イラスト熊本赤十字病院【熊本県】

熊本赤十字病院公式HP

*画像引用元:熊本赤十字病院公式HP
https://www.kumamoto-med.jrc.or.jp/

熊本赤十字病院は1944年に開設しました。長きにわたって地域や世界に有用な医療技術と情報を提供しています。院内にさまざまな診療科や部門があるのが特徴です。心筋梗塞や狭心症の治療をするための設備や技術も整っています。熊本赤十字病院の特徴や治療方針をご紹介します。

熊本赤十字病院の理念と患者さんへの診療方針

熊本赤十字病院は名前から分かるとおり、赤十字の使命を負っています。人の命を救うべく、救急医療や災害時の救護支援を行ってきました。

現在でも救急医療は熊本赤十字病院が力を入れている分野のひとつです。救急医療は1年中24時間休まずさまざまな病気を診療しています。急に心臓の疾患が起きても、熊本赤十字病院なら対応できるでしょう。

子どもが病気になったときの対応にも力を入れています。平日の18時~24時までと土曜、日曜、祝日の9時~24時までは地域の小児科医が小児救急診療を担当します。大人とは異なる子どもの症状を的確に診断してくれるでしょう。

熊本赤十字病院は高度医療の分野でも頼りになります。たとえば、地域がん診療連携拠点病院として登録されています。恩恵にあずかっているのは地域全体の人々です。がんに関する情報を得たり、治療を受けたりできるように支援しています。

ほかにも、熊本赤十字病院はチーム医療が魅力的です。医療の安全や感染対策のためにチームとして取り組んでいます。栄養サポートや摂食・嚥下サポートも患者がフォローを必要とする分野です。呼吸ケアや緩和ケア、認知症サポートチームなどもあるので、重い病気以外のことでも熊本赤十字病院に相談できます。

心筋梗塞・狭心症診療を行う科・部門の医療情報

■特徴

熊本赤十字病院には循環器内科と心臓血管外科が存在します。それぞれが担当する分野に責任をもって患者を診ています。

循環器内科の診療対象は心臓にかかわる病気すべてです。特に緊急性の高い症例を専門に扱っています。慢性的な症状の場合、近隣の病院へ案内されるかもしれません。

心臓血管外科では外科手術によって心臓や血管の病気を治療します。患者への負担が少ない血管内手術も採用していて、患者にとってベストな治療を選択できるでしょう。

循環器内科も心臓血管外科もそれぞれ医療機関の認定を受けています。循環器系内科が認定を受けているのは、日本循環器学会認定循環器専門医研修施設や日本心血管インターベンション治療学会研修施設などです。

心臓血管外科は心臓血管外科専門医認定修練基幹施設や胸部ステントグラフト実施施設などの認定を受けています。循環器系や心臓の病気を治療するうえで、地域の中核をなす病院のひとつといえるでしょう。

高度医療の分野では、脳卒中や心筋梗塞に効果的な脳血管内治療や冠動脈インターベンションを取り入れています。施術の件数も着実に増えているので、万が一脳卒中や心筋梗塞になった際に治療法の選択肢に含められるかもしれません。

■診療概要

循環器内科で治療を行っているのは虚血性心臓病や狭心症、不整脈・心房細動、弁膜症・心筋症・心不全、末梢血管などの病気です。虚血性心臓病は1年に240ほどのケースを扱います。虚血性心臓病は命にいたる病気です。冠動脈インターベンションを採用したり、風船治療を取り入れたりすることで、患者の命を助けています。

狭心症の場合、1年で600回ほどの冠動脈造影検査を行っています。心臓核医学検査の実施は1年で100回ほどです。ふさわしい検査方法を選ぶことで、的確な治療方法を決められます。

心臓血管外科では手術で心臓疾患の治療を行っています。狭心症や心筋梗塞、弁膜症、心筋症、先天性心疾患などです。ほかには大動脈瘤や大動脈解離などの大動脈疾患も治療できます。心臓や血管の病気をトータルで診察できるのが心臓血管外科です。

熊本赤十字病院の心臓血管外科は手術法のレパートリーが豊富です。心臓の機能を停止して手術する方法は一般的な方法です。しかし、心臓を止めずに冠動脈バイパス術を行うこともできます。

不整脈を治療するために用いられるのは、冷凍凝固装置や高周波です。危険がともなう大動脈瘤の手術には、血管内治療を選べます。患者の病状や健康状態に合わせたベストな治療方法が選べるでしょう。

■実績

  • CABG:9
  • :74
  • 胸部大動脈:78
  • LVAD、その他:9
  • AAA:79
  • 下肢静脈瘤:63
  • 末梢動脈、その他:27
  • その他:42

(※2018年のデータです)

科・部門の名医:上木原 健太 (うえきはら けんた) 医師

■医師について

上木原医師は心臓血管外科全般を専門に医療に従事しています。日本外科学会の外科専門医としての資格を取得済みです。注目すべきはさらに多くの資格を取得している点です。

日本ステントグラフト実施基準管理委員会の腹部大動脈瘤ステントグラフトの分野で、さまざまなカテゴリーの実施医・指導医資格を取得しました。心臓手術に関連した専門知識や経験を蓄えています。

上木原医師は学会での発表や論文の掲載などの実績も豊富です。2018年には第46回日本血管外科学会学術総会で発表しました。2017年にも1回、2016年には9回学会での発表に参加しています。2016年にはほかの医師とともにふたつの論文の発表に携わりました。心臓手術に関する研究に努力を惜しみません。

■医者経歴

  • 公式サイトに記載がありませんでした

熊本赤十字病院の詳細情報

  • 病院名:熊本赤十字病院
  • 所在地:〒861-8520 熊本県熊本市東区長嶺南2-1-1
  • アクセス情報
    - 電車:JR豊肥本線「水前寺駅」駅 バス15分
    - 自家用車
    JR熊本駅から約25分
    九州自動車道・熊本インターチェンジから約15分
    熊本空港から約20分
  • 診療時間:8:30~11:30
  • 休診日:土曜、日曜、祝祭日
  • 電話番号:096-384-2111
  • 公式ページURL https://www.kumamoto-med.jrc.or.jp/

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE