イラスト枚方公済病院【大阪府】

枚方公済病院公式HP
*画像引用元:枚方公済病院公式HP
http://www.kkr-hirakoh.org/

枚方公済病院では、医療への貢献を確実なものとするため、全てのスタッフが総力を上げて奉仕の精神で地域医療にあたっています。枚方地方は特に連携力が強く、本院はそうした中で地域完結型の療養体制が進行するとして、研修病院、専門医病院としての実績を着実に積み上げています。今後はER医療をはじめとする救急医療への対応も急務としています。

枚方公済病院の理念と患者さんへの診療方針

枚方公済病院は、「医療への貢献と奉仕」をその理念としています。その基本方針は、地域における中核病院として十分に機能を発揮し、快適な療育環境と高度な医療サービスを提供することとなっています。また、そうした医療サービスは、患者さんの立場を尊重し、合理的なものであるように努力します。病院の方も働きがいのある職場となれるように労働環境を整備し、全スタッフは常に知識と技術の研鑽に努めます。そして、これらの方針を実行することで、本院が地域住民にとって強く、優しく、頼りになる病院であるべく尽力します。

心筋梗塞・狭心症診療を行う科・部門の医療情報

■特徴

枚方公済病院にて心筋梗塞診療を担当しているのは、循環器内科です。
本科では11名のスタッフが在籍しています。対象としているのは、虚血性心疾患をはじめとして、心不全、不整脈、心筋症、高血圧性疾患などの循環器疾患となっています。検査については、非侵襲的検査としては心臓超音波、運動負荷、ホルター心電図を、侵襲的検査としては心臓カテーテル検査、心臓電気生理学的検査を積極的に行っています。

■診療概要

本科では、急性心筋梗塞、不安定狭心症などの救急患者を受け付けています。救急患者に対しては、緊急心臓カテーテル検査および経皮的冠動脈形成術(PTCA)が行われます。また、不整脈の検査としては心臓電気生理学的検査が行われます。その後、ペースメーカー埋め込み術や心筋焼灼術などの処置がなされます。

■実績

  • 手術あり
    - 処置1あり:0例
    - 処置1なし:99例
  • 手術なし
    - 処置1あり:10例
    - 処置1なし:0例
  • 手術あり
    - 処置2あり:14例
    - 処置2なし:94例
  • 手術なし
    - 処置2あり:0例
    - 処置2なし:19例
  • 合計:236例

科・部門の名医:野原 隆司(のはらりゅうじ)医師

■医者について

野原 隆司医師は、本院の循環器内科にて病院長を務めています。野原医師は、病院の掲げる理念である「医療への貢献」を確実なものとするべく尽力しています。今後、治療から介護までの包括医療である地域完結型の療養体制が進むとの見通しから、本院の立ち位置が重要になるものと考えています。

■医者経歴

  • 所属学会等
    - 日本内科学会認定内科医
    - 日本高血圧学会認定指導医
    - 日本循環器学会認定循環器専門医
    - 心臓リハビリテーション指導士
    - 日本内科学会
    - 日本循環器学会(評議員)
    - 日本心臓病学会(評議員、FJCC)
    - 日本心不全学会(評議員)
    - 日本心臓リハビリテーション学会(理事)
    - 日本心臓核医学会(評議員)
    - 日本冠疾患学会(評議員)
    - 日本内科学会近畿地方会(評議員、幹事)
    - 日本循環器学会近畿地方会(評議員)
    - 日本臨床生理学会(評議員)
    - 日本核医学会
    - 日本糖尿病学会
    - 日本臨床心理学会
    - アジア太平洋心臓病学会(APSC)会員
    - Japan Heart Club(理事)
    - 日本ICDの会(顧問)
    - 大阪地方裁判所委員会委員

枚方公済病院の詳細情報

  • 病院名:枚方公済病院
  • 所在地:〒573-0153大阪府枚方市藤阪東町1丁目2番1号
  • アクセス情報
    【電車】
    - JR学研都市線 長尾駅下車 徒歩10分
    ⇒ または京阪バス 枚方市駅行に乗車、枚方公済病院(旧京阪奈病院)下車
    - 京阪電車 枚方市駅下車
    ⇒ 京阪バス 長尾駅行に乗車、枚方公済病院(旧京阪奈病院)下車
    ※無料シャトルバスあり
  • 診療時間
    - 月曜~金曜:8:30~11:00
    ※土曜は小児科のみ対応
  • 休診日
    - 土曜・日曜・祝日・年末年始
  • 電話番号:072-858-8233
  • 公式ページURLhttp://www.kkr-hirakoh.org/

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?