高血圧の基準値が変更

アメリカ心臓病学会(ACC)とアメリカ心臓協会(AHA)は、2017年11月13日、高血圧の診療における新たなガイドラインを公表しました。

アメリカ心臓病学会が
高血圧の新たなガイドラインを発表

13日、高血圧の診療における新たなガイドラインを公表しました。 従来の高血圧として診断される基準値は、俗に言う“上”が「140mmHG」、“下”が「90mmHg」とされていましたが、このガイドラインの改定により新しい基準値として、“上”が「130mmHg」、“下”が「80mmHg」が採用されました。そしてこの結果により、アメリカの成人のおよそ半数が、高血圧として診断されることになったのです。

高血圧のステージが細分化

さて、前述した“上・下”とは、正確にはそれぞれ「心臓が収縮した時の血圧(収縮期血圧:SBP)」と「心臓が広がった時の血圧(拡張期血圧:DBP)」と呼ばれますが、新ガイドラインを見ると、これらの数値がさらに細分化されていると分かります。

まず、収縮期血圧(SBP)が130~139mmHg、もしくは拡張期血圧(DBP)が80~89mmHgである人が「ステージ1」です。そして、血圧値がこれらより高くなる人を「ステージ2」の高血圧と定めています。さらに、SBP120~129mmHGでDBP80mmHg未満の人の場合でも「血圧上昇」と分類し、ライフスタイルの改善や数ヶ月おきの検査などを行うべきと定めました。

これらの結果、紛れもなく正常と言える血圧値は、「SBP:120mmHg未満」で「DBP:80mmHg未満」に限られるという基準が採用されたのです。 また、血圧の数値に関わらず、全ての人において食生活や運動習慣などを含めたライフスタイルの改善が重要であると申し添えられており、高血圧の解消には日常的に生活習慣を是正することが肝要であるとされています。

新ガイドラインが制定された背景は、ガイドラインの作成委員である「OHSU(オレゴン健康科学大学)」のJoaquin Cigarroa氏が説明しています。同氏によると、血圧値が従来では「高血圧前症」とされていた「130~139mmHg/80~80mmHg」の範囲内であっても、新ガイドラインが定める正常範囲と比べれば、心筋梗塞や脳卒中、腎不全などの危険性が2倍にまで高まっているという最新データがあるそうです。

今回のガイドライン変更によって、より一層に“健康的なライフスタイル”の実現が普及していくことが期待されています。

参照元:Definition of High Blood Pressure Drops
https://consumer.healthday.com/cardiovascular-health-information-20/high-blood-pressure-health-news-358/definition-of-high-blood-pressure-drops-728479.html

高血圧と心筋梗塞の関係を見る

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?