イラスト千葉西総合病院【千葉県】

千葉西総合病院公式HP
*画像引用元:千葉西総合病院公式HP
http://www.chibanishi-hp.or.jp

20年前こそ研修医もいないほど小規模な病院だった千葉西総合病院ですが、現在では病床数608床、職員は1400名の大規模な医院となっています。院長である三角和雄医師が担当している循環器科には、国内のみならず国外からも多数の患者が訪れます。それ以外の消化器内科、脳神経外科なども充実しており、地域社会からの信頼も篤い医院だといえるでしょう。

千葉西総合病院の理念と患者さんへの診療方針

千葉西総合病院は、「命だけは平等だ」を基本理念として、別け隔てなくすべての人が最善の医療サービスを受けることができる社会を目指しています。また、その目指す病院像は、「命を安心して預けられる病院」「健康と生活を守る病院」となっています。シンプルですが、病院という施設の担う役目としてこれ以上のものはないでしょう。またその基本方針としては、24時間年中無休の医療体制を敷き、救急搬入を絶対に断らないことを掲げています。その医療体制は、ほかの医療機関と相互に連携し、高度なサービスを確保しています。そうしたサービスを提供する中で患者さんに安心と安全を与えられる病院であろうとするのが本院なのです。

心筋梗塞・狭心症診療を行う科・部門の医療情報

■特徴

千葉西総合病院で心筋梗塞診療を行っているのは、循環器内科です。ここでは心臓や大血管などの循環器系疾患の急性期診断と集中治療を実施しています。総合的な診断には心電図やエコーなどの一般的な手法を用いていますが、精密検査には256列マルチスライスCT、および心臓カテーテル検査などの最新技術を投入しています。もちろん背術にあたっては患者さんの要望を取り入れ、インフォームドコンセントにおいてもわかりやすい説明を心がけています。

■診療概要

千葉西総合病院には、複数の手術を同時進行できる施設である「カテーテルスタジオ」を設置しています。これは6つの手術室を連結した施設で、センター長である三角医師が無線で各手術室に指示を送るという方式を取っています。困難な術式の場合には三角医師が各手術室を回って執刀するというもので、これによって三角医師の優れた技術を十分に発揮することのできるシステムとなっているのです。また、外来の方では緊急性を重視して予約制を取っていません。24時間いつでも対応可能な体制を準備して、1分1秒を争うことのある心筋梗塞に対処しています。

■実績

  • 総手術件数:6,766
  • 外科:1,106
  • 整形外科:894
  • 産婦人科:485
  • 泌尿器科:1,238
  • 脳神経外科:397
  • 心臓血管外科:782
  • 眼科:961
  • 形成外科:579
  • 口腔外科:374

(※2017年のデータです)

科・部門の名医:三角 和雄 (みすみかずお) 医師

■医者について

狭心症、心筋梗塞の低侵襲治療法であるカテーテル治療では日本最多の実績を誇る医師、それが千葉西総合病院の心臓病センター長を務めている三角医師です。特にロータブレーターやエキシマレーザーなどといった先端医療も得意としているのは特筆に値するでしょう。さらに複数の手術を同時に行うことを可能とする本院の代表的な施設である「カテーテルスタジオ」の設置には設計段階から携わっており、全国トップレベルの心筋梗塞治療を実現しています。外来も担当し、多い日には70人もの治療を行うという三角医師の手腕は確かなものであるといえるでしょう。

■医者経歴

  • 1982年:東京医科歯科大学医学部医学科卒業
  • 1985年:渡米し、ニューヨーク医科大学、カリフォルニア大学、ピッツバーグ大学、UCLA グッド・サマリタン病院などを経てハワイ大学臨床助教授
  • 1998年:千葉西総合病院心臓センター長
  • 2000年:同院副院長
  • 2004年:現職

千葉西総合病院の詳細情報

  • 病院名:千葉西総合病院
  • 所在地:〒270-2251 千葉県松戸市金ケ作107-1
  • アクセス情報
    - 電車
    - JR松戸駅から9分/JR津田沼駅から31分/JR東京駅から47分/千葉駅から52分/船橋駅から23分
    ・シャトルバスあり
  • 診療時間
    - 月曜、水曜、金曜:8:20~16:00
    - 火曜、木曜:8:20~15:30
    - 土曜:8:20~11:30
    - 月曜~金曜:16:30~18:30(受付時間/科目毎曜日あり)
  • 休診日:日曜、祝日
  • 電話番号:047-384-8111
  • 公式ページURLhttp://www.chibanishi-hp.or.jp

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?