イラスト岡山医療センター【岡山県】

岡山医療センター
*画像引用元:岡山医療センター公式HP
https://okayama.hosp.go.jp/

昭和20年に設立された岡山医療センターは、さまざまな診療科を持つ総合病院。その中で心筋梗塞や狭心症の診療を行っているのは、循環器内科と心臓血管外科です。同院は、総合病院という特性を生かして診療科の垣根を超え、各科の専門医がひとつのチームとして診療を行える点が大きな特徴。そのため、心臓疾患以外の合併症を持ち、リスクが高いと判断される患者に対しても一貫した治療を行えるというのが同院の強みです。

岡山医療センターの理念と患者さんへの診療方針

岡山医療センターの理念は「今、あなたに、信頼される病院―病める人への献身、医の倫理に基づく医療への精進と貢献―」。地域の中核病院として、地域医療支援病院、総合周産期母子医療センター、地域がん診療連携拠点病院、地域災害拠点病院という役割を担いながら、地域の人から信頼され、自分の家族を安心して託すことができる病院作りを目指して日々診療を行っています。

心筋梗塞・狭心症診療を行う科・部門の医療情報

■特徴

岡山医療センターで心筋梗塞や狭心症といった虚血性心疾患の診療を行うのは、循環器内科と心臓血管外科です。患者の病態を確認した上で治療方法を選択して進めていくことになりますが、循環器内科では薬物治療とカテーテル治療、心臓血管外科ではバイパス手術を行います。

バイパス手術に関では、基本的に人工心肺を使用した冠動脈のバイパス手術を行いますが、特にリスクが高いとされる患者に対して治療を行う場合には、その状態を考慮して低侵襲な治療が選択されることになります。例えば人工心肺を使用しないオフポンプ手術や、カテーテル治療と外科手術を組み合わせたハイブリット手術などによって、患者の負担を減らします。

循環器内科と心臓血管外科では、心臓・血管に関する検査・治療はもちろんのこと、「総合病院」である利点を生かし、院内の他の診療科と連携しながら治療を進めます。例えば高齢の患者においては、心臓疾患だけではなく、脳血管障害や腎不全など、他の疾患を合併しているケースが多く見られます。このような場合でも、岡山医療センターではひとりの患者に対して各診療科が情報を共有しながら一貫した治療を行える点は同院の特徴と言えるでしょう。

■診療概要

狭心症や心筋梗塞が疑われる場合には、まず血液検査や負荷心電図、心エコーや冠動脈CT、冠動脈造影検査などを実施することで状態を把握し、その患者に適した治療を選択します。

治療が必要な場合の選択肢としては、「薬物治療」「カテーテル治療」「バイパス手術」の3つがありますが、循環器内科では薬物治療とカテーテル治療を実施します。狭心症の場合は1泊2日でカテーテル治療が完了、心筋梗塞の場合は一般的に1週間から4週間の入院治療が必要です。

必要に応じて、心臓血管外科によるバイパス手術が選択される場合もあります。外科手術を行う場合には、患者の負担を極力少なくするために「術前の全身評価を厳密に行う」という点を重視しています。例えば心電図や心臓超音波検査、循環器内科による心臓カテーテル検査を行うことで心臓を評価し、脈波検査や血管造影検査などで血管の評価を行うことにより、患者に合った治療方法を選択されることになります。最終的には、関係各科やコメディカルとのカンファレンスを実施して、治療協力を得ることで実際の治療が開始されます。

■実績

  • 全心血管造影件数:2,137例
  • 冠動脈治療総計:434例
    • うちロータブレータ施行:35例
  • 末梢血管治療総計:446例
    • 下肢:46例
    • 腎動脈:1例
    • 頸動脈:13例
    • その他(シャントなど):7例
    • 肺動脈:380例
  • 下大静脈フィルター挿入:10例
  • 弁膜症手術:35例
  • 虚血性心疾患手術:25例
  • 先天性疾患手術:2例
  • その他開心術手術:6例

※2016年の実績です

科・部門の名医:松原 広己(まつばら ひろみ) 医師

■医師について

同院において循環器全般の診療を行う、岡山医療センター循環器内科 統括診療部長。肺高血圧症など肺循環器疾患の治療に関しては、全国でも有数の経験・実績を持つ医師です。

■医師経歴

  • 1988年 医師免許取得
  • 1990年 国立循環器病センターレジデント
  • 1993年 岡山大学医学部第二生理 助手
  • 1997年 岡山大学医学部循環器内科 助手
  • 2000年 岡山大学医学部循環器内科 講師
  • 2003年 国立病院岡山医療センター循環器科 医長
  • 2004年 国立病院機構岡山医療センター循環器科 医長
  • 2010年 独立行政法人国立病院機構岡山医療センター 臨床研究部長 兼 循環器科 医長
  • 2016年 独立行政法人国立病院機構岡山医療センター 臨床研究部長 兼 循環器内科 医長

岡山医療センターの詳細情報

  • 病院名:独立行政法人国立病院機構岡山医療センター
  • 所在地:〒701-1192岡山県岡山市北区田益1711-1
  • アクセス情報
    - 電車:JR山陽本線「岡山駅」からタクシーで約20分
    - 自家用車:山陽自動車道路「岡山IC」から5分
  • 診療時間
    - 8:30~11:00(受付時間。午後は予約診療)
  • 休診日
    - 土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
  • 電話番号:086-294-9911
  • 公式ページURLhttps://okayama.hosp.go.jp/

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE