イラスト須磨スクエアクリニック【東京都】

須磨スクエアクリニック公式HP
*画像引用元:須磨スクエアクリニック公式HP
http://www.sumaheart.jp/clinic.html

須磨スクエアクリニックは、院長の須磨久善医師が、2012年に開院した須磨ハートクリニックに続いて2017年に開院したクリニックです。当院は自由診療のみのクリニックとなっており、医療相談およびセカンドオピニオンに対応しています。須磨医師が自ら診察を行うため、専門的な視点からのアドバイスを得られるだけでなく、必要であれば病院の紹介もしてくれます。

須磨スクエアクリニックの理念と患者さんへの診療方針

須磨医師は、これまで5000件以上の心臓手術を手がけてきました。困難な手術を成功させてきただけでなく、新しい術式にも果敢に挑戦しています。

自分の力に決して満足せず、おごらない姿勢は「高い技術の追求はエンドレス」という言葉に現れているといえるでしょう。須磨スクエアクリニックでは、完全予約制で自由診療のみを行っています。開院時間も大きな病院に比べると少なく、短いですが、それは須磨医師の患者との信頼関係の構築を第一とする姿勢の表れです。

医師への信頼感こそが手術の成功率を高め、術後の回復をも早めてくれると須磨医師は語ります。

心筋梗塞・狭心症診療を行う科・部門の医療情報

■特徴

須磨スクエアクリニックでは、完全予約制、自由診療のみ、そして週の営業日は3日のみという方針をとっています。これによって院長である須磨医師自らがしっかりと一人ひとりの患者に向き合い、強固な信頼関係を構築することに成功しています。診察や施術に関しても、過去に心臓手術を5000件以上手がけてきた須磨医師自らが行ってくれるので、その信頼性は抜群だといえるでしょう。病院としての利便性よりも施術の確実性を優先したクリニックです。

■診療概要

かつては心筋症の中でも、特に拡張型心筋症は重症のケースだと心臓移植以外には有効な手段がない症例として恐れられていました。しかし、1990年台にブラジルの医師が考案した、左心室の心筋の一部を切除することで心臓の容積を減らし、そのポンプ機能を回復させるという「バチスタ手術」は、画期的な術式として脚光を浴びました。そして、このバチスタ手術を日本で初めて成功させたのが須磨医師なのです。須磨医師はこの術式をさらに発展させ、その成功率を42.8%から90%に引き上げました。このことからも本クリニックの診療内容のレベルの高さがわかるでしょう。

■実績

  • 心臓外科手術:5,000件以上

(※公式HP記載なし)

科・部門の名医:須磨 久善 (すまひさよし) 医師

■医者について

2017年に須磨スクエアクリニックを開院した須磨医師は、5000件以上もの心臓手術症例を手がけてきたベテラン医師です。1986年には胃大網動脈グラフトを使用した冠動脈バイパスを開発したことでも知られています。これは世界に先駆けた快挙で、各国でそれにならって臨床例が広がっています。それ以外にも、拡張型心筋症に対する左心室形成術をはじめとする困難な手術を成功させ、国内のみならず海外からも高い評価を受けています。2012年には代官山に須磨ハートクリニックを開院、院長自ら診療を行っています。

■医者経歴

  • 1998年1月:湘南鎌倉総合病院 院長
  • 2000年5月:葉山ハートセンター 院長
  • 2000年4月:心臓血管研究所 スーパーバイザー
  • 2012年4月:須磨ハートクリニック 院長
    - 兼任:順天堂大学心臓外科客員教授、香川大学医学部臨床教授、大阪医科大学アドバイザー
  • 2017年2月:須磨スクエアクリニック開院

須磨スクエアクリニックの詳細情報

  • 病院名:須磨スクエアクリニック
  • 所在地:〒150-0035 東京都渋谷区鉢山町13-4ヒルサイドウエストC棟 B002
  • アクセス情報
    - 電車:東急東横線 [代官山] より徒歩 15分
    - バス:東急トランセ (渋谷駅西口35番発)3駅目[伊太利屋本社]下車1分
  • 診療時間
    木曜:10:00~11:00
    火曜、水曜:14:00~17:00
  • 休診日
    月曜、金曜~日曜
  • 電話番号:03-6416-4567
  • 公式ページURLhttp://www.sumaheart.jp/clinic.html

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?