心室瘤

心筋梗塞で壊死した心筋が変化して瘤を作る

心室瘤は心筋梗塞の合併症の一つで、心室壁が薄くなり、心内腔の圧力で押されて瘤状(地のコブ)になり、それが外側に飛び出した状態をいいます。心筋梗塞により壊死した心筋が変化して、心室瘤が発症すると考えられています。心筋梗塞してから1か月~1年後の検査で発見されることが多く、不整脈や狭心症の原因になります。

 

心室瘤とは

発症例はごくわずかでも
発症すると非常に危険な状態に

心室瘤は、先天的・後天的に、心室壁に出来た瘤(コブ)が膨らんだ状態のことをいいます。後天的な場合は、心筋梗塞の合併症として発症することが多く、壊死した心筋に圧力がかかって飛び出します。飛び出した部分は、心室壁が薄くなっているので、破裂しやすい状態となり、血栓もたまりやすくなります。ごくまれな疾患で、世界でも100例程度の報告しかありません。飛び出した瘤が大きくなると、不整脈や狭心症、心不全につながるので、早めの治療が必要です。

真正心室瘤と仮性心室瘤より
深刻なのは「仮性心室瘤」

心室瘤には「真正心室瘤」と「仮性心室瘤」があります。真正心室瘤は、左心室の壁にコブ(瘤)ができた状態で、主に左心室前壁と心尖部に起きることが多く、急性心筋梗塞患者の5~10%に見られます。「仮性心室瘤」は、心室の壁が破裂して血栓ができ、その周囲の組織が心臓の周りを取り囲んでいる袋(心嚢=しんのう)と癒着して、瘤ができた状態。左心室の後壁にできることが多く、破裂する危険が非常に高いので、緊急手術が必要です。

 

イラスト心室瘤の症状

全身に血液が流れにくくなり
心不全と同じ症状が現れる

心室瘤が起きると、狭心症や心不全と同じ症状が現れます。特によく見られるのが、息切れや動機、呼吸困難です。瘤ができることにより、心臓はポンプとしての役割が果たせなくなります。収縮しても血流が悪いので、心筋が酸素不足に陥って、心不全と同じ状態に。全身が疲れやすくなったり、動悸、息切れなどの症状が現れ、ひどくなると呼吸困難に陥ることもあります。人によっては自覚症状がない場合もあるようです。

胸が圧迫されるような痛みは
狭心症の症状と似ている

心室瘤を発症すると、心筋に十分な血液供給ができなくなり、狭心症と同じような症状が現れることがあります。押さえつけられたような圧迫感や焼けるような灼熱感、締め付けられるような絞扼感などの胸の痛みを訴えます。また心臓を覆っている袋状の心嚢に、大量の血液が流れ込むと心タンポナーデに。血圧が低下したり、心音が弱くなったり、脈が非常に速くなったりして、大変危険な状態に陥ります。

 

イラスト心室瘤の検査

1

診断の決め手となる
心エコー検査で瘤を検査

胸の痛みや呼吸困難などの症状がある場合は、所見検査(スクリーニング検査)を行います。検査項目には、胸部エックス線検査、心電図検査、心エコー(超音波)検査、MRI検査、CT検査があります。飛び出した瘤の発見のきっかけとなる胸部レントゲン検査で、所見の決め手となる検査が心エコーです。心室の瘤の大きさや血栓などが認められた場合、心室瘤と特定して精密検査を実施します。

2

心臓カテーテル検査で
手術の適応有無を調べる

精密検査では、心臓カテーテル造影検査を行います。カテーテルを挿入して、そこから造影剤を注入して、左室や冠動脈をエックス線に撮影して調べます。左室造影検査では、左室や左室壁の形や動きや血栓の状態がわかります。冠動脈造影では、冠動脈にある他の病変の有無を確認。これらの検査は、手術の適応や、切除範囲、冠動脈バイパス術の適応の有無などを検討する上で重要です。

 

イラスト心室瘤の治療

1

心機能が低下した場合は
手術で瘤を切除する

心室瘤の治療は、症状のレベルによって変わりますが、比較的軽度の場合は、薬物療法だけで対応可能です。薬物療法では、心不全と同じ治療を行い、重度で心機能が低下している場合は心室瘤切除手術を行います。飛び出している瘤の部分を切除し、心臓の内側に修復用のパッチをあてて、切り取った部分を塞ぎます。瘤を切除することで、心室の機能が良好に。発症前の状態に戻るわけではありませんが、息切れや呼吸困難などの心不全の症状が改善します。

