イラスト立川綜合病院【新潟県】

立川綜合病院公式HP
*画像引用元:立川綜合病院公式HP
https://www.tatikawa.or.jp/tatikawa/

立川綜合病院は、超急性期、急性期の医療をその主な担当とする、立川メディカルセンターの中核的存在となる病院です。また、本院は晴麗看護学校の実習病院としての側面も持っており、これから医療に携わる人員の育成も行っています。「病気を治すのではなく、患者を治す」という姿勢のもと、理想の医療を追求しています。

立川綜合病院の理念と患者さんへの診療方針

立川綜合病院では、患者さんに対しては常に優しく親切に接することを忘れません。患者さんやそのご家族の苦しみや不安を、相手の立場に立って考えるよう心がけています。そして患者さんが1日でも早く社会復帰できるように手助けすることを目的としています。そうした姿勢を保つために、日々の勉強と研鑽を欠かさず、常に健康に注意し、互いに信頼される人間であるように努力を怠りません。それを実行できるよう、挨拶や礼儀、言葉遣いや道徳心などの、組織人としての基本行動を身に着けるようにすることを目標としています。

心筋梗塞・狭心症診療を行う科・部門の医療情報

■特徴

立川綜合病院で心筋梗塞診療を行っているのは、循環器内科です。本科では大動脈や血管関連の症状、高血圧症などの心臓病を中心とした疾患への対応を行っています。息切れ、胸の圧迫感、胸背部痛、むくみ、一過性のめまいや失神などの症状が見られた患者さん、または心電図異常や定期検診、人間ドックなどで異常が指摘されたに患者さんに対して診察を行っています。

■診療概要

本院の循環器科内科では、狭心症や急性心筋梗塞などに代表される冠動脈疾患に対しては、主にカテーテル治療を、大動脈弁狭窄症に対しては経カテーテル大動脈弁植え込み術(TAVI)を、頻脈性不整脈に対しては高周波心筋焼灼術や植え込み型除細動器などを行っています。どの術式の治療件数も新潟県有数のものであるほか、植込型補助人工心臓管理、心臓ドックや心臓リハビリテーションなどといったような予防医療も手がけています。

■実績

  • 虚血性心疾患
    ― 急性心筋梗塞:114件
    ― 不安定狭心症:100件
    ― 狭心症(不安定狭心症を除く):306件
    ― 無症候性心筋虚血:89件
  • 不整脈疾患
    ― 心肺蘇生後:2件
    ― 徐脈性不整脈(PM新規植込み症例含む):59件
    ― PM交換:15件
    ― 頻脈性不整脈(ICD植込み含む):46件
    ― ICD交換:2件
    ― 失神評価:25件
    ― 頻脈誘発性心筋障害:1件

科・部門の名医:岡部 正明(おかべまさあき)医師

■医者について

立川綜合病院の院長を務める岡部医師は、人口減少に伴って急性期医療の需要が今後減少してくると考えています。そして、それに合わせて急性期病棟の病床数は減少し、回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病棟が増加していくと岡部医師は言います。岡部医師は、その急性期病棟の病床数は減少を食い止めるべく、立川綜合病院を急性期医療の場として発展させていくとしています。

■医者経歴

  • 1978年:新潟大学医学部卒
    新潟大学医学部内科研修
  • 1979年:秋田赤十字病院内科研修
  • 1981年:村上総合病院内科
    新潟大学第一内科 循環器部門
  • 1982年:立川綜合病院 循環器内科
  • 1992年:立川綜合病院 循環器内科主任医長
  • 2001年:立川綜合病院 副院長
  • 2007年:立川綜合病院 病院長

立川綜合病院の詳細情報

  • 病院名:立川綜合病院
  • 所在地:〒940-8621 新潟県長岡市旭岡1-24
  • アクセス情報
    - バス
    - 乗り場:JR長岡駅東口バス/3番線乗り場より立川綜合病院行き約10分、宮内循環線約15分
    - JR長岡駅大手口バス/10番線乗り場より宮内循環線約30分
    - タクシー
    JR長岡駅東口より約10分(約3.0km)
  • 診療時間
    月曜~土曜
    - 8:30~12:00
    - 14:00~17:00
    ※午後は土曜除く
  • 休診日:第1、3土曜、日曜、祝日
  • 電話番号:0258-33-3111
  • 公式ページURLhttps://www.tatikawa.or.jp/tatikawa/

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?