イラスト市立函館病院【北海道】

市立函館病院公式HP
*画像引用元:市立函館病院公式HP
https://www.hospital.hakodate.hokkaido.jp

市立函館病院は、1860年に創立された歴史ある病院です。160年近い歴史を持つ本院は、2018年4月には北海道から地域医療支援病院として認定され、定期的な研究会の主催、地域医療機関との密な連携、ドクターヘリ運用といったような活動を行い、道南地域で中心的な役割を果たす病院となってきました。さらに、当院は厚生労働省による救命救急センターの充実が評価され、6年連続北海道第一位となっています。

市立函館病院の理念と患者さんへの診療方針

市立函館病院は、「地方センター病院として住民の求める最良の医療を提供すること」をその理念として掲げています。そして、その基本方針は、安全な医療の提供と快適な療育環境、そして医療水準の向上としています。また、患者さんの権利と意志を尊重した医療サービスを提供し、救急救命センターとして病院の責務を果たすことを目標としています。本院では、患者さんの権利と義務を定めています。まず、患者さんは人格とプライバシーの尊重を保証された上で、安全かつ高品質なサービスを受ける権利を有します。そして、心身の状況を医師に説明し、療養についての指示を守る義務があるとします。

心筋梗塞診療を行う科・部門の案内

■特徴

市立函館病院にて心筋梗塞治療を行うのは、循環器内科です。本科では、心臓や大血管、末梢血管に異常のある方を対象に治療を行っています。急性期病院としての役割を果たすべく、24時間体制のチーム医療を心がけており、年間の急性心筋梗塞患者の受入数は100~120例、平均在院日数は13日となっています。

■診療概要

本科では、日帰り心臓カテーテル検査を行っています。この検査のメリットとしては、医療費の自己負担が軽減できる点が挙げられます。実施する検査によって異なりますが、最大で3万円の軽減が可能です。さらに、日帰りで終わるので、忙しくて仕事を休めない方や子供の世話や高齢者の介護のために家を長く開けられない方にもおすすめです。院内感染の危険性が少ない、入院のストレスがないなどの、患者さんのリスクや負担が少ない点も大きなメリットだと言えるでしょう。また、恒例などで病室での生活に不安のある方にもこの検査はおすすめです。

■実績

手術あり

  • 処置1あり:0例
  • 処置1なし:65例

手術なし

  • 処置1あり:0例
  • 処置1なし:0例

手術あり

  • 処置2あり:21例
  • 処置2なし:53例

手術なし

  • 処置2あり:0例
  • 処置2なし:0例

科・部門の名医:蒔田 泰宏(まきたやすひろ) 医師

■医者について

蒔田 泰宏医師は、本院の循環器内科にて医療部長および科長を務めています。蒔田医師の所属する循環器内科では、経皮的カテーテル心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)やTAVI(経カテーテル大動脈弁置換術)といったような先進的な治療が行われています。前者は不整脈の根治療法で、局所麻酔を行った上で心臓内の不整脈の原因部位を加熱処理するというものです。後者は道南地域で初めて用いられた術式で、大動脈弁狭窄症患者への肉体的負担を軽減するためのものです。バルーンで大動脈弁を拡張したあとに弁を留置するという方法で、2002年にこの治療法によって1人の命が救われました。

■医者経歴

  • 昭和60年 埼玉医科大学卒業

専門領域

  • 心血管インターベンション

認定医/専門医

  • 日本心血管インターベンション治療学会(認定医、 専門医)
  • 日本循環器学会(会員)

市立函館病院の詳細情報

  • 病院名:市立函館病院
  • 所在地:〒041ー8680 北海道函館市港町1丁目10番1号
  • アクセス情報
    ・【電車】
    JR五稜郭駅からは函館バスの"市立病院・五稜郭循環バス"も出ています。(所要時間6~7分程度・料金210円)
    ・【バス】
    市立函館病院停留所は正面玄関前すぐにあります。
  • 診療時間:月曜~金曜:8:30~11:30 13:00~15:00
    (休診日:土曜・日曜・祝日・年末年始)
  • 電話番号:0138-43-2000
  • 公式ページURLhttps://www.hospital.hakodate.hokkaido.jp

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?