イラスト松江赤十字病院【鳥取県】

松江赤十字病院公式HP
*画像引用元:松江赤十字病院公式HP
http://www.matsue.jrc.or.jp

松江赤十字病院は、日赤病院として地域住民から親しまれている歴史ある病院で、創立83年目となります。本院は2025年に向けた地域医療構想の中で、高度急性期病院であることを強く望まれています。

それに答えるため、本院では「救急医療」と「災害拠点病院」のふたつの側面を重視しており、医師の確保や救急体制の構築にも力を入れています。

松江赤十字病院の理念と患者さんへの診療方針

松江赤十字病院の掲げる基本理念は、もちろん赤十字の精神である「人道・博愛」の精神に則っています。そしてその基本方針は、地域の基幹病院となるべく、良質かつ高度な医療サービスを提供することとなっています。また、急性期病院としても十分に機能するべく、地域の保健・医療・福祉・介護機関との連携を取り、一貫した医療を実行するほか、24時間いつでも対応可能な救急病院としても機能するべく尽力します。

同時に、有事の際には災害病院としても機能を発揮します。さらに、今後につながる次世代の医療に携わるスタッフを育成する教育の場としても優秀な病院でいることを目指します。

心筋梗塞・狭心症診療を行う科・部門の医療情報

■特徴

松江赤十字病院の心筋梗塞診療は、循環器内科が担当しています。本科では、虚血性心疾患、心臓弁膜症、動脈瘤などの心臓や全身の血管に関連する症状全般を取り扱っています。
心臓カテーテル検査は1983年から行っており、2017年時点で手がけた症例は43000例という数にのぼっています。冠動脈カテーテル治療は10000例、カテーテルアブレーション治療は1300例など、きわめて豊富な症例データを保持しています。さらには上肢・下肢動脈の閉塞性動脈硬化症に対しての血管内カテーテル治療なども幅広く手がけています。

■診療概要

本科は以下の器具の施設認定病院となっています。

  • 植込み型除細動器
    突然死の原因となる危険な重症不整脈を治療するためのペースメーカーです。
  • ロータブレーター
    狭心症の中でも、動脈硬化が極端にひどいケースのカテーテル治療に使用します。
  • 両心室ペースメーカー
    心臓が衰弱した重症心不全に用いるペースメーカーです。
  • リードレスペースメーカー
    右心室内に直接取付可能な小型ペースメーカーです。

■実績

  • 心臓カテーテル検査:779
  • 経皮的冠動脈形成術:207
  • カテーテルアブレーション(心房細動治療):117(82)
  • ペースメーカー移植術:65
  • 両心室ペースメーカーおよび植込み型除細動器移植術:14
  • 閉塞性動脈硬化症に対する血管内カテーテル治療:19

(※2017年のデータです)

科・部門の名医:城田欣也 (しろたきんや) 医師

■医者について

城田医師は、松江赤十字病院の第一循環器内科部部長を務めています。虚血性心疾患の冠動脈治療には、城田医師の所属する循環器内科で行われているカテーテル治療(PCI)と、心臓血管外科の行うバイパス治療(CABG)とがあります。
どちらが優れた治療法かは一概には言えないので、城田医師は2012年の日本循環器学会ガイドラインに基づき循環器内科医、カテーテル治療医、心臓血管外科医などが協力して結成するハートチームを作り診療にあたっています。2018年に完成した血管造影装置を備えたハイブリッド手術室も完成し、城田医師率いる当循環器内科の医療サービスは、ますます発展していくことでしょう。

■医者経歴

  • 医学博士
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本内科学会専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会専門医
  • 臨床研修指導医
  • 鳥取大学医学部臨床教授

松江赤十字病院の詳細情報

  • 病院名:松江赤十字病院
  • 所在地:〒690-8506 島根県松江市母衣町200
  • アクセス情報
    - 駐車場:第一駐車場(立体駐車場)306台・第二駐車場(平面駐車場)99台がご利用いただけます。
    第一駐車場(立体駐車場)は、エレベータが設置してあります。
    利用は、24時間できます。
    入場の際は必ず駐車券を受け取り退出のとき所定の利用料金をお支払いください。
    駐車場での事故・損傷・盗難等についての一切の責任は負いません。
    危険物の持ちこみは固くお断りします。
  • 診療時間
    月曜~金曜:8:00~11:30(受付時間/科目毎時間・曜日あり)
  • 休診日
    土曜・日曜・祝・5/1(創立記念日
  • 電話番号:0852-24-2111
  • 公式ページURLhttp://www.matsue.jrc.or.jp

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?