悪い生活習慣・ストレス

セロトニンの増加などが心筋梗塞・狭心症を招く!
過度なストレスを感じると、交感神経が刺激されて血圧や血糖値を上昇させるホルモンが分泌されたり、血中コレステロール値が高くなります。またセロトニンの分泌も増えて、血管内で血栓ができやすくなり、狭心症や心筋梗塞の危険が高くなります。冠動脈の痙攣も心筋梗塞・狭心症を引き起こす要因の一つです。

 

そもそもストレスとは?

 

ホメオスタシスが機能不全となって身体の不調を訴える

ストレスとは、外部から刺激を受けた時に起こる、身体的反応のこと。ストレスを感じても、通常は「ホメオスタシス(生体恒常性)」が働いて、全身の機能や神経系が正常に機能するように、コントロールします。ところが強いストレスを受けると機能不全に陥り、ホルモンバランスが崩れて自律神経を失調したり、免疫力が低下して、心身の不調が現れます。過度の喫煙・飲酒、運動不足等の要因もストレスを招きやすいとされています。

 
 

交感神経が優位して心拍数・血圧・血糖値が上昇する

ストレスが続くと自律神経が乱れて交感神経が活発になります。交感神経が優位に立つとアドレナリンとノルアドレナリンが分泌されて、早鐘を打つように心拍数が早くなり、血圧や血糖値も上昇します。同時に血管が収縮して、血液が心臓・脳等に多く集まります。さらに血小板の働きも活発になるので、血液がドロドロになって流れにくくなり、心筋梗塞・狭心症の原因になると考えられています。

 

 

 

ストレスとは?

 

ストレスを受けると、身体に様々な症状が現れます。不安や緊張感が高まって、イライラしたり、怒りっぽくなったり、気分が落ち込んでやる気を失ったり、感情の起伏が激しくなります。また身体の症状には、肩こりや頭痛、腹痛、腰痛、睡眠障害、食欲不振、だるさ、下痢、便秘、めまい、血圧や血糖値の上昇等の症状が現れます。またストレス物質の増加により、免疫力が低下することもあり、ストレスが原因で様々な身体症状が現れます。

 
 

ストレスの種類

ストレスを大きく分けると、「内面的ストレス」「外面的ストレス」の2種類があります。内面的ストレスには、不安や焦り等の感情を伴う「心理的ストレス」と疲労、病気、けがなど身体に影響を与えている「身体的・生理的ストレス」があります。外面的ストレスには、住まいや騒音、温度等、自分がいる環境から受ける「物理的ストレス」とアルコールやたばこ等、口にするもので受ける「化学的ストレス」があります。

 
 

注意したいストレスのタイプ

ストレスと聞いてすぐ浮かぶのは、家庭や会社等の人間関係。人間関係のストレスから、うつ病になる人も少なくありません。ストレスと病気は深い関係があることは知られていて、病人の中には看護師さんを見ただけで血圧があがってしまう人がいます。また夫婦喧嘩がエスカレートして、急激な感情の変化がストレスとなって、たこつぼ心筋症の発作を起こした人もいます。これらは全て人間関係がストレスとなっています。

 

 

 

ストレスが危険な理由

 

1Danger

命にかかわる合併症を発症。65歳以上の要介護原因にも

ストレスは、生活習慣病の引き金となります。中でも高血圧・糖尿病・脂質異常症(高脂血症)・メタボ(肥満)は、死の四重奏と呼ばれる生活習慣病で、そのままにしておくと、動脈硬化に拍車がかかり、心筋梗塞・狭心症、脳卒中等の合併症を発症する可能性が高くなります。これらの合併症は命にかかわったり、半身まひや認知症等につながることも多く、65歳以上の人が寝たきりになって「要介護」になる要因の一つともいわれています。

 
 

2Danger

極度のストレス体験は心臓病治療の予後に大きく影響する

スウェーデンが心臓病患者を研究したところ、不倫やDV、パワハラ等、夫婦間での強いストレスを受けた経験があると、治療を受けても予後が思わしくないことがわかりました。またストレスにより免疫システムが正常に機能しなくなると、身体機能の低下や骨粗しょう症、癌等になり、老化が促進するそう。重度の病人を介護する女性を対象にした研究では「実年齢よりも身体機能が10歳老いている」という報告もあります。

 

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?