イラスト埼玉石心会病院【埼玉県】

埼玉石心会病院公式HP
*画像引用元:埼玉石心会病院公式HP
https://saitama-sekishinkai.jp/

埼玉石心会病院は、1987年に288床の病床を持つ急性期病院「石心会狭山病院」として生まれました。そして、2017年に狭山市駅西口近くに移転し、新病院を開院しました。新病院には、一般診療科だけでなく、ER総合診療センター、心臓血管センター、低侵襲脳神経センターの3つの臨床センターを設置しており、緊急を要するさまざまな疾患にすばやく対応できる病院となっています。

埼玉石心会病院の理念と患者さんへの診療方針

埼玉石心会病院の基本理念は、「断らない医療」と「患者主体の医療」のふたつとなっています。その理念を実現するべく、本院では高度で安全な治療に基づいた、地域に密着した医療と福祉を推進し、患者さん主体の断らない医療を実践しています。また、その実践を継続していく環境を整えるべく、全てのスタッフがやりがいを持って働くことのできる職場づくりに励んでいます。

臨床倫理方針としては、患者さんの人権の尊重および、患者さんと医療従事者の協力による公正・公平な医療の提供を挙げています。さらに、患者さん一人ひとりの理解能力、判断能力に応じた医療内容の説明を心がけ、十分な信頼関係を構築していくことを重視しています。

心筋梗塞・狭心症診療を行う科・部門の医療情報

■特徴

埼玉石心会病院にて心筋梗塞診療を担当しているのは、循環器内科です。
本院の循環器内科では、一般的な循環器疾患だけでなく、不安定狭心症や急性心筋梗塞などの緊急対応を求められる症状にも、24時間体制を敷いて対応しています。また、病院移転によって設備がさらに充実し、心臓核医学検査を導入しました。これによって、腎機能が低下している状態でも心筋への血流状態が調査できるようになりました。

■診療概要

埼玉石心会病院循環器科では、主に狭心症・心筋梗塞・閉塞性動脈硬化症・深部静脈血栓症・肺塞栓症などをその治療対象としています。対象となる患者さんは、胸痛や動悸、息切れ、失神、むくみなどの症状があった方、および健診で心電図異常、心雑音があった方となっています。当院は、全国規模で見ても非常に優秀な治療実績を上げています。そのため、最新の医療設備がほかの医療機関に先駆けて導入されています。これによって、患者さんの治療により多くの選択肢を提示することができます。

■実績

  • 心血管カテーテル検査:年間約1500件
  • 心血管カテーテル治療:年間約900件
  • カテーテルアブレーション治療:年間約100件
  • 下肢血管治療:年間約150件
  • ペースメーカー等:年間約100件

(※2017年度のデータです)

科・部門の名医:池 信平(いけしんぺい) 医師

■医者について

池信平医師は、埼玉石心会病院循環器科にて循環器内科部長を務めています。池医師は、毎週水曜午後の受診を担当しています。また、石心会病院の開催する、事前申込不要、参加費不要の一般向けの健康講座「石心塾」の講師も担当しています。2015年には「不整脈のお話~動悸が気になるあなたへ~」というタイトルで、不整脈についてのわかりやすい解説を行っています。また、2017年4月には申し込み制の市民講座にて、「こわい不整脈『心房細動』~重篤な脳卒中にならないために~」というタイトルで心房細動についての講義を行っています。

■医者経歴

  • 認定資格等
  • 臨床研修指導医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本循環器学会認定専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会認定専門医
  • 日本産業医学会認定医
  • 身体障害者指定医
  • 出身校
  • 大阪大学(1989年卒)

埼玉石心会病院の詳細情報

  • 病院名:埼玉石心会病院
  • 所在地:〒350-1305 埼玉県狭山市入間川2丁目37番20号
  • アクセス情報
  • 【電車】
    - 西武新宿線「狭山市駅」西口から約800m 徒歩約10分(狭山市市民会館隣)
    - 西武新宿線「狭山市駅」西口 西武バス 1番のりば ほか
  • 【無料シャトルバス】
    - 往復【7~9時、16~19時】
    - 周回【10~15時】
  • 【自家用車】
    - 関越道・川越ICから約6km、国道16号を八王子・狭山方面へ、「市民会館入口」を左折、約300m先を左折 ほか
  • 診療時間
    - 月曜~金曜:8:30~17:00
    - 土曜:8:30~12:30
  • 休診日
    - 日曜・祝日
    ※救急の場合は24時間365日対応
  • 電話番号:04-2953-6611
  • 公式ページURLhttps://saitama-sekishinkai.jp/

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?