心筋梗塞・狭心症を予防するためのサイトHOME » 心筋梗塞・狭心症のリスクを高める要因を知る » 加熱式たばこiQOSも紙巻きたばこと同様に血管病を引き起こす

加熱式たばこiQOSが血管に悪影響を与える!?

UCSF(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)の研究グループは、「加熱式たばこ」として多くの人に愛用されている「iQOS」が、人の血管に悪影響を与えて、血管病の原因になり得ると発表しました。

iQOSが血管病の原因に?

2017年11月に、アメリカのアナハイムで開催された「米国心臓協会年次集会」において発表された内容によると、iQOSの“蒸気”にさらされたラットの血管内皮機能は、一般に普及している紙たばこの煙にさらされたラットの血管内皮機能と同様に、低下が見られました。

iQOSのウソとホント

そもそも「加熱式たばこ」は、たばこの葉を燃やして煙を吸い込むのでなく、それを加熱することで発生する蒸気のみを吸引します。その為、紙たばこよりも安全性が高いと考えられており、特に大手たばこメーカーのフィリップモリス社が世界中で販売している「iQOS」は、アメリカでも食品医薬品局(FDA)に承認申請が行われました。
フィリップモリス社によると、「紙たばこ」は摂氏600度でたばこの葉を燃やすのに対し、摂氏350度で熱するだけの「iQOS(加熱式たばこ)」では、ニコチンを含有した蒸気こそ発生するものの、煙が発生しない為、肺などへの悪影響も比較的少ないとされています。
しかし、UCSFの研究グループは、実験対象であるラットに対して、

  • 1.iQOSを加熱した蒸気
  • 2.紙たばこの煙
  • 3.清浄な空気

のいずれかを同条件・同回数で吹きかけた上で、血流依存性血管拡張反応(FMD)を調べる検査を行い、血管内皮機能を測定しました。 すると、その結果、血管内皮機能は「対照1」のiQOS群において58%低下したことに対し、「対照2」の紙たばこ群では57%の低下が認められました。また、さらに条件を変更して同実験を行った場合でも、やはりiQOS群では60%、紙たばこ群では62%の機能低下が見られ、結論としてiQOSと紙たばこの両者は共に血管内皮機能の低下をもたらすと判明したのです。
グループリーダーであるMatthew Springer氏は、血管内皮機能の低下によって動脈硬化が引き起こされ、さらには心筋梗塞や脳卒中のリスクも高くなると語っています。そしてその上で、Springer氏らによって、ラットの循環器系に対する反応は、人間の場合と酷似しており、当然ながら人間においても同様の結果が当てはまるであろうということも示唆されました。

参照元:New ‘Heat-Not-Burn’ Cigarettes Harm Blood Vessels: Study
http://www.qlifepro.com/news/20171128/heated-tobacco-adversely-affects-blood-vessels.html

喫煙と心疾患の関係をもっと見る

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?