イラストさいたま医療センター【埼玉県】

さいたま医療センター公式HP
*画像引用元:さいたま医療センター公式HP
http://www.jichi.ac.jp/center/

自治医科大学附属 さいたま医療センターは、地域医療への貢献とへき地医療に携わる育成と生涯学習を目的として、平成元年12月に開設されました。その目的を実現するべく発展を続け、平成20年には活動範囲も広がり、産科、周産期医療にも対応できるようになりました。今や精神科以外のすべての疾患に対応可能となり、地域医療を支える柱となっています。

さいたま医療センターの理念と患者さんへの診療方針

自治医科大学附属 さいたま医療センターでは、「患者中心の医療」「安全で質の高い医療」「地域に根ざした医療」 「心豊かな医療人の育成」の4点を医療理念としています。そして、患者さんとその家族に対しては、わかりやすい言葉での説明を受ける権利があるという理念に基づき、治療・施術に関する十分なインフォームドコンセントを実施しています。治療に際して同意を得る際には患者さんの自己決定権を尊重するとともに、守秘義務を遵守します。さらに、宗教上の理由による輸血の拒否や安楽死・尊厳死、さらには遺伝子検査、遺伝子治療などの難しい問題にも適切に対処してくれます。

心筋梗塞・狭心症診療を行う科・部門の医療情報

■特徴

自治医科大学附属 さいたま医療センターで心筋梗塞治療を行っているのは、循環器内科です。本科は、平成元年の開院以来、中心的な役割を果たしていました。虚血性心疾患に対して行われたカテーテル治療の件数は、年間800件にものぼります。さらに、心筋梗塞については地域のほかの機関との連携、救急部門を含めた診療体制をしっかりと固めています。こうした地盤の上に高度な医療技術を重ねているのが本院の循環器内科なのです。

■診療概要

本院の循環器内科では、急性心筋梗塞に代表される循環器救急疾患に対応するため、24時間体制の対応を行っているほか、緊急カテーテル検査・治療を実施しています。さらに、その予後も患者さんが安心して暮らせるような治療を心がけています。施設も充実しており、心臓カテーテル検査室ではシーメンス社製とGE社製2台の2方向撮影装置と東芝社製の装置を併用しており、デジタル撮影や電子カルテにも対応しています。

■実績

  • 【手術術式別件数】
  • 頸椎:12
  • 胸椎:4
  • 腰椎:41
  • 人工股関節置換術:14
  • 人工膝関節置換術:16
  • 大腿骨頚部骨折:50
  • その他骨折 :30
  • 関節鏡視下手術:12
  • 末梢神経:1
  • 生検術:15
  • 良性腫瘍:77
  • 悪性腫瘍:50
  • 手の外科:3
  • 切断:5
  • その他:42
  • 外来手術:28
  • 合計:400

(※2015年のデータです)

科・部門の名医:百村 伸一 (ももむらしんいち) 医師

■医者について

さいたま医療センター・循環器科で行われている24時間体制の急性心筋梗塞や心不全などの救急患者の受け入れ体制の中心となっているのが、この百村医師です。最先端機器を使いこなすその手腕は確かなもので、カテーテル室での施術では、カテーテル治療によるすばやい再灌流を実現。それだけでなく、外科医との高度な連携によって心臓再同期療法、補助人工心臓などにも取り組んでいます。百村医師の得意分野はそれだけにとどまらず、睡眠時無呼吸診療も積極的に行っています。

■医者経歴

  • 1976年3月:東京大学医学部医学科 卒業
  • 1982年2月~85年3月:ハーバード大学ベスイスラエル病院研究員
  • 1986年4月:東京大学医学部第二内科助手
  • 1998年4月:虎の門病院循環器センター内科部長
  • 2006年1月:自治医科大学附属大宮医療センター循環器科教授
  • 2012年4月:自治医科大学附属さいたま医療センター、センター長

さいたま医療センターの詳細情報

  • 病院名:さいたま医療センター
  • 所在地:〒330-8503 埼玉県さいたま市大宮区天沼町1-847
    (個別郵便番号)
  • アクセス情報
    - バス:- 大宮駅「東口」から、国際興業バスを利用
    - タクシー:- 大宮駅「東口」のタクシー乗り場を利用
  • 診療時間
    - 午前:月曜~金曜:9:00~17:00(予約制)
  • 休診日
    - 土・日・祝・5/14(創立記念日)
    - 年末年始(12/29~1/3))
  • 電話番号:048-647-2111
  • 公式ページURLhttp://www.jichi.ac.jp/center/

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?