イラスト名古屋掖済会病院【愛知県】

名古屋掖済会病院公式HP
*画像引用元:名古屋掖済会病院公式HP
http://www.nagoya-ekisaikaihosp.jp/

名古屋掖済会病院は、地域の中核病院として救急医療に携わる病院です。昭和53年5月には東海地方で最初の救命救急センター開設を開設、平成18年には救急患者の増加に、24時間365日対応するために救急救命センターを新設しました。救急救命センターでは、重症・緊急疾患以外に、小児救急など幅広い治療を行っています。

名古屋掖済会病院の理念と患者さんへの診療方針

名古屋掖済会病院では、「えきさい」の精神に基づいて活動をしています。これは「導き、たすける」という意味です。本院はこの精神のもと、地域社会との信頼関係を築き、その上に安全・安全な治療を成立させています。また、その基本方針としては、患者さんの尊厳を守り、個人情報の保護などの患者さんの権利を守ることを掲げています。また、実施するチーム医療は患者さんを中心とするものとなっています。そして、地域の各種医療機関との連携を緊密なものとし、救急医療の充実と高度医療の推進を目指します。こうした目標を達成するべく、優秀なスタッフを育成するための研修・教育活動や、健全な経営と職場環境の改善にも努めます。

心筋梗塞・狭心症診療を行う科・部門の医療情報

■特徴

名古屋掖済会病院にて心筋梗塞診療を行っているのは、循環器内科です。
本科では、心臓病、高血圧症、血管病などの疾患を治療対象としています。こうした循環器系の疾患には、胸の息苦しさ、呼吸困難、手足のむくみ、めまい、失神といった症状があります。また、不安定狭心症や急性心筋梗塞のような冠動脈に関わる疾患は緊急を要するので、本科では24時間体制を敷き、いつでも緊急カテーテル手術ができる体制を整えています。

■診療概要

狭心症や心筋梗塞などの循環器疾患は、突然発症する症状で、多くの患者さんが救急車で救急救命センターに運び込まれてきます。救急救命センターの治療は救急科の医師との連携による診察からスタートします。診察の結果、心臓カテーテル治療が必要であると判断された場合は、看護師・診療放射線技師との連携によって処置が行われます。診療放射線技師から提供されたX線画像で患部を確認した後、血管の拡張を行います。

■実績

  • 手術あり
    - 処置1あり:14例
    - 処置1なし:74例
  • 手術なし
    - 処置1あり:23例
    - 処置1なし:11例
  • 手術あり
    - 処置2あり:52例
    - 処置2なし:36例
  • 手術なし
    - 処置2あり:0例
    - 処置2なし:27例
  • 合計:237例

科・部門の名医:淡路 喜史(あわじよしふみ)医師

■医者について

淡路 喜史医師は、本院の循環器内科にて部長を務めています。淡路医師が所属している循環器内科では、従来のような薬物治療だけでなく、最近ではカテーテルを用いた根治治療である「カテーテルアブレーション」を実施しています。また、頻脈性不整脈や脳梗塞の原因ともなる心房細動にたいしても、この手法は有効とされています。日本に現在3千万人いると言われている高血圧患者のため、淡路医師はこうした治療だけでなく、普段の食事から改善できる減塩食に関する講義も行っています。

■医者経歴

  • 資格名
    - 日本内科学会指導医
    - 日本内科学会認定内科医
    - 日本循環器学会認定循環器専門医
    - 日本高血圧学会指導医
    - 臨床研修指導医
    - 日本胸部外科学会認定医
    - 日本心不全学会・日本不整脈心電学会 植込み型除細動器/ペーシングによる心不全 治療研修修了
    - 日本不整脈心電学会不整脈専門医
    - 日本内科学会総合内科専門医

名古屋掖済会病院の詳細情報

  • 病院名:名古屋掖済会病院
  • 所在地:〒454-8502 愛知県名古屋市中川区松年町4-66
  • アクセス情報
    - 名古屋駅から(平成29年4月1日より乗車停変更)
    ⇒ 市バス:名古屋駅バスターミナル4番、または21番(ミッドランドスクェア前)のりばから幹名駅2「東海橋」「野跡駅」行き乗車、「玉船町3丁目(掖済会病院)」下車、西へ徒歩5分
    ⇒ タクシー:約25分 ほか
  • 診療時間
    - 月曜~金曜:8:00~11:30(初診受付時間/再診受付時間は7:30~11:30)
    ※土曜は小児科のみ対応
  • 休診日
    - 土曜・日曜・祝日・年末年始(12/29~1/3)
  • 電話番号:052-652-7711
  • 公式ページURLhttp://www.nagoya-ekisaikaihosp.jp/

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?