イラスト医療法人社団誠馨会 千葉中央メディカルセンター【千葉県】

千葉中央メディカルセンター公式HP
*画像引用元:千葉中央メディカルセンター公式HP
http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp

医療法人社団誠馨会千葉中央メディカルセンターでは、超急性期の治療から回復期のリハビリテーションまで、広い範囲の医療サービスを提供している病院です。地域医療の一端を担う病院として、医療安全、感染管理、そして職種や部署の垣根を超えた医療体制によって、高度化・多様化していく医療業界での安全で効果的な医療を実現しています。

千葉中央メディカルセンターの理念と患者さんへの診療方針

千葉中央メディカルセンターでは、患者の権利の擁護と公正な医療サービスの提供をその基本理念としています。そして、その患者の権利と責務も細かく明文化されています。まず、自分の病気がどのような状態なのかを知る権利、そして、治療を受けるか否かを自分が決められる権利があります。また、インフォームドコンセントやセカンドオピニオンもしっかりと実施されています。そして、その治療は安全で最良のものでなくてはいけません。その治療に不満がある場合は、それを申し立てることができます。患者のプライバシーはしっかりと守られ、スタッフと共に医療に参加する責務を課せられます。

心筋梗塞・狭心症診療を行う科・部門の医療情報

■特徴

千葉中央メディカルセンターにて心筋梗塞診療を行っているのは、循環器内科です。ここでは、心臓および脳以外の全身の血管に由来する病気に対する治療を行っています。心臓の病気には、虚血性心疾患、心不全、不整脈などがあります。血管の病気としては、動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、深部静脈血栓症などが挙げられます。動悸や息切れ、胸が苦しいなど症状は心臓の病気、胸の痛みや足のしびれは血管の病気の可能性があります。

■診療概要

本センターの循環器内科では、心臓や手足の血管の閉塞に対してはカテーテル治療を行っています。これは、狭くなって詰まっている血管を広げ、金属製のチューブである「ステント」を血管内に挿入して血流を改善するという手法です。センター部長の平島医師はこの手法を得意としており、本科ではその指示によってスタッフがチーム医療を行っています。カテーテル治療以外にも、必要と判断された場合には、外科手術や薬物療法も行います。

■実績

  • 冠動脈治療:408
    -心臓カテーテル検査:205
    -PCI:203
  • 不整脈治療:28
    -ペースメーカー移植術:28
  • 末梢血管治療:16
    -末梢血管PTA:14
    -下大動脈フィルター:2
  • 合計:452

※2015年のデータです

科・部門の名医:平島 修(ひらしまおさむ)医師

■医者について

千葉中央メディカルセンター循環器内科部長である平島医師は、かつては九州の大学関連施設にて、循環器内科医として診療を行ってきました。その後、関東に移って千葉や埼玉での活動を経て、平成27年から千葉中央メディカルセンターに勤務しています。循環器全般の治療の中でも特に、虚血性心疾患、抹消血管のカテーテル治療で高い評価を得ています。治療の際には、安全な施術と十分な説明を心がけており、地域医療に貢献している名医といえるでしょう。

■医者経歴

  • 平成元年:熊本大学循環器内科(研修医)
  • 平成3年:福岡徳洲会病院循環器科(医員)
  • 平成7年:熊本大学循環器内科(助手)
  • 平成9年:福岡徳洲会病院循環器科(医長)
  • 平成13年:大牟田天領病院循環器科(副部長)
  • 平成15年:小張総合病院循環器科(部長)
  • 平成16年:新東京病院循環器科(部長)
  • 平成19年:三郷中央総合病院循環器科(部長)
  • 平成27年:千葉中央メディカルセンター循環器内科(部長)

千葉中央メディカルセンターの詳細情報

  • 病院名:医療法人社団誠馨会 千葉中央メディカルセンター
  • 所在地:〒264-0017 千葉市若葉区加曽利町1835-1
  • アクセス情報
    - 電車
    - JR 総武線「千葉駅」下車(東京駅より快速で約 45 分)
    - 千城台車庫(ほおじろ台経由)行きまたは御成台車庫(ほおじろ台経由)行き「ほおじろ台・千葉中央メディカルセンター」下車
    - 無料シャトルバスあり
  • 診療時間
    8:15~11:00/13:00~16:30
    (受付時間/科目毎時間・曜日あり/完全予約制)
  • 休診日:日曜、祝日、年末年始
  • 電話番号:043-232-3691
  • 公式ページURLhttp://www.ccmc.seikei-kai.or.jp

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?