イラスト社会医療法人友愛会 豊見城中央病院【沖縄県】

豊見城中央病院公式HP
*画像引用元:豊見城中央病院公式HP
http://tomishiro-chp.jp

社会医療法人友愛会 社会医療法人友愛会豊見城中央病院は、昭和55年の開院以来、患者さんと職員との間にパートナーシップを構築することを重視している病院です。患者さんの権利を明確に定め、患者本位の医療サービスを提供しています。また、各診療科のスペシャリストによる市民講座も開講しており、地域の医療意識の向上にも貢献しています。

豊見城中央病院の理念と患者さんへの診療方針

豊見城中央病院では、「友愛の心で人間性豊かな職場環境をつくり健康づくりに寄与する地域医療に貢献する」をその理念としています。それを端的に表現しているのが、当院のシンボルマークでしょう。ふたつのハートマークが重なり合ったデザインのこのシンボルマークには、人と人とのつながりやふれあいが薄れてきた現代社会にあって、それを大切にすることを呼びかけているのです。そしてその行動指針は、最良の医療サービスを地域に提供し、医療施設を充実させることとなっています。さらに、患者さんとの間に強固な信頼関係を築き上げ、患者本位の医療を行うこととなっています。

心筋梗塞・狭心症診療を行う科・部門の医療情報

■特徴

豊見城中央病院にて心筋梗塞診療を行っているのは、循環器内科です。本院の循環器内科に所属する9名のスタッフは、3名の心臓外科のスタッフと連携し、ハートチームを作っています。これによって、24時間365日対応可能な緊急医療体制を備えるだけでなく、救急隊との連携によるモバイル型伝送心電図システムを導入しました。これは県内初の試みです。

■診療概要

当院の循環器内科では、患者さんの体にできるだけ負担をかけない低侵襲治療を心がけています。手首からカテーテルを挿入する経撓骨動脈アプローチ(TRI)はその代表的なもので、従来の大腿動脈からのアプローチに比べて負担を大幅に低減しています。また、閉塞性動脈硬化症や腎血管狭窄症には、経皮的末梢血管形成術を用い、増加傾向にある下肢動脈の虚血に対する血管内治療も行っています。

■実績

  • CAG(冠動脈造影検査):1,001
  • PCI(冠動脈形成術):372
  • PPI(下肢末梢動脈血管形成術):86
  • 内シャントPTA:142
  • EPS(電気生理学検査):9
  • Ablation(心筋焼灼術):150
  • ペースメーカー体外式:13
  • 移植術:31
  • 交換術:7
  • CRT-D移植術:6
  • 交換術:2
  • CRT-P移植術:1
  • 交換術:0
  • ICD移植術:3
  • 交換術:4
  • PTMC(僧帽弁交連切開術):0
  • PTAV(大動脈弁交連切開術):0
  • LOOP心電計:0
  • その他:277

科・部門の名医:新崎 修(しんざきおさむ)医師

■医者について

日本心血管インターベンション治療学会の認定医・専門医・指導医としての資格を持っている新崎医師は、2016年から特命副院長・副院長を務めていましたが、2018年4月から院長のポストに就きました。新崎医師は、平成3年から末梢血管へのカテーテル治療を行ってきましたが、それでも万能の治療法ではないと考えています。たしかに低侵襲治療ではあるものの、状態によっては心臓や末梢血管の外科手術がどうしても必要になることもあるのです。そこで新崎医師は、心臓血管外科との連携でハートチームを作りました。これによって今まで以上に患者さんの安全を確保し、その日常生活への復帰を早めていくことを目的としています。

■医者経歴

  • 琉球大学第二内科で研修
  • 那覇市立病院にて研修・診療
  • 平成3年度に豊橋東病院にて鈴木孝彦先生の元でインターベンションの手ほどきを受ける

豊見城中央病院の詳細情報

  • 病院名:社会医療法人友愛会 豊見城中央病院
  • 所在地:〒901-0243 沖縄県豊見城市字上田25番地
  • アクセス情報
    - モノレール
    - 「奥武山公園駅」北口に降り山下バス停から「道の駅豊崎」方面の下記バスに乗車、山下バス停→豊見城中央病院前15分~20分
    - バス
    - 琉球バス:98番 琉大線、55番 牧港線、88番 宜野湾線(豊見城中央病院前下車徒歩1分)
    - 那覇バス:101番 平和台安謝線(豊見城中央病院前下車徒歩分)
    - 巡回バスあり
  • 診療時間
    月曜~土曜:7:30~16:30
  • 休診日:日曜、祝日
  • 電話番号:098-850-3811
  • 公式ページURLhttp://tomishiro-chp.jp

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?