2

左室形成術で心臓を
再建して負担を軽減する

心室瘤の治療には、心室瘤切除手術のほかに、左室形成術があります。これは、心筋梗塞によって壊死した心筋を切除して、心臓を小さく再建するものです。左室の容積を縮小することで、心臓への負担がなくなり、血液の流れを回復させます。この手術には、バチスタ手術・ドール手術・オーバーラッピング手術など、いくつかの術式がありますが、執刀医や医療チームの経験と技術力が問われるため、危険度が高く、限られた医療機関のみでしか対応できません。

 

イラスト心室瘤の予防法

1

心筋梗塞の予防が
心室瘤の最善の予防法

心室瘤は、心筋梗塞の合併症として発症するので、それ単独での予防は非常に難しいといえます。むしろ、原因となる心筋梗塞にならないことが、一番の予防です。心筋梗塞は生活習慣病になるので、食生活や生活習慣を見直すことで、予防が可能に。また、急性心筋梗塞を発症後、1か月~1年で発症することが多いので、定期健診をきちんと受けて経過観察をし、医師の指導のもとで治療を継続していくことが大切です。

2

生活習慣の見直しと
適度な運動で予防する

心室瘤は、心筋梗塞を予防することで、防げます。バランスの悪い食事や不規則な生活、運動不足や過度なストレス、過労や睡眠不足が続くと心臓に負担がかかります。高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満にもなりやすく、動脈硬化を促進してしまうことに。ウォーキングや軽いジョギング等の有酸素運動を行うと、酸素を取り込んで余剰エネルギーを燃焼し、動脈硬化を防ぐ効果があります。適度な運動を続けて、心室瘤を防ぎましょう。

 

イラスト心室瘤検査が可能な医療機関

首都圏 - 国立病院機構まつもと医療センター

独立行政法人 国立病院機構まつもと医療センター
*画像引用元:国立病院機構まつもと
医療センター公式HP
(http://mmccenta.jp/)

  • ■病院名
    独立行政法人 国立病院機構まつもと医療センター
  • ■所在地
    〒399-8701 長野県松本市村井町南2-20-30
  • ■時間:月曜~金曜:08:30~11:30
  • ■定休日:土曜・日曜
  • ■電話番号:0263-58-4567
  • ■サイトURL
    http://mmccenta.jp/

「国立病院機構まつもと医療センター 循環器内科」の医療情報

■特徴

2つの病棟エリアと外来エリアに分かれており、数多くの診療科が集結してさまざまな病気に対応している大型の医療機関。JR村井駅より徒歩10分の距離にあり、比較的に通院しやすい立地にあります。

■診療概要

心臓弁膜症・心筋や心膜の疾患・虚血性心疾患・不整脈・高血圧性心疾患などの心臓疾患。及び大動脈瘤・大動脈解離・閉塞性動脈硬化症・深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症などの血管疾患。

■実績

2017年の心臓カテーテル室使用総数は約120例、循環器核医学検査総数は約250例、下肢超音波検査総数300~350例、心臓超音波検査に至っては1800例超の数を実施しています。

大阪府 - 国立病院機構大阪南医療センター

独立行政法人 国立病院機構大阪南医療センター
*画像引用元:国立病院機構大阪南医療センター公式HP
(https://www.hosp.go.jp/~ommedc/index.html)

  • ■病院名
    独立行政法人 国立病院機構大阪南医療センター
  • ■所在地
    〒586-8521 大阪府河内長野市木戸東町2-1
  • ■時間:月曜~金曜:08:30~11:00
  • ■定休日:土曜・日曜
  • ■電話番号:0721-53-5761
  • ■サイトURL
    https://www.hosp.go.jp/~ommedc/index.html

「国立病院機構大阪南医療センター 循環器科」の医療情報

■特徴

急性期循環器病にとって大阪南部では中核をなす医療施設。立地している河内長野市だけでなく、近隣の富田林市・羽曳野市・大阪狭山市、さらには堺市や橋本市の病院からも数多くの患者紹介を受け付けています。医療体制は24時間対応。

■診療概要

扱っている疾患は、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患・閉塞性動脈硬化症などの・末梢血管疾患・心臓弁膜症や心筋症や心筋炎などの心不全・不整脈など。

■実績

2017年の主な診療実績は、心臓カテーテル検査と治療が827例、心エコー図検査3308例、ホルター心電図437例、運動負荷心電図431例など。

福岡県 - 国立病院機構姫路医療センター

国立病院機構姫路医療センター
*画像引用元:国立病院機構姫路医療センター公式HP
(http://www.hosp.go.jp/~hmj/index.html)

  • ■病院名
    国立病院機構姫路医療センター
  • ■所在地
    〒670-8520 兵庫県姫路市本町68
  • ■時間:要問い合わせ
  • ■定休日:要問い合わせ
  • ■電話番号:079-225-3211
  • ■サイトURLhttp://www.hosp.go.jp/~hmj/index.html

「国立病院機構姫路医療センター 循環器内科」の医療情報

■特徴

冠動脈の検査や治療では、手首からカテーテルを挿入する処置が採用されています。これは鼠径部からからカテーテルを通すと術後にベッドで安静にする必要があることため。なるべく入院期間が短くなるような配慮がされています。

■診療概要

高血圧・狭心症・心筋梗塞・不整脈・心不全・心臓弁膜症・高脂血症・末梢血管障害などの診療を行っています。急性心筋梗塞・急性心不全の治療にも対応。

■実績

2016年度の主要手術患者数は、不安定狭心症に対する経皮的冠動脈ステント留置術が10例、その他に対する経皮的冠動脈ステント留置術が43例、ペースメーカー移植術が13例。

愛知県 - 名古屋徳洲会総合病院

医療法人徳洲会 名古屋徳洲会総合病院
*画像引用元:名古屋徳洲会総合病院公式HP
(http://www.nagoya.tokushukai.or.jp/)

  • ■病院名
    医療法人徳洲会 名古屋徳洲会総合病院
  • ■所在地
    〒487-0016 愛知県春日井市高蔵寺町北2-52
  • ■時間:月曜~日曜:24時間
  • ■定休日:要問い合わせ
  • ■電話番号:0568-51-8711
  • ■サイトURLhttp://www.nagoya.tokushukai.or.jp/

「名古屋徳洲会総合病院 心臓血管外科」の医療情報

■特徴

医療法人徳洲会名古屋徳洲会総合病院は愛知県春日井市に立地。数多くの診療科を抱えた大型の病院で、その中でも心臓や血管の治療と手術は中心的な科目となっています。365日24時間対応の救急医療施設でもあります。

■診療概要

一般的に心臓血管外科が治療の対象としている疾患は、弁膜疾患・冠動脈疾患・不整脈・心膜疾患・心臓腫瘍・先天性心疾患・重症心不全・大動脈疾患・末梢血管疾患など。

■実績

1988年の開設以来、2017年までの実績は、冠動脈バイパス術1549例、弁膜症手術1088例、胸部大動脈瘤986例、腹部大動脈瘤712例、末梢血管手術736例、心筋梗塞合併症71例、心臓内腫瘤39例など。

北海道 - 北海道せき損センター

北海道せき損センター
*画像引用元:北海道せき損センター公式HP
(http://www.hokkaidoh-s.johas.go.jp/index.html)

  • ■病院名
    北海道せき損センター
  • ■所在地
    〒072-0015 北海道美唄市東4条南1-3-1
  • ■時間:要問い合わせ
  • ■定休日:要問い合わせ
  • ■電話番号:0138-52-1231
  • ■サイトURL
    http://www.hokkaidoh-s.johas.go.jp/index.html

「北海道せき損センター 循環器内科」の医療情報

■特徴

JR美唄駅から徒歩約7分の距離。周囲には緑地や公園があり、自然豊かで癒される環境。現在、循環器科では医師1名で対応にあたっているため、入院患者の受けつけは休止中です。

■診療概要

診療は現在、外来のみ。扱っている循環器疾患は、高血圧症・脂質異常症・心房細動や心室性期外収縮などの不整脈疾患・狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患。

■実績

過去15年間で入院患者数は2500名。その約50%が虚血性心疾患の検査と治療のためのもので、約15%は心不全の患者。

沖縄県 - 沖縄県立中部病院

沖縄県立中部病院
*画像引用元:沖縄県立中部病院公式HP
(https://chubuweb.hosp.pref.okinawa.jp/)

  • ■病院名
    沖縄県立中部病院
  • ■所在地
    〒904-2293 沖縄県うるま市宮里281
  • ■時間:要問い合わせ
  • ■定休日:要問い合わせ
  • ■電話番号:098-973-4111
  • ■サイトURL
    https://chubuweb.hosp.pref.okinawa.jp/

沖縄県立中部病院 心臓血管外科」の医療情報

■特徴

あらゆる緊急疾患に対して幅広く治療を行っており、24時間365日対応が可能。近年の傾向に伴い、体に負担の少ない治療や手術にも力を注いでいて、大動脈瘤に対するステント治療、極力傷口を小さくして行う小開胸手術なども採用しています。

■診療概要

診療内容は、虚血性心疾患・弁膜症・急性大動脈解離・腹部大動脈瘤など。

■実績

1972年から2015年までの心臓胸部大血管手術の症例数は延べ3832例。心臓大血管手術は2015年だけで140弱の症例数を扱っています。ほか、これまでの実績は、冠動脈バイパス手術は合計912例、弁膜症1087例、胸部大動脈瘤手術は合計376例、腹部大動脈瘤手術は190例。

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?