イラスト福井循環器病院【福井県】

福井循環器病院公式HP
*画像引用元:福井循環器病院公式HP
http://www.fcvc.or.jp/index.php

福井循環器病院は、2017年9月16日に創立50周年を迎えました。かつて福井県、そして日本海沿岸地域では、施設の不足によって、一部の裕福な人々を除いて心臓の手術が受けられないという状態がありました。そこで、地元の人々の努力と協力によって生まれたのが本院なのです。人口の少ない福井という地域で、最新の医療を提供し続ける、それが福井循環器病院なのです。

福井循環器病院の理念と患者さんへの診療方針

福井循環器病院では、常に十分な力をもって、患者さんに最新かつ安全な医療サービスを提供することを理念としています。また、それらを提供する病院のスタッフも、日々の研鑽を怠らず、常に知識と技術を磨き、患者さんが平等に豊かな人生を歩めるようにすることを目的としています。提供する医療サービスは公正なものであり、なおかつ患者さんのプライバシーを尊重したものとなっています。インフォームドコンセントに基づき、患者さんに対して行う医療行為の内容は、全て患者さんに説明が行われます。そして、患者さんが最後まで豊かな人生を送れるように全スタッフが最大限の努力を怠りません。

心筋梗塞・狭心症診療を行う科・部門の医療情報

■特徴

福井循環器病院にて心筋梗塞診療を担当しているのは、循環器内科です。本科では心臓疾患、血圧、動脈疾患などを治療対象としています。その治療法としては、上室性頻拍のアブレーションや心房細動のアブレーションなどが実施されています。冠動脈の高度石灰化病変を掘削するという術式であるロータブレーターについては、本科が県内で唯一の保健可能施設となっています。また、本科では紹介状があったほうがスムーズに検査を受けることができます。

■診療概要

本科では、急性心筋梗塞に対して、主に血栓溶解療法、経皮的冠動脈形成術のふたつの術式が用いられています。血栓溶解法は、血管をつまらせている血栓を溶かしてしまうというもので、血栓溶解剤を注射したり、血管内にカテーテルを挿入して冠動脈に直接薬剤を注入したりします。経皮的冠動脈形成術は、手首の付け根などから細い管を挿入し、冠動脈の状態をチェックするというものです。

■実績

  • 先天性心疾患:42例
  • 心臓弁膜症:87例
  • TAVI(平成30年9月20日現在):60例
  • 血管性疾患:126例
  • 虚血性心疾患:105例
  • 新規体内ペースメーカー(ICD、CRT含):100例
  • 他の心血管疾患:12例
  • 心臓血管外科手術合計:480例
  • 消化器系疾患:55例
  • 眼及び付属器疾患:62例
  • その他:288例
  • 総手術数:885例

※2016年1月~12月のデータです。

科・部門の名医:大里 和雄(おおさとかずお)医師

■医者について

大里医師は、福井循環器病院の循環器内科の副院長を務めています。大里医師は、特に高齢者の血圧管理について、患者さんごとに最適な治療を行うことを重視しています。高齢者は様々な臓器が老化しているので、その一人ひとりの違いに合わせて、適切な治療を選んで行うことが大切だと考えているのです。また、高齢者に多い薬の飲み忘れや飲み間違いの対策として、朝昼晩に飲む薬をひとまとめにする「一包化」を実施しています。さらに、薬ふたつ分の成分をひとつの薬にまとめるという形で、薬の種類を減らすという試みも行っています。また、骨や筋肉の老化による身体能力の低下についても、専門医と開業医が連携して医療サービスを行うことで、患者さんをしっかりサポートできるようにしています。

■医者経歴

  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本循環器学会 専門医
  • 日本医師会 認定産業医
  • 日本心血管インターベンション治療学会 指導医・認定医

福井循環器病院の詳細情報

  • 病院名:福井循環器病院
  • 所在地:〒910-0833 福井市新保2-228
  • アクセス情報
    - 電車
    - えちぜん鉄道「越前新保駅」出口より徒歩5分
    - えちぜん鉄道「越前開発駅」出口より徒歩11分
    - えちぜん鉄道「追分口駅」出口より徒歩16分
    - タクシー
    JR福井駅より約10分
  • 診療時間
    月曜~金曜
    - 8:30~11:30
    土曜
    - 8:30~11:00
  • 休診日:日曜、祝日
  • 電話番号:0776-54-5660
  • 公式ページURLhttp://www.fcvc.or.jp/index.php

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?