イラスト関東労災病院【神奈川県】

関東労災病院
*画像引用元:関東労災病院公式HP
https://www.kantoh.johas.go.jp/

労災病院の中心的存在を担ってきた関東労災病院。紹介制を採用していますが、心筋梗塞や狭心症の治療を受けられます。病院内での連携がスムーズなので、チームとしての医療を受けられるでしょう。関東労災病院の診療方針や循環器内科・心臓血管外科の特徴をご紹介します。

関東労災病院の理念と患者さんへの診療方針

日本には各地に合計29の労災病院があります。関東労災病院はそのうちのひとつです。1953年に開設し、それ以降労災病院のなかでも重要な役割を担ってきました。

関東労災病院がある神奈川県川崎市のエリアはもともと工業地帯で働く人やその家族が多いのが特徴でした。しかし、現在ではタワーマンションに引っ越してくる若い世代が増えています。時代の流れとともに病院を利用する人の背景も変化してきました。関東労災病院はさまざまな背景の人の治療を行っています。

労災病院という名前が付いていますが、診察しているのは労災の結果として治療が必要な人だけではありません。誰でも関東労災病院の治療を受けられます。

ただし、ほかの病院やクリニックからの紹介状が必要になる場合があります。詳しくはホームページをチェックするのがいいでしょう。

関東労災病院は働く人の味方です。勤労者のためのリハビリテーションセンターや脊椎・脊髄・腰痛センターがあります。働く女性のためのメディカルセンターなどもあり、仕事をしていくうえで必要な医療サポートを受けられるでしょう。

心筋梗塞・狭心症診療を行う科・部門の医療情報

■特徴

心筋梗塞や狭心症に関連した診療科は循環器内科と心臓血管外科です。それぞれ紹介制を採用しています。関東労災病院を受診するためには、まず地元のホームドクターに相談するのがいいでしょう。

循環器内科には常勤している医師が7名います。救急医療にも意欲的な医師たちですので、患者の命を救うために奮闘してくれるに違いありません。向上心に富む医師たちのなかには日本心血管インターベンション治療学会の認定医や専門医、会員の医師が複数います。カテーテルを使った冠動脈の手術経験も豊富です。

循環器内科に努めるひとりの医師は、臨床研究の結果を学会で発表しています。そのひとつが2019年11月に開かれた第67回日本職業・災害医学会学術大会です。急性心筋梗塞とストレスや過重労働の関係を考察しました。

心臓血管外科は2013年より北里大学の心臓血管外科チームを招き入れました。心疾患の手術のレベルが上がり、さらに多くの症例を治療することができるようになりました。

関東労災病院では、循環器内科医と心臓血管外科医が手を組んで治療を行っています。さらには看護師や薬剤師、理学療法士、ソーシャルワーカーなどを含むチームが存在するので、患者ひとりひとりに合わせた手厚いサポートを受けられるでしょう。

■診療概要

循環器内科では、心筋梗塞や狭心症に加え、不整脈や心不全、高血圧の治療を行っています。しかし、それだけではなく、下肢閉塞性動脈硬化症といった末梢動脈疾患も診てもらえます。

特殊治療が行えるのは関東労災病院の循環器内科の強みです。症状が重い患者を治療する場合、ハイケア病床やICUで患者の状態をチェックします。継続的に患者の状態が分かるので、患者に変化が起きたときも対応が遅れません。

人工呼吸器や大動脈バルーンパンピングなどの治療設備も用意してあります。患者の命の危険に対応できるよう、高度な医療を積極的に取り入れています。

心臓血管外科は手術経験が豊富です。部長を務める華山医師は、これまで1,700回以上の心臓血管手術を担当してきました。そのうち心臓大血管手術の数は800回ほどです。

心臓血管外科が狭心症や心筋梗塞を治療するためには、冠動脈バイパス手術を行います。心臓の手術といえば、人工心肺を用いる方法が一般的でした。しかし、現在では人工心肺を用いない心拍動下バイパス手術も採用しています。患者の体力や病状などを考慮してよりふさわしい方法で手術を行なえます。

■実績

  • 狭心症、慢性虚血性心疾患:904
  • 心不全:208
  • 頻脈性不整脈:158
  • 閉塞性動脈疾患:108
  • 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む)、再発性心筋梗塞:72
  • 徐脈性不整脈:46
  • 肺塞栓症:13
  • 敗血症:11
  • 解離性大動脈瘤:10
  • 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤:8
  • 弁膜症:7
  • 心内膜炎:6

(※2018年のデータです)

科・部門の名医: 並木 淳郎 (なみき あつお) 医師

■医師について

並木医師は循環器内科の部長として診察を行っています。循環器科全般を対応できますが、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患も専門分野としています。もうひとつ専門分野としているのはカテーテル・インターベンションです。冠動脈に問題が生じた場合でも、カテーテルで手術できます。

並木医師が保有している資格は医学博士です。臨床研修指導医の資格も持っています。循環器内科の部長としてほかの医師の指導にも当たっています。

関東労災病院で勤める並木医師は、全国労災病院臨床研修指導医の資格も持っています。ほかの病院の医師だとなかなか取得することのない資格です。社会医学系専門医協会が認定する専門医・指導医の資格も取得しました。社会的に信頼できる医師であることの証です。

■医師の経歴

  • 1989年:帝京大学医学部 卒業

関東労災病院の詳細情報

  • 病院名:関東労災病院
  • 所在地:〒211-8510 神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1
  • アクセス情報
    - 電車:- 電車:東急東横線・目黒線「元住吉」駅 徒歩7分
    - 自家用車
    武蔵小杉駅から約5分
    JR川崎駅から約20分
  • 診療時間
    - 予約制です
    - 予約がない場合
    8:15~11:00の間に受付
  • 休診日:土曜、日曜、祝祭日
  • 電話番号:044-411-3131
  • 公式ページURL https://www.kantoh.johas.go.jp/

 

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE