イラスト群馬県立心臓血管センター【群馬県】

群馬県立心臓血管センター公式HP
*画像引用元:群馬県立心臓血管センター公式HP
http://www.cvc.pref.gunma.jp

群馬県立心臓血管センターは、昭和15年に設立された県立教員保健所をその基礎としています。その後、県立前橋病院、県立循環器病センターと名前を変えて現在に至ります。特に循環器関連の施設は充実しており、心臓カテーテル室4室、心臓血管外科手術室2室、ハイブリッド手術室1室、総合リハビリ棟などの充実の施設をフルに活用し、高度な先進的医療を提供しています。

群馬県立心臓血管センターの理念と患者さんへの診療方針

群馬県立心臓血管センターの理念は、患者さん全員に分け隔てなく接し、一人ひとりの安全と権利を遵守した上で最良の医療サービスを提供することにあります。その基本方針は、患者本位の医療サービスの提供です。安全な医療を確立するため、医療安全管理体制を構築し、県民のための地域医療を支えます。そして、患者が必要とする十分な情報を開示し、透明性の確保された医療を実現します。また、地域のほかの機関との緊密な連携によって地域医療をより高度なものに向上させることも目標としています。職員の教育にも力を入れ、すべてのスタッフの育成とスキルアップを目指しています。

心筋梗塞・狭心症診療を行う科・部門の医療情報

■特徴

群馬県立心臓血管センターにて心筋梗塞診療を行っているのは、循環器内科です。本科では虚血部門、不整脈部門、核医学部門、心臓リハビリテーション部門の4部門を設けて治療にあたっています。もちろんそれぞれの部門がすべて高度な医療技術と知識を持っており、優れた医療サービスを提供してくれます。さらに病棟内では内科外科の区別を取り払っています。これによって部門の違いにとらわれることなく、心臓や大血管の疾患に対する最先端医療を実施しています。

■診療概要

虚血性心疾患については、平成26年に本科にて北関東地域では初の心臓血管外科と協力してのカテーテルによる大動脈弁の治療(経カテーテル大動脈弁置換術【TAVR】)が実行されました。胸部や腹部大動脈瘤へのステtンと挿入術式も年間84例行われており、確かな経験に裏付けられた高い技術を誇っています。不整脈については平成5年から心臓電気生理学的検査と高周波カテーテル・アブレーションを実施しているほか、平成9年には植え込み型除細動器も用いています。

■実績

  • ・手術あり
    処置1あり:122例
    処置1なし:241例
  • ・手術なし
    処置1あり:731例
    処置1なし27:例
  • ・手術あり
    処置2あり:52例
    処置2なし:311例
  • ・手術なし
    処置2あり:144例
    処置2なし:614例
  • 合計:2242例

科・部門の名医:内藤 滋人(ないとうしげと)医師

■医者について

群馬県立心臓血管センターのスタッフとして働く内藤医師は、不整脈、心房細動、高周波カテーテル・アブレーション(心筋焼灼術)を専門としており、その優れた不整脈治療で有名な医師です。近年、その効果が注目されているカテーテルアブレーションは、患者への体の負担が少なく、なおかつ心房細動をはじめとする頻脈性不整脈を根本的に治療できる手法として注目されていますが、その反面困難な術式で、高い技術と経験が求められます。内藤医師はこの手法の名手として知られており、国内トップクラスの評価を受けています。後進の指導にも力を入れており、カテーテルアブレーションの技術指導を全国の若手医師に行っています。

■医者経歴

  • 1983年:群馬大学医学部 卒業
  • 1983年:群馬大学第二内科入局
  • 2000年:群馬県立心臓血管センター 循環器内科第二部長
  • 2018年4月:群馬県立心臓血管センター 院長

群馬県立心臓血管センターの詳細情報

  • 病院名:群馬県立心臓血管センター
  • 所在地:〒371-0004 群馬県前橋市亀泉町甲3-12
  • アクセス情報
    - 上毛電鉄
    - 心臓血管センター駅より徒歩3分
    - JR前橋駅
    - タクシー約20分
  • 診療時間
    月曜~土曜:8:30~11:00
  • 休診日:土曜、日曜、祝日(急患は随時受け付け可能)
  • 電話番号:027-269-7455
  • 公式ページURLhttp://www.cvc.pref.gunma.jp

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?