率を再狭窄率といいます。再狭窄率(冠動脈形成術の再施行率)は、これまで約19%でしたが、2004年8月より再狭窄予防効果のある薬剤を付着させたステントである薬剤溶出性ステントを使用するようになり、現在では再狭窄率は10%以下になりました。

急性心筋梗塞は、冠動脈の閉塞や高度狭窄のために心筋への血流が極度に不足することにより、心筋細胞が死に至る状態のことをいいます。このことが原因で、心機能の低下(心不全)や、心破裂、致死性不整脈を発症し、最悪の場合、命を落としてしまうことも考えられます。大阪警察病院では、緊急心臓カテーテル検査によって診断し、一刻も早く冠動脈形成術や血栓吸引療法、血栓溶解療法などによる再潅流療法を実施。年間約150症例の不安定狭心症・急性心筋梗塞 に対するカテーテル治療を行っています。

■実績

  • 心臓カテーテル:1779例
  • PCI(冠動脈インターベンション):507例
  • アブレーション:287例
  • 経皮経管的下肢動脈形成術(PTA):65例
  • ペースメーカー植込み:160例
  • ICD植込み:12例
  • 両室ペーシング:5例
  • 経カテーテル的大動脈弁植え込み術:33例

※2018年の実績です

科・部門の名医:樋口 義治(ひぐち よしはる)医師

■医師について

同院の循環器内科部長を務め、大阪大学臨床教授、日本内科学会認定医・指導医、日本循環器学会専門医などの肩書を持つ医師。冠動脈インターベンション、心不全、虚血性心疾患が専門分野であり、治療だけでなく、将来的な再発予防まで視野に入れた医療を目指しているそうです。

経歴

  • 平成6年3月 大阪大学医学部卒業
  • 平成6年4月大阪大学医学部附属病院研修医
  • 平成7年6月大阪警察病院循環器内科医員
  • 平成11年4月大阪大学大学院医学系研究科(循環器内科学)
  • 平成15年3月大阪大学大学院医学系研究科修了
  • 平成15年10月ドイツ ゲッティンゲン大学医学部循環器内科学研究員
  • 平成17年10月大阪大学医学部付属病院循環器内科医員
  • 平成19年1月桜橋渡辺病院心臓血管センター内科
  • 平成22年4月桜橋渡辺病院心臓血管センター内科CCU科長
  • 平成24年4月日本大学医学部板橋病院循環器内科助教
  • 平成24年8月日本大学医学部板橋病院循環器内科CCU室長
  • 平成27年4月大阪警察病院循環器内科副部長

大阪警察病院の詳細情報

  • 病院名:大阪警察病院
  • 所在地:〒543-0035 大阪市天王寺区北山町10-31
  • アクセス情報
    - 電車:
    地下鉄谷町線四天王寺夕陽ヶ丘駅またはJR環状線桃谷駅からそれぞれ徒歩10分
  • 診療時間
    - 診療時間:8:00~11:00、13:00~14:30
  • 休診日
    - 土曜、日曜、祝日
  • 電話番号:06-6771-6051
  • 公式ページURLhttp://www.oph.gr.jp/

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?