イラスト第一病院 心臓血管外科【東京都】

第一病院 心臓血管外科公式HP
*画像引用元:第一病院 心臓血管外科公式HP
http://www.daiichi.or.jp/

第一病院が開設されたのは昭和22年、葛飾区東金町でした。そこから現在に至るまで、第一医院は患者の求める医療サービスの向上に努めてきました。最新機器の導入や診療内容の充実によって、地域の健康を守る、頼れる病院となっています。疾病の予防や診断からリハビリテーションまで総合的な医療サービスを提供してくれる医院、それが第一病院です。

第一病院 心臓血管外科の理念と患者さんへの診療方針

第一病院は、地域に根ざした医療機関として、「患者様に安心していただける病院」「患者様に信頼される病院」 「患者様と希望を分かち合える病院」の3つの目標を掲げています。

さらに品質方針としては、人間性の尊重を重視しています。安全・快適な医療の場の実現はもちろんのこと、スタッフと患者のあいだの交流も大切にし、技術だけではない、心のこもったサービスを心がけています。

また、予防と治療の両方とも質の高い医療を提供します。加えて、病気だけでなく健康な生活のために役立つ医療サービスの提供も怠りません。

心筋梗塞・狭心症診療を行う科・部門の医療情報

■特徴

第一病院で心筋梗塞診療を行っているのは、心臓血管外科です。本科では、心臓疾患及び血管疾患に対して、精密検査の後、カテーテル療法、手術療法、薬物療法を行うほか、場合によってはペースメーカーの植え込み手術なども行います。動脈硬化に関しては、早期発見・早期治療を推奨しています。動脈硬化は気がついたときには進行しているものなので、早期発見が大切です。本科では5分程度の簡単な検査で血管の状態が確認できます。

■診療概要

第一病院の心臓血管外科では、急性心筋梗塞や不安定狭心症などの症状に対し、24時間体勢の医療を行っています。心臓血管外科だけでなく、循環器科医、麻酔科医などが総合的な協力体制を敷くことで、冠動脈バイパス術などの困難な手術も、いつでも施工可能な状態となっているのです。現在ではそのチーム医療はさらに進化し、麻酔科と心臓血管外科が合同で術後管理チームを作りました。各科の垣根を取り除くことによって、より優れた診療を可能にしているのです。

■実績

  • 胃がん:13件
  • 胃穿孔:0件
  • 十二指腸腫瘍:0件
  • 結腸がん:12件
  • 直腸がん:5件
  • 憩室炎:3件
  • 大腸穿孔:2件

(※2017年のデータです)

科・部門の名医:落 雅美 (おちまさみ) 医師

■医者について

落医師は、虚血性心疾患の研究と治療を専門に行なっている「日本冠疾患学会」にて前理事長を務めていました。第一病院の心臓血管外科では、各科の枠を飛び越えた緊密なチーム医療体制を敷いたことで、きわめて良好な手術実績を上げています。特に人工心肺を用いず心臓も停止させない「オフポンプバイパス術」については、日本国内のパイオニア的存在だといえるでしょう。

■医者経歴

  • 1985年1月~1990年6月:会津若松市会津中央病院心臓血管外科部長
  • 1990年7月:日本医科大学付属病院胸部外科助手
  • 1993年4月:日本医科大学第二外科講師
  • 1996年4月:日本医科大学第二外科助教授
  • 2003年6月:日本医科大学付属病院心臓血管外科部長
  • 2004年4月:日本医科大学外科学講座・心臓血管外科教授
  • 2014年3月:日本医科大学を定年退職
  • 2014年4月:医療法人社団葵会 川崎南部病院 副理事長・心臓血管外科顧問

第一病院 心臓血管外科の詳細情報

  • 病院名:第一病院 心臓血管外科
  • 所在地:〒125-0041 東京都葛飾区東金町4-2-10
  • アクセス情報
    - 電車:JR常磐線・東京メトロ千代田線金町駅より徒歩10分/京成金町線京成金町駅より徒歩12分
    - バス:京成バス(戸ヶ崎操車場行き、八潮駅行き)東金町三丁目バス停より徒歩1分/東武バスセントラル(新三郷駅(大膳橋経由と中央通り経由がございます)/東金町循環)葛西神社入口バス停より徒歩3分
  • 診療時間
    月曜~土曜:9:00~12:00/14:00~17:00(午後は土曜除く)
  • 休診日
    日曜日・祝祭日・年末年始
  • 電話番号:03-3607-0007
  • 公式ページURLhttp://www.daiichi.or.jp/index.html

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?