脂質異常症(高脂血症)

善玉コレステロールの減少で心筋梗塞や狭心症を招く
脂質異常症(高脂血症)は動脈硬化を引き起こして、狭心症や心筋梗塞等、心臓病を誘発する病気です。血液中の中性脂肪が高くなったり、HDLコレステロールが減少すると、動脈硬化が少しずつ進んで血管内に老廃物が溜まります。冠動脈の血管が狭くなると、血液が流れにくくなって狭心症に。完全に塞がると心筋が壊死して心筋梗塞を発症します。

 

そもそも脂質異常症(高脂血症)とは?

 

コレステロールの運搬システムにより脂質のバランスを保つ

脂質異常症とは、血液中の脂質の濃度が異常になる病気です。血液中のコレステロールは、細胞膜の構成成分であるほか、ホルモンや胆汁を作る、重要な役割を担っています。中性脂肪(トリグリセライド)は、糖やたんぱく質以上に重要なエネルギー源です。脂質の中には、体内で生成されるものがあり、リポ蛋白の一種LDLによって全身に運ばれますが、消化されずに残るとリポ蛋白の一種HDLによって肝臓に戻り、一定の数値を保ちます。

 
 

コレステロール過多で脂質の運搬&リサイクルシステムを狂わせる

コレステロール過多の食事や肥満、運動不足になると、コレステロールの運搬が正常に働かなくなります。またコレステロールの消化や肝臓へのリサイクルシステムも作動しなくなり、血液中の脂質濃度を一定に保てない状態に。バランスを崩して高LDLコレステロール血症や高トリグリセリド(中性脂肪)血症、低HDLコレステロール血症になり、動脈硬化を促進します。この3つの総称が、脂質異常症(高脂血症)です。

 

 

 

脂質異常症(高脂血症)とは?

 

脂質異常症は自覚症状がないので、健康診断などでわかる人が多いようです。LDLコレステロール(悪玉)が140mmHg・トリグリセライド(中性脂肪)150mmHg以上、HDLコレステロール(善玉)40mmHg未満になると、脂質異常症と診断されます。稀ですが、家族性高コレステロール血症で、肘や膝等にコレステロールの塊ができる「黄色種」がみられたり、黒目の周辺に、白い膜のようなものができることもあります。

 
 

高脂血症の種類

コレステロールには善玉(HDL)と悪玉(LDL)があります。LDLが増えすぎる状態を「高LDLコレステロール血症」、HDLが少ない状態を「低HDLコレステロール血症」といいます。食べ物から脂肪や糖質を肝臓で合成されると、中性脂肪になり、これが増えすぎた状態が「高トリグリセリド血症」です。HDLには動脈硬化を抑制する働きがあり、減少すると余剰なコレステロールを肝臓に運べなくなり、動脈硬化を促進します。

 
 

注意したい高脂血症のタイプ

脂質異常症の中でも高LDLコレステロール血症は注意が必要です。LDLコレステロールは肝臓で作ったコレステロールを、全身に運搬する働きがありますが、増加すると、コレステロールが酸化して血管壁に溜まり、動脈硬化を引き起こすといわれています。高トリグリセリド血症になると、HDLコレステロール(善玉)が減少して、動脈硬化が促進します。血栓ができやすくなり、LDLの変性にも影響を与えると考えられています。

 

 

 

高脂血症が危険な理由

 

1Danger

LDLが増加すると心筋梗塞や狭心症を引き起こす

脂質異常症(高脂血症)は自覚症状がないため、「沈黙の病気(サイレントキラー)」とも呼ばれています。この病気の怖いところは、動脈硬化を引き起こすことです。特に増えすぎたLDLコレステロールが血管内に入って血管壁に溜まると、酸化して「酸化LDL」に変わります。これが白血球の一種「マクロファージ」に取り込まれると、血管壁にコブを作って血液の流れが悪くなります。動脈硬化が冠動脈で起きると狭心症に。また冠動脈に血栓ができると心筋梗塞の発作を起こします。

 
 

2Danger

中性脂肪の増加で脂肪肝や急性すい炎を発症する

中性脂肪が増えて、高トリグリセリド血症になると、高尿酸血症(痛風)や脂肪肝や、急性すい炎を併発することがあります。すい臓は、消化酵素を分泌して、脂質を分解する働きがありますが、高トリグリセリド血症になると、消化酵素を大量に分泌し、その酵素ですい臓自体を消化するため、急性すい炎を引き起こすのです。症状としては、嘔吐や発熱を伴うみぞおちや脇腹の激しい痛みがあり、重度になると、他の臓器にもダメージを与える恐れがあります。最悪は死に至ることもあるので要注意です。

 

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?