イラスト埼玉県立循環器・呼吸器病センター【埼玉県】

埼玉県立循環器・呼吸器病センター公式HP
*画像引用元:埼玉県立循環器・呼吸器病センター公式HP
http://www.pref.saitama.lg.jp/junko-c/

埼玉県立循環器・呼吸器病センターは、昭和29年に開所した埼玉県立小原療養所をその全身とする病院です。本療養所は、当初は結核療養所として活動していましたが、循環器系疾患の患者増加を受け、平成6年に埼玉県立小原循環器病センターとして生まれ変わりました。そして平成10年、呼吸器系の難治疾患に対応するため、現在の埼玉県立循環器・呼吸器病センターが開設されました。

埼玉県立循環器・呼吸器病センターの理念と患者さんへの診療方針

埼玉県立循環器・呼吸器病センターでは、県民の健康を守り、心の支えとなれる病院を目指しています。また、患者さんには誠意と熱意をもって接することを旨としています。その基本方針は、「患者第一」。その権利と意思を尊重した上で、徹底したインフォームドコンセントを実施しています。また、提供する医療サービスについては、高度で先進的、なおかつ医療安全管理体制に基づいた安全なサービスを提供することを目指しています。また、個人情報の扱いについても適切な管理を心がけ、プライバシーの保護を重視しています。そして、地域医療の充実とスタッフ一人ひとりの研鑽によって、医療サービスの質の向上を目指します。

心筋梗塞・狭心症診療を行う科・部門の医療情報

■特徴

埼玉県立循環器・呼吸器病センターにて心筋梗塞治療を行っているのは、循環器内科です。本科では心臓や大動脈に関係する循環器疾患に対して、診断と治療を行っています。緊急を要する事態にもすばやく対応できるようになっており、24時間いつでも診察・医療を可能とするチーム医療体制を整えており、埼玉県北部エリアの医療の一部を担う、重要な部署となっているのです。

■診療概要

埼玉県立循環器・呼吸器病センターは、救急外来や心臓カテーテル室、集中治療室などの設備が充実しており、必要に応じて適切な医療サービス、術式を行えるようになっています。外科的治療にも対応しており、バイパス術や弁置換術などが必要になった場合には、心臓血管外科との合同カンファレンスの上で治療方針を検討・決定します。もちろん患者さん本人やそのご家族との相談も綿密に行われ、これらの過程は研修医などの医師の育成にも活かされています。

■実績

  • ・手術あり
    処置1あり:51例
    処置1なし:629例
  • ・手術なし
    処置1あり:745例
    処置1なし:18例
  • ・手術あり
    処置2あり:20例
    処置2なし:660例
  • ・手術なし
    処置2あり:15例
    処置2なし:748例
  • 合計:2886例

科・部門の名医:武藤 誠(むとうまこと)医師

■医者について

埼玉県立循環器・呼吸器病センターの副院長を務める武藤医師は、虚血性心疾患、冠動脈カテーテルインターベンションをその専門領域としています。武藤医師の所属するセンターでは、冠動脈疾患や心筋疾患、弁膜症、先天性心疾患などを対象としており、新しい診断法や治療法も日夜研究されています。病床数も豊富で一般病棟は80床、冠疾患集中治療室は5床、重症集中治療室じゃ10床となっています。スタッフ数は常勤医師12名および非常勤医師(研修医)3名となっています。

■医者経歴

  • 日本内科学会認定医
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本循環器学会関東甲信越地方会評議員
  • 日本心血管インターベンション治療学会(CVIT)専門医・指導医
  • 日本冠疾患学会理事
  • 医学博士

※略歴や経歴についての情報が少なかったので、文字数が少なくなっています。

埼玉県立循環器・呼吸器病センターの詳細情報

  • 病院名:埼玉県立循環器・呼吸器病センター
  • 所在地:〒371-0004 群馬県前橋市亀泉町甲3-12
  • アクセス情報
    - 電車
    - JR高崎線・上越新幹線・秩父鉄道「熊谷駅」北口からバスで30分
    - 東武東上線・JR八高線「小川町駅」からバスで25分
    - 自家用車
    - 関越自動車道「花園IC」から約9.5km
    - 関越自動車道「嵐山・小川I.C.」から約8.5km
  • 診療時間
    月曜~土曜:8:30~17:00
  • 休診日:土曜、日曜、祝日、年末年始
  • 電話番号:048-536-9900
  • 公式ページURLhttp://www.pref.saitama.lg.jp/junko-c/

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?